人気声優・早見沙織が歌う「夢の果てまで」は大正時代の女性の心情

人気声優・早見沙織が歌う「夢の果てまで」は大正時代の女性の心情

人気声優・早見沙織が歌う「夢の果て
まで」は大正時代の女性の心情

優しい声質を持つ声優・早見沙織

早見沙織の歌声は、優しい声が特徴的だ。東京都出身の早見沙織は、幼いころから母親の影響でジャズやJ-POPなどの様々な音楽に慣れ親しんできた。小さいころから、歌うことが大好きだったと本人談もある。そして、中学生に進学した頃から声優学校へ通いながら、ジャズボーカルを習い始める。早見沙織の音楽の原点は、ジャズが大きいようだ。
今回は、早見沙織3rdシングル『夢の果てまで』について紹介をしていく。
作詞・作曲は竹内まりや
『夢の果てまで』の作詞と作曲を手掛けたのは竹内まりや。この表題曲は、早見沙織が主人公の花村紅緒役を務めた『劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』の主題歌になっている。
『夢の果てまで』は、歌謡曲のようなサウンドが印象的だ。歌謡曲調のサウンドの中にエレキギターとヴァイオリンの音色が響くので、アニメファンだけでなく一般の音楽ファンも虜にされるような曲だ。一度聴くと、何度も聴きたくなる昔懐かしいメロディーが特徴で、何度も聴いていると口ずさみたくなる曲調になっている。
10代を思い出す懐かしい気持ちへ
Aメロの歌詞を紹介していく。浪漫(ロマン)の香りは、『はいからさんが通る』の主人公の紅緒が過ごした大正時代を表している。「じゃじゃ馬娘」は、物語の中に登場する天真爛漫な主人公の紅緒の愛称で、呼び名みたいなものだ。作中に登場する言葉を、竹内まりやの巧みな手法で歌詞の中に散りばめているのも、『夢の果てまで』の魅力的なところ。アニメの物語と一緒に歌詞カードを見るのも楽しい曲だ。
いつの時代にも、女性は輝いていたいという紅緒の思いが「誰もが小さな 夢を見て生きてる」の中に含まれている。そして「ああ! くじけそう そのたびにあなたの笑い声をいつも想い出す」の歌詞の部分は、紅緒にいつも笑いかけてくれる婚約者の伊集院忍(少尉)のことがここでは描かれている。
最初は、親が決めた結婚に前向きではなかった紅緒の気持ちの変化が物語の中でもわかりやすく表現されていて、心の変化が曲中でも表れている。くじけそうなときに思い出すのは、気づいたら少尉のことだった紅緒の心の内がわかる。

勇気こそが幸せをつかむチャンス!

サビの歌詞を紹介する。「時代を跳び越えて 進んでく勇気を」は、大正時代の女性を表していると考える。窮屈な毎日の中で、時代を超えて進んでいかなければならない女性の強さを、『夢の果てまで』の中で一番力強く、早見沙織の歌声で表現されてるのがサビ部分といえる。柔らかく優しい歌声の早見沙織と紅緒が重なる部分でもある。
過去の自分とはさよなら、新しい自分へ
Bメロサビの歌詞を紹介する。Bメロサビでは、映画『はいからさんが通る』の後半で描かれる婚約者との別れを意味する大事なフレーズが詰まっているように感じる。
生きていたらくじけそうになるけれど、クヨクヨもしてられないという意味も込められているようだ。「古い上着捨て 生まれ変わる今」の歌詞では、新しく生まれ変わる瞬間が描かれている。
ラストで「夢の果てまで」が登場
ラストのサビの歌詞を紹介する。ラストのサビで初めて、この曲のタイトルである「夢の果てまで」という言葉が出てくる。大正時代に生きる強い女性の象徴である”紅緒”を表現するために、曲のタイトルを惹きつけるためにわざと最後に一回だけ登場させているのだと考える。
「私の未来は 自分で決めるわ どんなに 険しい道でも」で締めくくられた歌詞は、紅緒の未来に険しい道があっても、きっと乗り越えらえるだろうというメッセージとともに映画の後編に続く鍵になっている。
竹内まりやが、声優に楽曲提供をしたのはこれが初めてだ。映画の主題歌ということで、物語にリンクするような歌詞の世界観とメロディーが印象深くある。ぜひ、『夢の果てまで』という曲を聴いてみて欲しい。
TEXT pooh_nm77

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」