L→R  与那城哉斗(Ba)、関田 諒(Gu&Vo)、<br>いすゞ(Gu)、柳田遊寿(Dr)

L→R  与那城哉斗(Ba)、関田 諒(Gu&Vo)、<br>いすゞ(Gu)、柳田遊寿(Dr)

【五月女五月】エネルギーを全部出し
て死ぬ。出し惜しみしないって意味で


取材:道明利友

最近、僕が思ってるのは、“生命力”というか。人間が本来持ってるパワーを表現したいだけなのかなって。だから、ウチのメンバーはわりと本気でライヴ中死のうとしてて…(笑)。エネルギーを全部出して死ぬ、出し惜しみしないって意味で。

“死のうとしてて…”とサラッと言ってのける関田 諒(Gu&Vo)の大胆さに、インタビュー序盤からドキッとさせられる。しかし、そんな表現が頷けてしまうほど、彼らのパフォーマンスは音源で聴いても壮絶だ。荒々しい爆音の中で時に叫び、またある時には哀しみか、儚さか…心の琴線を激しく振るわせるメロディーを歌い上げる。2ndミニアルバム『清濁併せ呑む』でも展開したあまりに劇的な音世界は、まさに自らの思いの丈を全て出し尽くさんとしているかのようにも感じるほど。

これも、僕、他人に指摘されるまで気付かなかったんですけど…。僕としては普通に歌ってるつもりだったんですけど、“それ、歌じゃないよ”っていう。“それ、語りじゃない?”みたいに言われて、初めて “あぁ、そうなんだ!? ”って。それはメロディーを付けることを知らなかったっていうのと、“音楽をやってる”って感覚がある意味ないというか。僕の中では、音楽の教科書とか理論はなくて。

「人間とバンドやってます」は、関田の語りがヒリヒリとした緊張感を醸し出す。「パーフェクトな世界」も関田の独唱で幕を開け、その激情の言葉と演奏が真っ向からぶつかり合って一体の音像を奏でる。いわゆる歌モノは綺麗なメロディーがなければいけないなどといった、普通に考えると当たり前な音楽の定型は五月女五月の音楽に存在しない。彼らの音楽にあるのはそんな自由な発想力と、冒頭に関田が言った“生命力”。そう言えば、《生きてることが不安でどうする 死んだほうが怖いぜ》と、前作のタイトル曲「地獄変」でも彼らは歌っていた。何が何でも生きろ! そんな前向きすぎるメッセージも、五月女五月の音楽からは汲み取れるかもしれない。

うん、そうかもしれないですね。僕らたぶん、めちゃくちゃポジティブです。“光”と”闇”とか、“善”と“悪”とか…そういう表と裏みたいなものを自分の中で勝手に分けてもがいてるのが人間なのかな、“生きる”ってことなのかなって。で、それがまさに“清濁合わせ呑む”っていうことなんですよね。
『清濁併せ呑む』
    • 『清濁併せ呑む』
    • 235-LDKCD 
    • 1680円
五月女五月 プロフィール

サオトメサツキ:2009年9月、関田 諒(Vo)と与那城哉斗(Ba)が中野区野方のとある居酒屋で出会う。しかし、連絡を取らないまま2カ月が経った。その後、12月30日に関田と柳田遊寿(Dr)が立川の-喫煙所で出会う。そして、翌年末に初めて3人が集まり、五月女五月が結成された。オフィシャルHP
YouTube

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着