ヒトリエ  『wowaka追悼会』オフィ
シャルレポート到着、6月9日にはニコ
生再放送も決定

ヒトリエが6月1日に開催した『wowaka追悼 於 新木場STUDIO COAST』のオフィシャルレポートが到着した。

ヒトリエは、ボーカル・ギターのwowakaが、4月5日に急性心不全のため永眠。今回実施された『wowaka追悼 於 新木場STUDIO COAST』は、実施中だった全国ツアーのファイナルを予定していた会場にて、wowakaを悼むお別れ会として催されたもの。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
当日は、会場ロビーに祭壇が設けられ、wowakaの写真と生前愛用していたギターなどが飾られ、全国から集まった3,000人が献花を行いwowakaとのお別れを惜しんだ。
会場では、ヒトリエの写真を撮り続けているカメラマンの西槇太一による写真展「HITORIE TAICHI NISHIMAKI 2015-2019■」(※■=反復記号)も開催され、ライブやオフショットなど国内外を共にしたバンドの5年にわたる軌跡をたどる写真が展示された。

ヒトリエ 撮影=西槇太一
ヒトリエ 撮影=西槇太一
『追悼会』はツアーの開演時間を予定していた18:00より、STUDIO COASTフロア内にて実施された。
全国ツアー『ヒトリエ TOUR 2019 “Coyote Howling”』の中止となった8公演のチケット所持者が入場可能となったこの会のために、全国から駆け付けた2,000人のファンでフロアは超満員。定刻をまわりステージ前の暗幕が開くと、通常通りセットされたヒトリエの機材がステージに並び、その後方に設置されたスクリーンに映像が投影。2017年に行われた『全国ワンマンツアー2017 “IKI”』から、ツアーファイナルとなった新木場STUDIO COAST公演のライブ映像が映し出された。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
「ツアーファイナル行けますか?新木場コースト!」とwowakaが会場を煽る「ワンミーツハー」、“未だ知らない場所へと向かおう”というラストの歌詞が印象的な「目眩」が続けて上映されると歓声と泣き声が入り混じりった声が会場から沸き起こる。
映像が終わり、開催中だったツアーのオープニングSEが鳴り響くとファンは大きな歓声と拍手でメンバーを迎え入れる。ゆーまお(D)、シノダ(G)、イガラシ(B)が順番にステージに登場し、シノダはwowakaのギターを高々と掲げて一層大きな歓声を浴びた後、ステージ中央にあるwowakaのギタースタンドに置いた。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
シノダが、「今日はwowakaのために集まってくれて本当にありがとうございます。ここ新木場STUDIO COASTのステージは、本来ならば僕たちのアルバムツアー“Coyote Howling”のファイナルとして立つ場所でした。きっとね、リーダーも立ちたかったと思うんだ、このステージ」と言葉に詰まりながら語り、「だから今日はwowakaが、リーダーがね、最も信頼してくれた僕たち3人だけで演奏する日だと思いました。短い時間ですがお付き合いください」と、残るメンバー3人でライブを届けることを告げ、「ヒトリエです、よろしくどうぞ」といつものヒトリエの挨拶からライブをスタートさせた。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
最初に披露されたのは最新シングルであり、アルバム「HOWLS」の1曲目でもある「ポラリス」。
シノダが歌うことでバンドメンバーからwowakaに向けて歌っているようにも受け取れる歌詞に、オーディエンスは拳を振り上げながら号泣。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
「行くぜ、新木場コースト!」とシノダが高らかに叫び、鮮烈な照明とレーザーを浴びながら「センスレス・ワンダー」、「シャッタードール」を轟音のバンドアンサンブルとともに届け、ギターを置いたシノダが「慣れないんだけど、ハンドマイクで歌わせてもらうわ。」と話した「SLEEPWALK」では、客席にマイクを向ける場面も。
MCでは「忙しい曲ばかり作りやがって……(笑)」とシノダがフロアを和ませつつも、「こんなに大勢の人の前で歌うことになるとは思わなかった。」と自身の緊張を語ったあと、「ライブ後半戦やらしてもらいます」と話すと、客席から「お願いします!」と掛け声が上がり、会場は笑いとともに温かいムードに包まれる。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
ヒトリエ 撮影=西槇太一
ヒトリエ 撮影=西槇太一
そのムードを一気にライブへの熱量へと変えるイガラシの爆音のベースソロから「踊るマネキン、唄う阿呆」、「トーキーダンス」とヒトリエのライブ鉄板曲とも呼べるアップナンバーを立て続けに演奏。
「wowakaより愛を込めて」と披露された「アンノウン・マザーグース」では、シノダ、イガラシ、ゆーまお、オーディエンスが一体となってサビをシンガロングした。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
その余韻から間髪入れずにバラード曲「青」を切々と歌い上げると、フロアには再び泣き声とともに沈痛な空気が訪れた。
最後の曲に入る前、シノダは今後のヒトリエについて「正直僕ら、『これからどうしていこうか』みたいな事は全然決まってなくて。でも、少なくとも解散はしないと思います」と語り、ファンから大きな拍手を浴びた。
「最後の曲は、絶対みんな歌える曲だと思うんだ。天国のwowakaに聞こえるぐらいみんなででっかい声で一緒に歌おうよ。」と語りかけ、wowakaがボーカロイド曲として発表し、ヒトリエのライブでも披露されていた「ローリンガール」を最後に演奏。
“もう一回,もう一回。”とヒトリエのライブのアンコールを求める際にもファンにはおなじみとなっている歌詞をメンバー、オーディエンスがそれぞれの感情をまき散らしながら絶唱した。
「ありがとうございました。そして、本当にwowakaありがとう」とシノダが感謝を述べてメンバーがステージを降りると“もう一回!”のコールが会場に鳴り響く。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
そんな中、再びステージに映像が投影される。スクリーンに映し出されたのは2018年に行われた『ヒトリエ UNKNOWN-TOUR 2018 “Loveless” 』から、ツアーファイナル東京・EX THEATER ROPPONGIのアンコール最後の曲として届けられた「リトルクライベイビー」の映像だった。
wowakaが「あなたが付いて来てくれるなら、俺はどこまででも行ける気がしてます。いつもありがとう。俺を作ってくれてありがとう。」と語りかけ、演奏を終えた後「また絶対、絶対に会いましょう。気をつけて帰れよ!」と笑顔で語る姿に、オーディエンスは感謝の言葉とともに惜しみない拍手を送った。再びステージに暗幕が下り、ヒトリエのシルエットロゴとともに“HITORIE”、 “wowaka”の文字が現れ追悼会は終了したが、観客はフロアに残ったままwowakaへの想いを込めた拍手が鳴り響き続けた。
ヒトリエ 撮影=西槇太一
この追悼会の模様は、ニコニコ生放送でも配信され、当日会場に来ることの出来なかった約40,000人 が視聴し、愛のあるコメントでお別れを惜しんだ。番組内で一部映像トラブルがあったことから、6月9日に再放送が決定した。
ヒトリエ 撮影=西槇太一

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。