ニューソウルを代表するレジェンド、
ビル・ウィザースの傑作ライヴ盤
『ライヴ・アット・
カーネギー・ホール』

『Live At Carnegie Hall』(‘73)/Bill Withers

『Live At Carnegie Hall』(‘73)/Bill Withers

今回はブラックミュージックから選んでみた。普段はフォーク、ロック、カントリー、ブルーグラス…等を守備範囲としている自分にとって、これまた専門外の音楽を紹介しようとしているわけで、頓珍漢なことを書いていると思われたら誠に申し訳ない。だけど、門外漢な私でも、これは素晴らしいと思うアーティストが何人もいる。ダニー・ハザウェイ、ニーナ・シモン、カーティス・メイフィールド、クラレンス・カーター、スライ・ストーン、マーヴィン・ゲイ…。いずれもR&B、ソウルといったカテゴリーで語られる人たちだと思うが、私の場合はあくまでブラックミュージック界における、彼らのシンガーソングライターとしての部分に惹かれていたりする(もちろんパフォーマーとしての魅力も)。そうした視点からピックアップしてみたのがビル・ウィザースであり、彼の傑作ライヴアルバム『ライヴ・アット・カーネギーホール(原題:Live at Carnegie Hall)』(’73)を選んでみた。ちょうど、これを書いている7月4日(アメリカ独立記念日)がウィザースの、存命なら84回目の誕生日だった。

ビル・ウィザース(Bill Withers)は1938年にウェストバージニア州スラブフォーク(Slab Fork)というところで生まれている。グーグル・マップで調べてみたのだが、そこはアパラチア山脈が貫くエリアにあって、ほんのわずかな集落があるくらいで近辺には何も商業施設らしきところも見当たらない村である。今もそうだが、ウェストバージニアはアフリカ系アメリカ人の居住人口はさほど多くない。2010年の調査でも白人93%に対し、黒人は3.4%、プア・ホワイトと呼ばれる保守的な白人が多く暮らす地域で、彼と家族はあまり裕福とは言えない生活を送ったに違いない。12歳で父を亡くし、高校卒業と同時に彼は海軍に入隊し、9年間を過ごす。除隊後ロサンゼルスに住み、様々な職を転々とし、牛乳配達や飛行機の部品工場で生計を立てていた。

60年代から音楽活動を始めたとされるが、後に彼が評価されるようになるソングライティングや詩を誰かに習ったとか、正式な音楽教育を受けたという情報は得ていない。彼のポートレイトでもよく目にするように、アコギを爪弾きながら独自に曲を作っていたのだろうか。そんな彼がどうやって、ブッカー・T・ジョーンズと知り合い、彼率いるMG’sの連中、そして不在だったスティーブ・クロッパーの代わりにスティーブン・スティルス、さらにジム・ケルトナー(Dr)らを呼んで1stアルバムの制作にこぎつけたのか。ほとんど奇跡的な話だと思うが、兎にも角にもウィザースのデモテープを聴いたブッカー・T・ジョーンズはその才能に驚愕し、レコーディングセッションをコーディネートしたというわけだ。そのデビュー作『Just As I Am』(’71)はいきなりR&Bチャート9位、ポップ・チャートでもTOP40入りのヒットを記録し、シングルカットされた「Ain’t No Sunshine」もウィザースのキャリアを代表する一曲になる。翌年に発表した『Still Bill』(’72)はウィザースの評価をさらに高めるものとなり、R&Bチャートでは1位、ポップチャートでも4位を記録する。また、アルバムの1stシングル「Lean On Me」はアメリカ音楽史上長く愛唱されるアンセムソングになる。こうした人気絶頂のタイミングで企画されたのが『ライヴ・アット・カーネギー・ホール』(’73)だった。前2作からの彼の代表曲が散りばめられ、時の大ヒット「Ain’t No Sunshine」「Lean On Me」「Grandmas’s Hands」等を軸に据えたアルバムはベスト盤的な聴き方もできるので、これからウィザースのアルバムを、とお考えの方にもおすすめできるだろう。なお、チャートアクションでは先の『Just As I Am』や『Still Bill』ほど振るわなかったものの、後にローリング・ストーン誌が選ぶライヴアルバム50に選ばれている点は注目に値する。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着