L→R 神谷彩乃(Vo&Dance)、宮沢野乃香(Vo&Dance“playing manager”)、鹿木香里(Vo&Dance)、相奈まい(Vo&Dance)、藤井勇綺(Vo&Dance)

L→R 神谷彩乃(Vo&Dance)、宮沢野乃香(Vo&Dance“playing manager”)、鹿木香里(Vo&Dance)、相奈まい(Vo&Dance)、藤井勇綺(Vo&Dance)

【つばさFly】アイドル界から放たれ
る熱いロック、豪華布陣と共に生み出
した新曲とは?

WRONG SCALEの野田剛史が作曲し、凄腕のプレイヤー陣が演奏している「Ray Of Hope」。ロックファンも興奮必至のサウンドを放ち、たくましいDIY精神も発揮しているアイドルグループつばさFlyに初インタビュー!
取材:田中 大

「Ray Of Hope」は鹿木香里さんの作詞ですし、自主的にいろいろやっている部分も多いグループのようですね。宮沢野乃香さんは“playing manager”という肩書も持っていますが、運営にも携わっているということですか?

宮沢
はい。私はもともとアイドルが好きで、裏方の仕事にも興味があったんです。香里がシングルごとに歌詞を書くようになったのも“歌詞を書きたい”って言ったからで、事務所のスタッフは“いろいろやってみなよ”という方針なんですよ。

ロックテイストの曲も、みなさんならではの魅力ですね。今回はカップリングでレーベルメイトのMISTYの「GLEANING」をカバーしていますし。

宮沢
MISTYは、一緒にツアーを回ったこともあるんです。ともに頑張って事務所を支えたいです(笑)。

(笑)。「Ray Of Hope」は、WRONG SCALEの野田剛史さんが作曲なんですね。レコーディングメンバーは野田さん、原昌和さん(the band apart)、柏倉隆史さん(toe、the HIATUS)。編曲は原さん…これ、ロックファンも“おおっ!”ってなりますよ。

鹿木
私はもともとロックが好きで、WRONG SCALEも大好きだったんです。だから野田さんのライヴを観に行った時にお会いして、直接お願いしました。事務所の社長が観に行く機会をくださったんですけど、“行くからには、曲を書いてもらえるように自分から言ってみな”と。

すごい展開ですね(笑)。

鹿木
はい(笑)。どのタイミングでお話をしようか、マネージャーと合図を送り合いました。帰り際に“どうしても曲を書いていただきたくて”と言ったら、“どんな曲にしたいの?”と。私はWRONG SCALEの曲名を挙げてイメージをお伝えしました。ファンのひとりとして、曲を作っていただけたのがすごく嬉しかったです。
藤井
「Ray Of Hope」は、ロックだけどゴリゴリな感じではなくて、すごくきれいなメロディーラインの曲なんですよね。オシャレな雰囲気もあると思います。
神谷
最初は“どう歌おうか?”という不安もあったんですけど、新しいことができるワクワク感もありました。今までになかった雰囲気の曲に仕上がったと思います。
宮沢
最初は“自分たちに表現できるのか?”という不安もあったんです。そして、“今までの曲が好きだったみなさんは、どういう感想だろう?”というのもありました。でも、レコーディングの時に剛史さんが“自分が好きなように歌いなさい”とおっしゃってくれて、すごく気持ちが楽になりました。全国ツアーで「Ray Of Hope」を歌い続けて、自分たちならではの曲になっていったと思います。
相奈
お客さんにも新たなつばさFlyを見つけていただきたい曲ですね。ここからさらにどのような感想をいただけるのかも楽しみです。

歌詞に関しては、どのようなことを考えながら書きました?

鹿木
これは私たちの既存曲の「Unforgettable Days」(2014年7月8日発売の2ndシングル「Unforgettable Days / FLY AGAIN」収録曲)に対するアンサーソングとして歌詞を書きました。「Unforgettable Day」は、悲しみ、苦しみ、自分の弱さを歌にぶつけているんですけど、「Ray Of Hope」はそういう想いを経て、“今までいろいろあったけど、ここまで来られました”という感謝の心境が込められています。

振り付けも自分たちで考えたんですよね?

神谷
はい。私と(藤井)勇綺で考えました。ふたりで一緒に考えたというのは、今回が初めてです。
藤井
光やしなやかなイメージがあったので、振り付けも激しいものというよりも、曲線的な動きがあるものになっています。バレエの動きを取り入れたりもしていますので。そういう点でも新しい雰囲気になっていますね。

いろんな面で、みなさん自身でかたちにしていった曲なんですね。つばさFlyは、セルフプロデュースができるグループになりつつあるんじゃないでしょうか?

鹿木
そうだととても嬉しいです。今回はみんなで作っていった曲という感覚がすごくありますから。

歌詞は香里さん以外も書くんですね。通販限定のソロジャケ盤にはみなさんの作詞した曲がいろいろ収録されているじゃないですか。

藤井
私と香里は以前から作詞をしていたんですけど、(相奈)まいと野乃香が作詞をしたのは、この通販限定盤に入っている曲が初めてです。まいに関しては、作曲もしました。
宮沢
送られてきたものがすごかったんですよ。ピアノのアプリで弾いたみたいなんですけど…
相奈
ピアノは苦手なので、音を探しながら人差し指で弾いてました(笑)。
宮沢
それが音楽ファイルとかボイスメモとかで送られてくるならまだ分かるんですけど、なぜかスライドショーできたんです。しかも、梅の花のスライドで!
一同
(大爆笑)。
宮沢
それには編曲をしてくださったyUsUkeさんが困惑してました(笑)。鼻歌をアレンジするのとかはよくありますけど、スライドショーのムービーでくるというのは、予想外だったそうです。
相奈
曲をスライドショーで送った後に鼻歌も送ったんですけどね。“先、鼻歌でしょ?”ってなってました(笑)。

(笑)。いろいろ手探りしながら前進しているグループですね。今後、さらにどういう活動をしたいですか?

鹿木
“アイドル”という部分は残しつつ、いろんなジャンルの壁を乗り越えて、老若男女に楽しんでいただけるグループになりたいです。
相奈
アイドルグループが好きな方々だけではなく、幅広いみなさんに知っていただきたいです。
神谷
私たちは歌もダンスもまだまだなので、スキルアップもしたいですね。
藤井
どんなフィールドでも戦っていける、カッコ良いグループになりたいです。そして、女の子からも支持されるようになったら嬉しいです!
宮沢
グループとして成長すると同時に、個々の夢もあるので、そういうものも叶えていきたいです。個々が活躍できるようになったら、つばさFlyとしてもさらに良くなっていけるんだと思います。

初回B盤にはショートムービーが収録されているそうですね。

鹿木
原案と脚本を私が手がけたので、それもぜひ観ていただきたいですね。最初の段階は“演技なんて無理”ってメンバーが言っていたんですけど、どんどん作品に入り込んでいって、すごくいいものになりました。
宮沢
6月12日に下北沢GARDENでワンマンライヴがあるので、初めての方々にも来ていただけたら嬉しいです。ここ2カ月くらい、今回のシングルとツアーにすべてのエネルギーを注いできたんですよ。だから12日のライヴ後の活動は、前向きな意味でまだ白紙なんです。このライヴで想いを爆発させようと思っています!
「Ray Of Hope」2016年06月07日発売WE LOVE RECORDS
    • 【通常盤】
    • WLR-1030 1000円
    • 【初回A盤(DVD付】
    • WLR1028 1800円
    • 【初回B盤(DVD付)】
    • WLR-129 1800円
つばさFly プロフィール

ツバサフライ:2012年11月結成のアイドルグループ。2013年夏に現在のメンバー編成となる。楽曲はロックを中心にしており、アイドルのみならずバンドとも共演、音楽フェスへの出演も。15年8月には世界最大級のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL』の出演を果たした。16年6月、5th シングル「Ray Of Hope」をリリース。つばさFly オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着