『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の
“映画の指輪のつくり方”』
- 第二十五回 -
「ギャラクシー・クエスト」の指輪

2017年から本格的に活動を開始したシンガーソングライター〈みねこ美根〉が大好きな映画の世界から作り出す紙粘土細工と指輪の制作過程をお見せします。ミニチュア好きな方、アクセサリーづくりに興味のある方は是非見ていってください。指輪はライブ会場にて展示しております。

動画監督・撮影・編集・演奏:みねこ美根

「ネバーギブアップ、ネバーサレンダー!」(1999年「ギャラクシー・クエスト」)

 令和になったね。10連休も過ぎてしまえばあったことすら忘れてしまいそうだ。休日に電車に乗っていると、小さい子ども連れをよく見かける。子どもが一生懸命お話している姿は、何ともいえない可愛さというか、健気さがある。「背の順だと後ろから4番目なんだよ」「○○ちゃんが持ってるゲームをやらせてもらったけど、必殺技を教えてくれないからつまらない」「先生が漢字を間違ったのに気が付いてなかった」…。背の順…懐かしい…と思いつつ、話題が尽きない子どものおしゃべりを聞いていると、とても細やかなところまで気が付いて、心を動かされて、よく考えているんだなと思う。良し悪しもひっくるめて、ときめきが絶えないんだなァ。私なんか、昨日と今日の記憶がごっちゃになってることとかあるもんなァ。大人になっちゃったなりに、今のときめきを見つけていこうと思う。
 子供のころにときめいて、信じていたもの、夢中になったことは、今でも心の支えだったりする。「ギャラクシー・クエスト」はその初心というか、享受し、ときめく側だった自分と、ときめかせたい!と思って動く自分、両方の自分がぐっと心つかまれた作品。シガニー・ウィーバー、アラン・リックマン、ティム・アレン(「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤーの声!)出演。海外ドラマ「名探偵モンク」で主演のトニー・シャルーブ、「チャーリーとチョコレート工場」でバイオレット・ボーレガードの母親役のミッシー・パイルも出演している。
 宇宙物のSFドラマ「ギャラクシー・クエスト」は放送終了から長く時が経っても熱狂的なファンのいる、伝説のテレビシリーズ(スタートレック的)。出演した俳優陣はこの作品以降パッとせず、イベントへの出演やサイン会頼みの生活を送っていた。そこへ、“嘘”の概念を持たない本物の宇宙人が訪ねてくる。「ギャラクシー・クエスト」を歴史ドキュメンタリーだと思った宇宙人たちは、出演者たちを本物の乗組員たち・ヒーローだと信じ、助けを求めてきた。本物の宇宙戦争に巻き込まれるとは知らず、落ち目の俳優たちは宇宙へ連れ出される…という話。

 本気で信じる宇宙人たちが可愛らしく、健気。嫌気がさしつつ、生活のために過去の役で仕事をする俳優たち。愚痴やブラックジョークもありつつ、信じてくれる宇宙人たちのために奮闘してしまう姿が面白い。実際イベントは満員でファンはたくさんいるのに、そのファンをないがしろにしている冒頭からの、彼らの変化もみどころのひとつだ。笑わせてもらいながら、最後にぐっとくる。気軽に見始めたのに、これ見て良かったわー!ってなるタイプの傑作。
 自分が表現したもの、楽しんでほしいと思ってつくったものが、本当に届いた、大きな関わり(動機・きっかけ)となれた、ということ、そしてそれを知れることは幸せだ。5月29日に新曲2曲の配信が始まるが、多くの人に届いて欲しい。

 この映画でなんとなく気になるのが、だんだんシガニー・ウィーバーの服がはだけていくこと。あと、アラン・リックマンは変な被り物をしていても果てしなくかっこいい。

 コメディを見てちょっと気を楽に、5月を乗り切っていこう。

*****************
モチーフ:プロテクター号と宇宙の地雷、ゴリグナック、
     偽ゴリグナック(豚みたいな)、ベリリウム球、
     通信機、宇宙人マイナーたち、Dr.ラザルスの頭
音楽:「Galaxy Quest theme」David Newman オルゴールver. cover

みねこ美根 プロフィール

ミネコミネ:6歳の時にピアノで初めて作曲、11歳からはギターでの作曲も開始し、現在はピアノとギターを用いてライヴ活動中。2019年1月リリースの配信EP『心火を従えて愈々』で楽曲のクオリティの高さ、世界観が注目を集め始める。5月にはサウンドプロデューサーの小名川高弘氏と2017年秋から続いている制作作業のなか生まれている楽曲から第二弾「数式」「悲鳴」を発表。みねこ美根 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着