L→R 83(Ba)、YU-ICHI(Gu)、hikoyan(Dr)、ap.(Vo)、DELARYOTA(Vo)、maru(DJ)

L→R 83(Ba)、YU-ICHI(Gu)、hikoyan(Dr)、ap.(Vo)、DELARYOTA(Vo)、maru(DJ)

【key】どんな時でも笑って楽しんで

ポジティブに過ごしていこう


取材:ジャガー

素朴な優しさに触れ、忘れかけていた純真な心が揺さぶられるような感覚。聴き進めていくほどに温かい気持ちになれたアルバム『ひだまり』は、曲によってタイプがまったく異なる。

「アルバムのタイトルが“ひだまり”ということで、とにかくポジティブな歌を選曲しました。曲の雰囲気や場面は違いますが、どんな時でも笑って楽しんでポジティブに過ごしていこうっていう気持ちの詰まった選曲になっています」(DELARYOTA)
「アルバムのテーマでもある温かさや希望、前向きな思いが詰まった1曲目の『ひだまり』が核としてあるから、いろんな方向に振り切れているのかもしれません。映画『メンゲキ!』のために書き下ろしたこともあって、今までとはまた違うアプローチで曲を作れたのも良い経験になりました。みなさんの心にひだまりのような温かい気持ちが広がってくれると嬉しいです」(ap.)

映画のために楽曲を書き下ろしただけでなく、各個人にとっても挑戦の多かった作品らしい。

「普段は相方のap.に合わせて歌詞を付けているのですが、ソロ曲は僕自身の思っていることを好きに伝えることができました。その中で言葉の選び方だとかをあえて考えず、自分が思ったことを素直に歌詞にすることに挑戦しました。言葉を選んで歌詞を作るより格段に難しかったです」(DELARYOTA)
「ボーナストラックの『あぷりこっと』を作る時のテーマが“アニソンのような曲”ということだったので、個人的には新しい試みでしたね。実は、ちょっとアニソンファンな部分もあったんで(笑)、楽しみながらアレンジしました」(YU-ICHI)
「YU-ICHIと同じ曲で、私は声優さん…ですかね(笑)」(ap.)
「ひとつひとつの音の立ち上がり、切り際を意識してベースを弾きました♪」(83)
「前作よりも多くの楽曲でスクラッチを入れました。特に『party!』はアッパーなダンスチューンなので頑張ってます。あと、特典DVDのライヴ映像は音源化されてない曲もたくさん聴けますし、オフショットでは各メンバーの素の姿も観られる新たな試みじゃないですかね」(maru)
「自分らしいドラムプレイ!! 『HA-RE-LU-YA』は、ドラムのレコーディングが締め切り間近で仕上がったんですよ。なので、あまりアレンジに時間を割けなくて、取りあえず録っちゃえ!的な(笑)。それが結構良い感じでキマって、録りも楽しかった! 曲調はアコースティックな雰囲気で、今回の作品の中では一番バンドサウンドの主張が強い楽曲だと思います」(hikoyan)
key プロフィール

キー:元CHERRY BLOSSOMのリーダー83(Ba)が新たな活動の場を広げるために2010年7月7日結成。11年に発売したデビューシングル「ナツコイ」は、インディーズながらもふたつの番組タイアップを獲得し話題に! ポップだけどロック、ロックだけどポップな“ポップンロール”を掲げ、次世代の音楽シーンを牽引する“鍵”となるべく、活動中。オフィシャルHP
YouTube

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着