BUMP OF CHICKEN

170855 views

BUMP OF CHICKENバンプ・オブ・チキン

96年、幼稚園からの幼なじみで結成された藤原基央(vo&g)、増川弘明(g)、直井由文(b)、升秀夫(dr)の4人から成るBUMP OF CHICKENは、数々のコンテストを荒しまくり、99年3月に<ハイラインレコーズ>からデビュー・アルバム『FLAME VEIN』を発表、活動を本格化する。続いて00年3月には2ndアルバム『THE LIVING DEAD』をリリースし、地道なライヴ活動の甲斐あって、着実に彼らの音楽が認知され始める。(現在は2作品とも廃盤となり、再発盤が発売されている)。

当時、メンバー全員が弱冠20歳とは思えないほどの円熟味、安定感を感じさせるプレイが圧巻であった。なかでも、フロントマンでありソング・ライティングを手掛ける藤原基央の存在が、このバンドを支えているといっても過言ではないだろう。詩人の「山田かまち」を彷彿させる文芸的な歌詞、感情をストレートにぶつけたメロディ——それは過剰に生々しく、いたってリアルな世界を築く。言葉の弾丸を音の銃に詰め込みブッ放す……まさしくそんな感触だ。因みにインディーズ〜メジャーでリリースされている作品全てに隠しトラックが収録されている。

00年9月、<TOY'S FACTORY>から1stシングル「ダイヤモンド」でメジャー・デビュー。翌01年3月にはメジャー2ndシングル「天体観測」が55万枚を超えるビッグ・セールスを記録し、日本のロック・シーンを背負って立つ存在となっていった。その後、02年2月には、本作を含むメジャー1stアルバム『jupiter』を発表、シングルとアルバムを通じて初のオリコン週間チャート初登場1位を獲得し、その地位を不動のものとした。また、同年夏には、BUMP OF CHICKENの楽曲の世界観・メッセージをもとに制作されたフジテレビ系ドラマ『天体観測』が放送され、インディーズ時代の作品を中心に数多くの楽曲画使用された。

03年3月に、彼らが以前からファンでもあった『ONE PIECE』の映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』主題歌に、メジャー6thシングル「sailing day」が起用され、若者のみならず、下は幼稚園生、上は子供を持つ親までの様々な年齢層のファンを引き込んだ。そして04年5月29日、彼らの地元でもある佐倉市民体育館にて完全招待制フリー・ライヴを行い、<スペースシャワーTV>で全国に生中継された。(余談だが、このライヴの際、会場のヴォルテージが最高潮に上がった瞬間、体育館の底が抜けるというアクシデントが起こり、ライヴが一時中断した。)04年8月には、藤原自身がジャケット写真を描いたメジャー2ndアルバム『ユグドラシル』をリリースし、本作もオリコン週間チャート堂々1位を獲得した。

06年3月には、藤原基央が書き下ろしたナムコの人気RPG『TALES OF THE ABYSS』用のサウンドトラック集『SONG FOR TALES OF THE ABYSS』をMOTOO FUJIWARA名義でリリース。その後、山崎貴監督との出会いからコラボレーションが結実するタイアップが実現。07年11月に公開された大ヒットを記録した映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』主題歌を担当。映画の台本と仮編集映像を見て書き下ろされたメジャー13thシングル「花の名」は、映画の素晴らしい内容とも相俟って、この年を代表する大ヒット・シングルとなり、同時発売されたメジャー13thシングル「メーデー」と共にオリコン週間チャート初登場1位、2位を独占するとう快挙を成し遂げた。

07年12月、前作から約3年4ヶ月ぶりとなるメジャー3rdアルバム『orbital period』をリリース。デビュー9年目にして今もなお、購買層を拡大し続け、また若者からの絶対的な信頼と指示を受け続ける。このバンドが発信し続けるメッセージは、これからも多くの人々に大きな感動を与えるであろう。それだけ彼らが創る音楽の影響力の大きさは計り知れない。まさに、“時代が必要とした奇跡のアーティスト”——それがBUMP OF CHICKENなのだ。

BUMP OF CHICKENのニュース

BUMP OF CHICKENのインタビュー

BUMP OF CHICKENのライヴレポート

BUMP OF CHICKENの連載コラム

曲・アルバム

  • RAY

    2014年03月12日リリース
    アルバム・14曲

    • 1 友達の唄
    • 2 虹を待つ人
    • 3 グッドラック
    • 4 ラストワン
    • 5 Smile
    • 6 ray
    • 7 サザンクロス
    • 8 firefly
    • 9 トーチ
    • 10 (Please) Forgive
    • 11 WILL
    • 12 morning glow
    • 13 white note
    • 14 ゼロ

    RAY

    3年振りとなる待望のオリジナルアルバムは、インストナンバー「WILL」から雄大な景色を広げ、続く「虹を待つ人」の冒頭で、奥行きの深さに飲み込まれる。臆病でありながら望みを抱き、迷い、そして寄り添い、《ひとりじゃなかった》と歌う慈愛に満ちたラスト「グッドラック」は、この歳月を表しているようだ。“RAY”(=光線)とは、決して攻撃的なものではなく、聴く者の道程を輝き示してくれることだろう。

  • Bump of Chicken I [1999-2004]

    2013年07月03日リリース
    アルバム・14曲

    • 1 天体観測
    • 2 Sailing Day
    • 3 車輪の唄
    • 4 スノースマイル
    • 5 ハルジオン
    • 6 オンリーロンリーグローリー
    • 7 ダイヤモンド
    • 8 アルエ
    • 9 K
    • 10 くだらない唄
    • 11 ランプ
    • 12 ロストマン
    • 13 ガラスのブルース
    • 14 Stage of the Ground

    Bump of Chicken I [1999-2004]

    バンド史上初となるベストアルバム。タイトルが示す通り本作には、1999年から2004年までにリリースされたメジャーデビュー曲「ダイヤモンド」や大ヒット曲「天体観測」などのシングルA面曲全曲、さらに「ガラスのブルース」や「ランプ」といったインディーズ時代の楽曲を収録。そして、「プラネタリウム」など、それ以降の楽曲を対象とした『BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]』も同時発売される。

  • Ribbon - Single

    2017年05月01日リリース
    アルバム・1曲

    • 1 リボン

    Ribbon - Single

  • Answer - Single

    2016年12月21日リリース
    アルバム・1曲

    • 1 アンサー

    Answer - Single

  • Aria - Single

    2016年08月17日リリース
    アルバム・1曲

    • 1 アリア

    Aria - Single

  • Butterflies

    2016年02月10日リリース
    アルバム・11曲

    • 1 Hello, World!
    • 2 You were here
    • 3 孤独の合唱
    • 4 大我慢大会
    • 5 Butterfly
    • 6 流星群
    • 7 GO
    • 8 コロニー
    • 9 宝石になった日
    • 10 パレード
    • 11 ファイター

    Butterflies

  • Butterfly - Single

    2016年01月27日リリース
    アルバム・1曲

    • 1 Butterfly

    Butterfly - Single

BUMP OF CHICKENの動画

BUMP OF CHICKENの画像