L→R 本間美咲、凪原亜季、坂本愛里、釆澤彩香

L→R 本間美咲、凪原亜季、坂本愛里、釆澤彩香

【WiLL】親しみやすいクール&ビュー
ティー

初の全国流通盤となる1stシングル「サクラリフレイン / Let It Out」をリリースするWiLL。イベントの他、ロックフェスへの出演も経験し、ワンマンライヴもすでに成功させている彼女たちに、活動内容や最新作について語ってもらった。
取材:田中 大

去年の6月から活動していますが、もともとWiLLはどういったコンセプトなのですか?

凪原
グループのコンセプトは“クール&ビューティー”です。衣装とかもそういうイメージですけど、メンバーはステージ以外ではクール&ビューティーではないかもしれないですね(笑)。

(笑)。みなさんそれぞれのキャラは、どんな感じなのでしょう?

凪原
本間は元気な田舎者(笑)。でも、MCでよく喋ってくれる明るいキャラです。
本間
いつもグダグダですが…。
凪原
最近、ぶりっ子なMCなんですけど。
本間
ぶりっ子してないよ~!(笑)
坂本
ぶりっ子っていうと、すごく嫌がるんです(笑)。
凪原
そして、綾香(釆澤)は一番王道の“アイドル”というキャラクターです。
釆澤
このメンバーの中にいるから、アイドルっぽく見えているだけかもしれないです(笑)。

(笑)。坂本さんは大人しい印象ですが、実際はいかがでしょう?

本間
大人しいですけど、喋らせるとヤバいです。
凪原
1回ネジが外れるとずっと外れたままだから、クールでいよう…って感じじゃない?
坂本
そうかも(笑)。だから、大事な時は大人しくしています。

凪原さんは?

本間
“千葉のヤンキー”しかないと思います。でも、すごく人を思いやる心があるヤンキーです(笑)。
凪原
子犬を拾うような?
本間
そう。まさにそういうタイプです。

なるほど(笑)。個性豊かな4人ですね。

坂本
ありがとうございます。活動をしてきた中で、クール&ビューティーに限らず、いろいろ広がってきたんです。今のWiLLは何にでもなれる状態なのかもしれないです。
本間
何でもありのWiLLになっているんだと思います。メンバーそれぞれの個性が、すごく出るようにもなっていますから。
凪原
曲もいろんなタイプが増えてきて、可愛い系とかも歌うようになっていますから。でも、ダンスをすごく踊るというのは、私たちの基本なのかもしれないですね。歌とダンスをレベルアップさせたいと常に思いながら活動しています。
坂本
私はもともとダンスがそんなに得意じゃなかったんですけど、少しずつ“こうすればいいんだ”というのが増えています。振りを覚えるのがちょっとだけ早くなってきました。メモも取っていますけど、他の人が見てもよく意味が分からないと思います。“ジョジョ立ち、右足”とか書いていますから(笑)。
釆澤
私はダンスが大好きです。子供の頃からモーニング娘。さんに憧れていて、真似して踊ったりしていたんですよ。私たちも4人でダンスを揃えるように頑張っています。
凪原
普通の会話の中で、ダンスのことを4人でよく話しています。“あそこってこうだっけ?”とか“ここはこうした方がいいよね?”とか。
本間
みんな真面目なんだと思います。
凪原
WiLLは意外と真面目なんです(笑)。本番前の楽屋での声出しも、すごくしているグループですから。自撮りとかをするよりも、そっちのほうが熱心なんですよ。結構、体育会系なのかも。ライヴでステージに出る前に“行くぞ!”ってみんなで声を出すんですけど、すごく低い声で“ウォー!”って感じです(笑)」

(笑)。では、初の全国流通盤となる今回のシングルの曲のお話をしましょう。「サクラリフレイン」は、春にぴったりの雰囲気の曲ですね。

凪原
はい。ライヴでもすでに歌わせていただいているんですけど、お客さんが聴きながら泣きそうになっています。感動する曲です」
坂本
WiLLの曲はどんな人が聴いても“いいね”と感じられる部分があるんですけど、「サクラリフレイン」もそういう曲なんだと思います。
凪原
アイドルが好きなお客さんには、“卒業していった推しのことを考えながら聴いてください”って言っています(笑)。みなさんそれぞれの思い出とか感情に重ねられる曲です。

春風の匂いを感じて記憶が蘇る描写も入っていますが、こういう経験ってありますよね?

本間
はい。石けんの香りを嗅ぐと、おじいちゃんやおばあちゃんのことを思い出します。あと、木とか草の香りは地元の新潟を思い出しますね。
釆澤
私も自然が多いところへ行くと、地元の栃木に帰りたくなります。実家の後ろが山なんですよ。

今回は両A面ですが、「Let It Out」は「サクラリフレイン」とは、またひと味違う雰囲気ですね。エレクトロとパワフルなロックが融合したテイストが印象的です。

本間
この曲、大好きです。感情がすごく入るんですよ。ステージ映えする曲だなと感じています。
凪原
カッコ良い系ですね。
釆澤
ダンスも力強く踊るものになっています。
坂本
もうライヴでも何度もやっています。この曲が好きと言ってくださるお客さんがたくさんいてくれて嬉しいです。

みなさんのライヴの雰囲気って、どのような感じなのですか?

凪原
最近、女の子のお客さんも多いんですよ。
坂本
WiLLのライヴは“コンサートに来ている”というような、じっくりステージを観るお客さんが多いんです。
本間
温かい声援もいただいけます。

やっぱり、いいライヴをしたいという気持ちは強いですか?

本間
そういう気持ちを持って活動しています。4月にワンマンツアーがあるので、とても楽しみです。今回のシングルを聴いて初めてWiLLのことを知ってくださったみなさんとたくさん出会える場になったらいいなぁと思っています。
凪原
初めましてのお客さんにWiLLに興味を持っていただけるように頑張っています。イベントに出た時とかは、初めてのお客さんに来ていただけるかどうかをメンバー全員がすごく気にしています。この前もインストアイベントをした時に“今からイベントやります”と店内にいた女子高生やファミリーとかに声をかけて、チラシをお渡しましたから。それで本当に観てくれてTwitterをフォローしてくれたのがものすごく嬉しかったです。
釆澤
4月のワンマンツアーは、去年のワンマンよりもたくさんのみなさんに来てもらいたいよね。
坂本
うん。CDをリリースしたり、ミュージックビデオを撮影したりという夢が叶ったので、次の目標に向けて少しずつ進んで行きたいです。
「サクラリフレイン / Let It Out」2017年03月28日発売MINNA DAISUKI RECORD
    • 【初回盤A(DVD付)】
    • MDR-1029 1800円
    • 【初回盤B(DVD付)】
    • MDR-1030 1800円
    • 【通常盤】
    • MDR-1031 1000円
WiLL プロフィール

ウィル:4人組ダンス&ヴォーカルユニット。2016年6月にデビュー。同年12月には渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴを大成功におさめるなど話題を呼ぶ中、17年3月、これまでにライヴで発表してきたWiLLの楽曲とは異なる二面性を持った待望の1stシングル「サクラリフレイン / Let It Out」をリリース。WiLL オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着