ももクロと元メンバー・早⾒あかりが
10年ぶりの“共演”に喜び イラスト
・イメージ映像を公開&スキンケアブ
ランドアンバサダーに就任

ももいろクローバーZの百⽥夏菜⼦、⽟井詩織、佐々⽊彩夏、⾼城れにの4名と、同グループ元メンバーの女優・早⾒あかりが共演したイラスト&イメージ映像が公開された。
ももいろクローバーZと早⾒は、発酵スキンケア「SOPHISTANCE(ソフィスタンス )」のアンバサダーに就任。この動画は、そのプロジェクト第1弾として制作されたものだ。映像では、ブランドのコンセプト「飾らない、素直な⾃分こそが、美しい」に沿い、5⼈それぞれが佐々⽊⾹菜⼦(イラストレーター/ペイントアーティスト)氏によるイラストにあわせ、「⾃分らしさ」を宣⾔している。
イメージ映像のアフレコは、コロナウイルス感染対策で外出⾃粛が続く中、リモートで実施。ブランドビジュアル⽤の写真撮影など、対⾯でのアンバサダー業務は先送りされたものの、早見脱退から10年⽬の節⽬に共演を果たしている。
5名の過去写真

5名の過去写真
百⽥、⽟井、佐々⽊、⾼城、早⾒のコメントは以下のとおり。

百⽥夏菜⼦
百⽥夏菜⼦
「みんなの太陽でありたい。」
「SOPHISTANCE」のすごくさっぱりとした使い⼼地がとても気に⼊っていて、毎⽇使っているんですが、外側の美しさだけじゃなくて、その内にある美しさを引き出してくれるような感じがします。何かに向かって、⽇々がんばっている⼈にぜひオススメしたいです。
あかりんと⼀緒に並んでいるイラストを⾒た時に、当時の気持ちに少し戻ったり、でもそれぞれが⼤⼈になってたり、とっても不思議に気持ちになりました。別々の道を約10年間歩んできて、こういう形でまた⼀緒にお仕事できることは、すごく嬉しく思います。5⼈で撮影する⽇が来たら、緊張もしちゃいそうだし、いろんな気持ちでいっぱいになりそうです。今回、あかりんの声と⾃分たちの声が重なるというのも、やっぱり特別な思いがたくさん込み上げてくるので、⼀緒に撮影できる⽇が早く来たらいいなぁと思います。
⽟井詩織
「もっと、もっと強く。」
「SOPHISTANCE」の美容液もクリームも、保湿⼒がすごいのに全然ベタつかないところが、すごく使いやすいです。肌の表⾯だけじゃなく、内側に浸透してキメが整い、弾⼒が出て、⾃分の肌⼒が劇的に上がった実感があります。私がそうなんですが、基礎化粧⽔ってどれが⾃分に合うって分からない⽅も多いと思うのですが、悩んでる⼈は是⾮、「SOPHISTANCE」を使ってみて欲しいと思います。
今回このイラストで5⼈が揃ったことは、ちょっとした同窓会みたいな気分で、すごく私たち⾃⾝も嬉しいですし、すごく懐かしさも感じています。⼤⼈になった私たちの共演はすごく嬉しいですね。今の状況が落ち着いたら、カメラの前に5⼈揃って⽴って撮影をして、どういう成⻑をしてきたのか⾃分たちの写真を客観的に⾒るのが、すごく楽しみです。
佐々⽊彩夏
「揺るがない⾃分でいること。」
私はわりと肌が敏感なタイプで、強めのものだと⾚くなっちゃったり、痒くなっちゃったりするんですけど、この「SOPHISTANCE」は、肌への負担や刺激みたいなものを全く感じなくて、すんなり肌になじむ感じがすごく使い⼼地がいいなって思っています。肌が整うと⾃分に⾃信が持てて、内側からも元気が出ると思うので、男⼥年齢かかわらずいろんな⼈に使ってもらいたいです。
今の状況で撮影が延期になってめちゃめちゃ残念ですけど、それが出来ない中でも、イラストと声という形で共演できて⼀緒に作品が作れて嬉しく思います。私は、あかりんがももクロを辞めた時は、中学⽣で本当に幼かったですが、今でもその時のことをハッキリと覚えているので、もう10年近く経っているんだって感覚ですが、⼤⼈になった今、この状況が治まったら絶対⼀緒に撮影したいなって思います。
⾼城れに
「いつも、⾃然体で。」
私は、ベタベタするスキンケアがあまり好きじゃなくて、20代前半の時は化粧⽔もあまり使ってなかったんですが、「SOPHISTANCE」はサラサラしていて、継続して使っていたら本当に肌の調⼦も良くなって、次の⽇のお化粧のノリが全然違います。ザ・⾃然のもので、本当にお肌に良いんだなって実感しています。
あかりんは、今はももクロのメンバーではないけれど、⼀緒に過ごしてきた仲間に変わりはないし、それぞれ⼤きくなったら⼀緒に仕事がしたいねって⾔ってたことが、今回の企画で約10年の時を経て現実になってとっても嬉しいです。直接会ってお仕事をするのが、今⼀番の夢かな。私達もいい意味で初⼼に戻れるし、お互いに刺激を得られると思います。
早⾒あかり
「⾃分が好きな、⾃分でありたい。」
⾯倒くさがりな私でも、ワンステップでパッと使える⼿軽さが「SOPHISTANCE」で何より⼀番いいなと思っている点です。パッケージも重厚感があって、すごく素敵で⼤⼈っぽいんですが、ライトに使えて、仕事や⼦育てに忙しい⼈にもおすすめです。とても潤いを感じられてお肌の中に⼊っていき、モチモチになっていくのが実感できます。
今回、このアンバサダーのお話をいただいて、今まで5⼈で⼀緒にお仕事をするということが無かったので、「ついに来たか!?」と本当にテンションが上がりました。実際に会っての撮影は延期になりましたが、初めてイラストで共演している姿を⽬にした時に、約10年間の5⼈の成⻑した雰囲気がすごく出ていて、感慨深かったです。リモートならではの新しい表現で、みんなの記憶に残る作品になるのではないかなと思っています。実際に撮影が⾏われるのが、本当に楽しみで待ち遠しいです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着