『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の
“映画の指輪のつくり方”』
- 第三十回 -
「チャイルド・プレイ」の指輪

2017年から本格的に活動を開始したシンガーソングライター〈みねこ美根〉が大好きな映画の世界から作り出す紙粘土細工と指輪の制作過程をお見せします。ミニチュア好きな方、アクセサリーづくりに興味のある方は是非見ていってください。指輪はライブ会場にて展示しております。

動画監督・撮影・編集・演奏・文:みねこ美根

「おもちゃのきもちが気になるの(1988年「チャイルド・プレイ(Child’s Play)」)」

 先日、友達と映画を見に行った。リメイク版の「チャイルド・プレイ」。AI機能を搭載したバディ人形が、持ち主の少年アンディへの愛を炸裂させ、大変なことになる、という話。こういう“ザ・ホラー映画”を映画館で見るのは初めてかも。同じおもちゃカテゴリーの「トイ・ストーリー4」と迷った末、“チャッキーのスプラッターSHOW”をアトラクション感覚でヒィヒィ怯えながら楽しんできた。

 ここで一つ謝罪します。…………1作目を見ずに行きました。リメイクと言っても元とは全然違う作品だという前評判に甘えてしまった。例えば私だったら、誰かがハリー・ポッターシリーズの5作目から見始めて「あのネズミ何?」とか聞く日にゃ、最初っから見ろよ!ボコォッと“みねこ美根のスプラッターSHOW”を始めてしまうだろう。これでは示しがつかない。急ぎレンタル。リメイク版の前に観とけばよかった、とならなければいいけど…。
 そんなことなかった(笑顔)。全然違った(笑顔)。

 冒頭、殺人犯が警官に追われ致命傷を負い、死の間際、逃げ込んだおもちゃ屋に並べられていた人形に、自分の魂を人形に移すまじないをかける。復讐と復活を企む殺人鬼の魂が宿った人形は、誕生日プレゼントとして6歳の少年アンディのもとにやってくる。

 今や有名な映画だから“殺人人形”の登場は分かってしまっているけれど、映画の冒頭のアンディがおかしいのではないか?という大人目線の不気味さや、人形がどこまでやるのか、という期待と恐怖が面白い。ちなみに、リメイク版はアンディがもう少しお兄ちゃんで、アンディ目線での“大人にわかってもらえない恐怖”がもどかしくハラハラさせられる。
 最初のおもちゃ屋大爆発が大爆発すぎたり、遠くに追ってくるチャッキーが遠近法にしてもでかすぎたり、チャッキーのスピード速すぎたり、なんでとどめを刺さない!というあるあるの詰めの甘さがチャッキーにも人間たちにもあったりして、そこまた良い。そこまでスプラッター感はなく、MAXは中盤の呪術人形拷問のシーンと精神科の先生のシーンかな。なので、グロテスクは無理!という方もある程度は楽しめるはず(保障はしない)。
 低予算のためにチャッキーの表情が乏しくなってしまったらしいが、それ故の不気味さ!が良い。そしてあの「ギャー!○○が入ってない!」のシーンは最高!終盤にかけてチャッキーの最初の面影が消えていくのも技です。

 あと、アンディママがすごい綺麗。息子のために奔走する姿が美しいです。アンディもまだよちよちしててプリティです。
 そういえば、レンタルした同じ日に購入したぬいぐるみがあって、なんでこのタイミングで買っちゃったかな…動き出さないことを願う。そして、これ、鼻血出しながら書いてます。とまらん。くしゃみしちゃって血しぶきってるので、呪いではないことを祈りつつ掃除してくる。私がちゃんと呪われず生きていることを11/4のワンマンライブに確かめに来て欲しい。
*****************
モチーフ:ロッキングチェア、チャッキーの箱、ナイフ、ハンマー、バット、乾電池、足跡、呪術人形
音楽:「CHILD’S PLAY THEME」Joe Renzetti オルゴールver. Cover
*****************

◎次回ライブは2019年11月4日(月・祝)
ストロボカフェ・ツアー

◆原宿ストロボカフェ(13:45 start)あと数枚でsold-out
A Special Day of Mine 「極夜の光合成」
アコースティックバンドスタイル

◆北参道ストロボカフェ(19:30 start)座席sold-out 立ち見数枚
A Special Day of Mine 「白夜の深呼吸」
弾き語りスタイル

チケットはチケットぴあで
チケットぴあ:0570-02-9999
Pコード:165-998
http://t.pia.jp
みねこ美根 プロフィール

ミネコミネ:6歳の時にピアノで初めて作曲、11歳からはギターでの作曲も開始し、現在はピアノとギターを用いてライヴ活動中。2019年1月リリースの配信EP『心火を従えて愈々』で楽曲のクオリティの高さ、世界観が注目を集め始める。5月にはサウンドプロデューサーの小名川高弘氏と2017年秋から続いている制作作業のなか生まれている楽曲から第二弾「数式」「悲鳴」を発表。みねこ美根 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着