KUWATA BANDのライヴ盤
『ROCK CONCERT』に見る
若き桑田佳祐の心意気と、
図らずも示した独自のメソッド

『ROCK CONCERT』('86)/KUWATA BAND

『ROCK CONCERT』('86)/KUWATA BAND

現在、5大ドームを含む全国ツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2022「お互い元気に頑張りましょう‼」supported by SOMPOグループ』の真っ最中。その追加公演として、『年末も、お互い元気に頑張りましょう!!』と題された横浜アリーナでの追加公演も発表されたことも記憶に新しい桑田佳祐である。本日11月23日、ソロでのベストアルバム『いつも何処かで』がリリースされた。当コラムでは昨年、『孤独の太陽』を紹介しているので、今回は1986年のKUWATA BANDのアルバムを取り上げる。音源発表は何かと揶揄されたようだが、その後のサザンオールスターズや桑田佳祐の活動に関して重要な意味な持つことになったバンドではあるようである。
■サザンオールスターズとは違う桑田佳祐の魅力が詰まったソロの傑作『孤独の太陽』
https://okmusic.jp/news/438107

桑田自身が失敗作と認めた!?

KUWATA BAND唯一のスタジオアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』は、[桑田自身は、失敗作だったと語っており、「フリスビーか鍋敷きにしてほしい」「飲み屋でかかったら泣く」といった発言をするほどであった]という。[桑田によるとこの作品は「方法論だけまねていて、結局は日本人に聴かせるための音楽ではないか」「桑田の音楽はしょせんご飯にみそ汁だ」「日本人の枠を越えられるわけがない」といった評論家からの批判も少なからずあったといい、桑田もそれらの批判を半ば認める趣旨の発言をしてい]たそうである(ここまでの[]はWikipediaからの引用)。自身がそう言っているのだから…ということで、この度、このバンドの名盤として『ROCK CONCERT』を選んだわけだけど、この『ROCK~』を聴いても、『NIPPON NO~』を失敗作だったとは思わないまでも、なるほど、当時、桑田佳祐がそうした批判に対してシャッポを脱いだ=批判を認めたことも分からなくもない…くらいには感じられる。それは、サザンオールスターズが『NHK紅白歌合戦』のトリを務めるような“国民的バンド”となった現在だからこそ、余計にそう感じるところではある。

さらに言えば、KUWATA BANDを聴くことで我々がサザンオールスターズ楽曲のどこに惹かれるのかが分かるし、桑田佳祐のメソッドが唯一無二であることを体験できるとも言える。KUWATA BANDを反面教師や他山の石と言うのは乱暴であろうけど、ニュアンスとしてはそれに近い。フリスビーや鍋敷きにするほど盤の中身がないとはまったく思わないし、誰が言ったか分からないけけれど、“しょせんご飯にみそ汁だ”なんて批判はほとんど暴言だと思う。しかしながら、サザンや桑田佳祐に大きな思い入れがない自分でも、『NIPPON NO~』に違和感があることは否めない。『NIPPON NO~』にはKUWATA BANDが発表したシングル4作品=「BAN BAN BAN」「MERRY X'MAS IN SUMMER」「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」「ONE DAY」は一切収録されていないが、『ROCK~』にはその4曲に加え、「BAN BAN BAN」のC/Wだった「鰐」も収録されている。その違和感の正体を探るにあたっては、そこがわりと小さくないポイントではないかと思う。アルバム収録曲とのシングルの差異がよりはっきりし、それによって件の桑田佳祐のメソッドが必然的に浮き彫りになっている。そうしたところが確実にあるのである。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着