『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の
“映画の指輪のつくり方”』
- 第二十八回 -
「図鑑に載ってない虫」の指輪

2017年から本格的に活動を開始したシンガーソングライター〈みねこ美根〉が大好きな映画の世界から作り出す紙粘土細工と指輪の制作過程をお見せします。ミニチュア好きな方、アクセサリーづくりに興味のある方は是非見ていってください。指輪はライブ会場にて展示しております。

動画監督・撮影・編集・演奏:みねこ美根

「取り返しのつかないことのきっかけはつまんないことなのよ(2007年「図鑑に載ってない虫」)」

 初めてのワンマンライブを終え、酸っぱいおにぎりも腐っていたわけではなかったことがわかり、さて指輪をつくろうじゃないか。この暑い夏にぴったりなムシムシじめっとした映画です。

 この間、朝5:30くらいに外を歩いていたら、セミが空から落ちてきて「ミッ」と鳴いて目の前で息絶えた。あんなに急に力が抜けて重力で地面に叩き付けられてしまうものなのかしら。昔、自由研究でセミの羽化を観察したことがある。白くて柔らかく伸びていく羽を思い出した。
 ドラマ「時効警察」が好きで、シーズン2の最終回はセリフを覚えてしまうほど見た。唐突でかなり個人的な、でもなんとなく思ってたこと、信じてること、みたいな話が、話の本筋には関係なく展開されるのが好き。いかがわしくて、日本だけどそうじゃないような、不思議な世界。カニとか塩辛とかカップヌードルの肉、ティーバッグ、煙草、エレキバンの集合体。アル中のオルゴール職人とか、強すぎる肩書。松尾スズキが演じる遠藤は「時効警察」でもでてきたし、チュッパチャップスさんは「熱海の捜査官」に出てきてたりと、そういう楽しみ方もあるけど、特に気にしなくても、なんかずっと笑っていられる。

 売れないライター「俺」(伊勢谷友介)が、死後の世界についての調査を命じられ、友人のエンドー(松尾スズキ)と、自殺願望のある元SM嬢のサヨコ、ヤクザの目玉のおっちゃん(岩松了)、舎弟のチョロリ(ふせえり)とともに、臨死体験ができるという「死ニモドキ」を探すという話。
 水野美紀演じる美人編集長が最初っからぶっ飛ばしてくるインパクト。「あのさ、ちょっと悪いんだけど、一回死んでくれない?」いきなりこの世界に連れて行かれる。アル中のエンドーが自分の吐瀉物に火をつけて「俺のゲロ燃えるぞ!」ていうシーンとか、さよこのリストカットで硬くなった皮膚でわさびをすったりとか、5000札にぐっと寄りで撮るカメラとか、くだらない細やかさに、笑っちゃう。でも「海の家の人は冬は何してんの?」とか「白玉食ってるやつ見ると魂抜けてるように見えない?」とか、なんでそこ?ていう内容のセリフではあるんだけど、こういうことを普段の生活の中で意識するとなるとなかなかの労力なのよね。「常識だから」ではなく、「そう感じるから」というのは論理的でなさそうでいて何にも代え難い一番の理由だから、信じていたいのよねェ。
 生きてるのか死んでるのか、私たちはどちらかの側にしか居られないから、いつだって生きてるんだって言い張らないといけない。8月8日は、生きてたね、私たちはあの場所で確実に。まだまだこっち側でやることがあんのよ、たくさん。この暑さも乗り越えていけそうだぞ。

*****************
モチーフ:死ニモドキ、チュッパチャップスさんのチュッパチャップス、ゼリー藤尾、死ニモドキの液、鯉を利用した人魚、猿の手、YES NOランプ、エンドーのゲロ、ティーバッグ、エレキバン
音楽:坂口修 図鑑に載ってない虫サウンドトラック「海とアイスとお母さん」 オルゴールver.cover
*****************

■音源配信
アルバム「心火を従えて愈々」の6と「数式」「悲鳴」は各音楽配信サイトで聴けます。

■LIVE schedule 詳細はみねこ美根Twitterにて(https://twitter.com/me_chat_3ne
8月28日赤坂 CLUB TENJIKU、8月30日青山月見ル君想フ 、9月2日横浜関内 BAYSIS、9月9日恵比寿 天窓.switch、9月12日下北沢 440、9月13日中野坂上Music Bar MELODIA Tokyo、9月20日四谷LOTUS ※すべて対バン形式
みねこ美根 プロフィール

ミネコミネ:6歳の時にピアノで初めて作曲、11歳からはギターでの作曲も開始し、現在はピアノとギターを用いてライヴ活動中。2019年1月リリースの配信EP『心火を従えて愈々』で楽曲のクオリティの高さ、世界観が注目を集め始める。5月にはサウンドプロデューサーの小名川高弘氏と2017年秋から続いている制作作業のなか生まれている楽曲から第二弾「数式」「悲鳴」を発表。みねこ美根 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着