吉川晃司のソロ復帰への
意気込みを感じざるを得ない
アツきセルフプロデュース作品
『LUNATIC LION』

『LUNATIC LION』('91)/吉川晃司

『LUNATIC LION』('91)/吉川晃司

吉川晃司が1stシングル「モニカ」をリリースしたのは1984年2月1日。今年はデビュー40周年のアニバーサリーイヤーだ。公式サイトを見に行ったところ、アニバーサリーの作品だとかイベントだとかは発表されていない様子なのだが、30周年も35周年も記念のライヴツアーは行なわれていたので、今回もおそらく何かあるのではと想像させる。発表を待ちたい。さて、今週はそんな吉川晃司作品をピックアップする。本文にも書いたが、吉川晃司の活動期間は大きく3つに分けられると思う。デビューから事務所を独立するまでの期間。布袋寅泰とのユニット、COMPLEX期。そして、再びのソロ期である。今回はCOMPLEX活動休止後、ソロ復帰第一弾となったアルバム『LUNATIC LION』を取り上げてみたい。それまで以上に彼の意気込みが感じられる作品である。

アルバムは
《俺はやるぜ ひとりでも》で始まる

《Let's Go! 俺はやるぜ ひとりでも/止まっちゃいられない Oh Yeah/OK! 毎日が Document/吠え続けてやるさ》(M2「LUNATIC LUNACY」)。

この歌詞だけで『LUNATIC LION』は歴史に遺るロックアルバムと言っていいと思う。しかも、それだけで終わらないのが本作のさらに熱いところである。

《OK ばらしてやろうか こわしてやろうか/くだいてやろうか こわしてやろうか/くだいてやろうか ばらしてやろうか》(M2「LUNATIC LUNACY」)。

《誰のためにそこにいるのさ お前/むくわれない日々かみしめて/誰のために歌ってるのさ お前/届かないメッセージ 一人よがりで》《何のためにどうしてるかなんて/どうでもいいのさ 今が全て/ワイルドでゆこう》(M7「Weekend Shuffle」)。

《野生に目覚め/狂ったマーダレス/さえぎるもの全てを 殺して走る》《浮かれた時代は過ぎて/欠けてくマッドネス/もっと危ない予感 犯して走れ》(M9「Barbarian (LUNA MARIA)」)。

《俺は眠らないぜ》《Oh! もっと 引き寄せてくれ/Oh! もっと 感じさせてくれ》《焼けつく太陽じゃ/素直になりすぎて/Dr.ジキルも ハイドになれない 夜明けはいらない》(M11「Virgin Moon〜月光浴」)。

M2のサビやM9辺りは筆者が深読みして熱くなっていることは承知だが、本作の制作背景に思いを馳せると、思わず深読みしてしまうこともご理解いただきたい。事の経緯を改めて説明すると、本作『LUNATIC LION』は、吉川晃司が布袋寅泰との音楽ユニット、COMPLEXの活動休止後に発表された最初のアルバムである。COMPLEXがどういうユニットであったかを改めて語る必要はないだろう。もし、よく知らないという人がいて、この機会に知りたいというのであれば、2019年4月に当コラムでアルバム『COMPLEX』を紹介しているので、そちらをご参照いただきたい。読み返してみたら、これもかなり熱い文章となっていたことは汗顔の至りではあるけれども、その熱さもまた、それだけCOMPLEXの存在感が大きかったこととご理解願えれば幸いである。ファン、関係者だけでなく、おそらく当人たちにとっても尋常でないほどに期待値の高いユニットであったし、実際、COMPLEXはデビュー後、音楽シーン全体に大きな話題を振りまいた。

しかしながら、“両雄並び立たず”の成句の通り、表立った活動はほぼ2年間のみで、あっと言う間に散ってしまったユニットである(2011年7月30日、31日に一度だけ再結成)。[音楽性の根本的な違いが生じたことも休止の要因と言われている]が、吉川がCOMPLEX結成を決意した理由は[ロックバンドという活動形態に魅力を感じ、それを通して「自分のコンプレックスそのものである洋楽に匹敵するスケールの大きい音楽」を採算度外視で作る]ことだったらしいので、それが事実であるとすれば、2年間のバンド活動というのはどう考えても短過ぎたとは思う。活動休止した時、2人からは“一緒にやらなきゃよかった”といった後悔の言葉も漏れていたようではある。しかし、バンドという表現を手放したことに対して、吉川にはそれなりに忸怩たる思いがあったことは想像するに難くない。悲哀もあっただろう。そう考えると、《俺はやるぜ ひとりでも》で始まり、《俺は眠らないぜ》で終わる『LUNATIC LION』の歌詞には、吉川晃司の並々ならぬ決意を感じざるを得ないのである(ここまでの[]は全てWikipediaからの引用)。
■『COMPLEX』は平成元年だったからこそ成し得た
吉川晃司と布袋寅泰による奇跡のコラボレーション
https://okmusic.jp/news/334667

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。