ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲

ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲

今年のSONICMANIAで絶対聴きたい!
深夜にシビれる洋楽5曲

日本列島はいよいよ本格的な梅雨シーズンに突入しましたね。これから夏に向けて様々なイベントやフェスが全国で開催されますが、今回ピックアップするのは雨が降っても心配なしの屋内フェス『ソニックマニア』。1日開催の深夜フェスにもかかわらず、本家サマーソニックを凌ぐ最強ラインナップとの声も多い今年、今回は8月17日(金)に幕張メッセで開催される「今年のSONICMANIAで絶対聴きたい!深夜にシビれる洋楽5曲」をご紹介します。
「God Break Down the Door」収録アルバム『Bad Witch』/NINE INCH NAILS
「loveless」収録アルバム『Loveless』/MY BLOODY VALENTINE
配信楽曲「Spotlight」/MARSHMELLO
「Drunk」収録アルバム『Drunk』/THUNDERCAT
「Never Catch Me feat. Kendrick Lamar」収録アルバム『You're Dead!』/FLYING LOTUS

「God Break Down the Door」(’18)

/NINE INCH NAILS

「God Break Down the Door」収録アルバム『Bad Witch』/NINE INCH NAILS

「God Break Down the Door」収録アルバム『Bad Witch』/NINE INCH NAILS

2009年のサマーソニックでは降りしきる豪雨を、そして雷をも操ったかのように見えたほどの神懸かりっぷりを見せ、圧倒的な存在感を示した鬼才、トレント・レズナー率いるナイン・インチ・ネイルズ。その半端なかったライブは今やサマソニとNINを語る上では欠かせない伝説だ。今回ご紹介するのは『Not The Actual Events』、『Add Violence』に続く三部作の最終作品である『Bad Witch』(国内盤リリースは6月22日予定)の4曲目に収録されている「God Break Down The Door」。こちらは5月より先行配信されている。2度のグラミー賞受賞、全世界で2000万枚以上のアルバムセールスを記録、そして数々の伝説的なステージを見せてきたNIN。今年はサマーソニック出演(大阪公演のみ)も決定している。

「loveless」(’91)
/MY BLOODY VALENTINE

「loveless」収録アルバム『Loveless』/MY BLOODY VALENTINE

「loveless」収録アルバム『Loveless』/MY BLOODY VALENTINE

シューゲイザーの代表格、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは1984年にアイルランド・ダブリンで結成された4人組。オアシス、プライマル・スクリームといった名だたるUKバンドが在籍したことのあるイギリスのインディレーベル、クリエイション・レコーズからリリースしたEP「You Made Me Realise」(1988年)でブレイクするも1997年に解散。その後、メンバーはそれぞれソロ活動等を続けていたが、2007年に突如再結成を発表してファンを大いに驚かせてくれたマイブラ。彼らの2ndアルバム『Loveless』(1991年)は、バンドにとって初となる全英アルバムチャートインを達成し、90年代のベストアルバムと称されるほどの名盤だ。今回はその『Loveless』よりタイトルチューンをご紹介する。

「Spotlight」(’18)/MARSHMELLO

配信楽曲「Spotlight」/MARSHMELLO

配信楽曲「Spotlight」/MARSHMELLO

マシュマロの被り物がトレードマークの覆面プロデューサー/DJのマシュメロ。米フィラデルフィア出身出身の若き天才は、ハウス、トラップ、EDM、フューチャー・ベースなどの多様な要素を音楽に散りばめて埋め込むことを得意とし、Jack Üやゼッドらの人気曲のリミキサーとしても知られている他、カリード、セレーナ・ゴメスらとのコラボ曲も多数ある。今年1月に発表した「Spotlight」は、21歳の若さでこの世を去ったラッパーのリル・ピープがフィーチャーされた楽曲。日本で初開催となった2017年の『EDC JAPAN』のステージでは数万人規模のオーディエンスを魅了したが、『ソニックマニア』ではいったいどんな世界へトリップさせてくれるだろう?

「Drunk」(’17)/THUNDERCAT

「Drunk」収録アルバム『Drunk』/THUNDERCAT

「Drunk」収録アルバム『Drunk』/THUNDERCAT

2017年の音楽シーンにおける活躍を色濃く見せたサンダーキャットの最新作『Drunk』。制作には、ケンドリック・ラマー、ファレル・ウィリアムス、フライング・ロータスマイケル・マクドナルド、ケニー・ロギンス、ウィズ・カリファ、カマシ・ワシントンといった名だたるアーティストが参加した超豪華な話題作で、音楽シーンを象徴する傑作として高い評価を受けている。このところ盛り上がりを見せるブラックミュージック・シーンにおける立役者の一人へと成長したサンダーキャットは、フライング・ロータスが主宰し、テイラー・マクファーリンやティーブスらを輩出した人気レーベル、Brainfeeder所属。なお、チョップド&スクリュード版『DRANK』も併せて聴いて欲しい。

「Never Catch Me feat. Kendrick Lam
ar」(’14)/FLYING LOTUS

「Never Catch Me feat. Kendrick Lamar」収録アルバム『You're Dead!』/FLYING LOTUS

「Never Catch Me feat. Kendrick Lamar」収録アルバム『You're Dead!』/FLYING LOTUS

あらゆるサウンドを凌駕する鬼才、フライング・ロータス。音楽以外でも2017年にはロサンゼルスで起こった大地震の悪夢を描いた映画『KUSO』を自ら手がけ、短編アニメーション『ブレードランナー ブラックアウト 2022』の音楽も手がけるアーティスト。この曲はそれまでの作風からは一変し、リリース当時のシーンにおける最新のジャズスタイルを踏襲し、ハービー・ハンコック、スヌープ・ドッグ、サンダーキャットら豪華ゲストを迎えたアルバム『You're Dead!』のリードトラックで、ケンドリック・ラマーとの共演作品だ。ジャケット写真のアートワークは漫画家の駕籠真太郎によるもので、日本のゲームや漫画を愛するフライング・ロータスらしいチーム編成にも注目。

TEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ

早乙女‘dorami’ゆうこ プロフィール:栃木県佐野市出身。音楽を軸に、コンサート制作アシスタント通訳、音楽プロモーション、海外情報リサーチ、翻訳、TV番組進行台本や音楽情報ウェブサイト等でコラムや記事を執筆するなどの業務を担うパラレルワーカー。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着