オンラインフェス『氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~』の“#最高かよ!”だった5曲

オンラインフェス『氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~』の“#最高かよ!”だった5曲

オンラインフェス
『氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~』
の“#最高かよ!”だった5曲

例年ならばこの時期、千葉・袖ケ浦海浜公園で開催される『氣志團万博』ですが、今年は新型コロナの影響で、初のオンライン開催。ジャンルの枠を超えたライヴ猛者たちが集う神々の宴に数万人のオーディエンスが熱狂する、あの万博の空気や雰囲気をオンラインでどこまで作り上げることができるのか? そんな心配を他所に出演者たちはどれも最高のライヴを観せてくれて、終わってみると「今年しか体験できないかもしれない貴重な経験だったな」と心から思える大満足の内容となった。と、ここではそんな中でも#最高かよ!だった、5曲をセレクト。「こんなの『氣志團万博』でしか観れない!」という曲を選びました。
配信シングル「香水」('19)/瑛人
シングル「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」('06)/DJ OZMA
「ワレワレハニンゲンダ」収録アルバム『二歳』('19)/渋谷すばる
シングル「浪漫飛行」('90)/米米CLUB
配信シングル「No Rain,No Rainbow」('20)/氣志團

「香水」('19)/瑛人

配信シングル「香水」('19)/瑛人

配信シングル「香水」('19)/瑛人

STAY HOMEな状況下にSNS発信で大きな話題と人気を集め、2020年を代表する曲となった「香水」を引っ提げて、『氣志團万博』スポットライトに登場した瑛人。実は親友である森山直太朗が所属する事務所に瑛人を紹介したのが綾小路 翔だったりと、浅からぬ関係がある氣志團と瑛人。満を持して「香水」を歌う瑛人のステージに綾小路と直太朗が乱入し、瑛人をイジり倒すなんて展開は万博ならでは! 配信ライヴで見る「香水」の温かい歌声はピュアで優しい瑛人の人柄がにじみ出るようで、みんなが暗い気持ちになってたあの時期にこの歌が求められた理由も分かった気がした。ちなみにこの日、EXITもゴールデンボンバーも「香水」をネタにしていたことからもこの曲の人気がうかがえた。

「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」('06)
/DJ OZMA

シングル「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」('06)/DJ OZMA

シングル「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」('06)/DJ OZMA

綾小路の知人であるDJ OZMAの大ヒット曲をカバーしたのは、『氣志團万博』初出演となる、現在をときめく大人気芸人・EXIT! 綾小路も「歌って踊れる芸人史上ナンバーワン」と絶賛するEXIT。ポンポンポ~ン!と軽やかに登場するとオリジナル曲はもちろん、漫才やカバー曲など、万博らしい“何でもあり”のブチアゲなステージを展開。ラストに歌った「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」では、DJ OZMAがまさかの降臨! EXIT feat. DJ OZMAという時代を超えた奇跡のチャラ男コラボはバイブスいとあがりけりで、モニタ前で大興奮してしまった。暗雲立ち込む今の世の中をきっと明るくしてくれるであろう、EXITとDJ OZMAのコラボ。今後の展開があったらいいな!と期待してしまう。

「ワレワレハニンゲンダ」('19)
/渋谷すばる

「ワレワレハニンゲンダ」収録アルバム『二歳』('19)/渋谷すばる

「ワレワレハニンゲンダ」収録アルバム『二歳』('19)/渋谷すばる

18年に関ジャニ∞を脱退し、19年にソロアーティストとしての活動を開始。『氣志團万博』初出場であり、フェス初出場となった渋谷すばる。「この時期に僕ができること、全力でやらせていただきます」と、万博に懸けるアツい想いを綾小路に語ったという彼。その言葉を体現するような気合いと気概に満ちたステージは、圧巻のひと言。骨太なバンドサウンドに乗せた渋谷の歌声は真っ直ぐで人間臭く、自身から湧き出る言葉たちが心震わせる。ジャニーズ時代から歌唱力に定評の高い彼だが、自身のバンドで自身の言葉で歌う楽曲たちに込めた想いやその説得力からは、歌唱力の高さよりも生命力や人間力の高さを感じた。次に観る時は、生で一緒に「ニンゲン!ニンゲン!」って叫びたい!

「浪漫飛行」('90)/米米CLUB

シングル「浪漫飛行」('90)/米米CLUB

シングル「浪漫飛行」('90)/米米CLUB

『氣志團万博』は3年振り2度目の参戦。ステージを埋める20人弱のビックバンドで登場し、ゴージャスで華やかなステージングを観せてくれた米米CLUB。わずか30分の短いステージながら、見事な演出と構成によるハイクオリティーなショーは最初から最後まで最高だったが。中でも「浪漫飛行」が始まった瞬間は、ゾワワと鳥肌が立つほどの興奮と喜びがあふれた。時代や世代も超えて、誰もが知ってる普及の名曲。カールスモーキー石井の歌声や巧みな演奏に魅了されながら一緒に口ずさんでると、高揚感と多幸感がじわじわと訪れる。生で観れなかったことが本当に悔やまれるが、空の向こうに連れて行かれるような心地良さに包まれて、家にいることも忘れたあの感覚は配信フェスならではだったかもしれない。

「No Rain,No Rainbow」('20)
/氣志團

配信シングル「No Rain,No Rainbow」('20)/氣志團

配信シングル「No Rain,No Rainbow」('20)/氣志團

初のオンライン開催となった『氣志團万博』の殿(しんがり)として登場した、フェス主催者の氣志團。「みんなの笑顔がこんなに愛おしいと思ったのは始めて」と語り、カメラの向こうにいるオーディエンスとのつながりを確認しながら、アグレッシブなステージで笑顔を与えてくれた彼ら。代表曲「One Night Carnival」に続き、本編ラストに演奏したのは『氣志團万博2020』のテーマ曲であるこの曲だった。雨が降らなきゃ虹も出ないという、ハワイのことわざをタイトルに付け、《くよくよすんな》と笑顔で肩を叩いてくれるこの曲。嫌なことも忘れて笑顔になれるロックフェスを表現した痛快なロックンロールに乗せた《大丈夫 うまくいくさ》の言葉は心強く、聴く者を自然と笑顔にする。家にいながらフェス気分も十分に味わえた、楽しすぎる『氣志團万博』を締め括るに相応しい一曲だった。

TEXT:フジジュン

フジジュン プロフィール:1975年、長野県生まれ。『イカ天』の影響でロックに目覚めて、雑誌『宝島』を教科書に育った、ロックとお笑い好きのおもしろライター。オリコン株式会社や『インディーズマガジン』を経て、00年よりライター、編集者、デザイナー、ラジオDJ、漫画原作者として活動。12年に(株)FUJIJUN WORKSを立ち上げ、バカ社長(クレイジーSKB公認)に就任。メジャー、インディーズ問わず、邦楽ロックが得意分野だが、EBiDANなど若い男の子も大好き。笑いやバカの要素を含むバンドは大好物。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着