春のスタートダッシュをアシストして
くれる5曲

桜の季節が来て、温かくなってきて、春を感じられる4月。ポカポカ陽気の中、花見に散歩と楽しい時期ですが、新たなステージを迎え、日々奮闘している人も多いのではないでしょうか? 今回はそんな方々に捧ぐ「春のスタートダッシュをアシストしてくれる5曲」というテーマでお送りします。学校や職場に向かう際のBGMにぜひ!

1.「アロエ」('15)/サザンオールス
ターズ

10年振りとなるオリジナルアルバム『葡萄』が話題のサザン! 「アロエ」はそのオープニング曲で、木魚の4つ打ちでギターとストリングスが踊り狂う大げさなイントロからもう最高です。そして、《だから勝負、勝負、勝負出ろ!!》のリズミカルなフレーズが頭に残るポジティブなサビ。中毒性があって、聴くたびにテンション上がります。ほろりとくる歌詞やメロディーも含まれているので、スタートをミスっちゃった人の背中も押してくれるはず!

2.「ジャンプ!」('14)/いきものが
かり

バラードを得意とするイメージの強いいきものがかりですが、この「ジャンプ!」みたいな軽快でやんちゃモードのアッパーソングもおすすめ!  夢を掴むために羽ばたいてほしいという思いが込められた曲は、前を向くことの大切さを伝えてくれるでしょう。子供でも口ずさめるような分かりやすいサビ、ホーンや鍵盤などの爽快なアレンジも春っぽさ全開で、自然と活力が湧いてくる感じ。最新アルバム『FUN! FUN! FANFARE!』に収録されています。

3.「Comic Sonic」('11)/the pillo
ws

シングルリリース後、2012年発表のアルバム『トライアル』に収録されたナンバー。TVアニメ『SKET DANCE』のエンディング曲として書き下ろしたことで、青春がテーマになっているけれど、《飛び込み台の上に立ち コワいくせに飛んでみたい》といった歌詞は、新たな扉を開ける春のシチュエーションにもぴったりなんじゃないかと思います。脱力系の悪ふざけ感があるリフとAメロ、そこから眩しく弾ける展開がなんともピロウズらしいですね。

4.「fighting-φ-girls」('15)/miw
a

TBS系ドラマ『まっしろ』の主題歌として書き下ろされ、働く女性をイメージした楽曲。ほろ苦い現実の中、仕事にも恋愛にも挫けそうになるけど、それでもやっぱり輝きたいという強さが歌われていて、聴くと激励を受けたような気分に。鮮やかなホーンやストリングス、ゴスペル調のコーラスを配したスタイルは新味で、miwaの快活な変身ぶりにもパワーがもらえますね。ニューアルバム『ONENESS』に収録。読みは“ファイティングファイガールズ”です。

5.「疾走れ!ミライ」('14)/GLAY

TERU(Vo)が作詞・作曲を手がけた、GLAYらしい疾走感あふれる爽快なロックナンバー。テーマはやはり青春で、おそらく“若者に夢を見てほしい”という気持ちが原動力にあると思うんですが、《何度でも羽ばたく》《勝ち負けの世の中で 今日も戦ってる》などは大人にも響くメッセージじゃないかと。個人的には、左チャネルから聴こえてくるHISASHI(Gu)のフレーズがいちいちツボ。この曲でキラキラなスタートダッシュ、決めちゃってください!

著者:田山雄士

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着