【高橋優】『全国ホール&アリーナツ
アー 2016-2017「来し方行く末」』2
017年4月2日 at 横浜アリーナ

取材:田中 大

 高橋優にとって初となる横浜アリーナ単独公演2日目。開演を待ちきれない様子の観客の間から手拍子が沸き起こったあと、SEが流れてバンドメンバーたちが登場。そして、高橋も現れて、「TOKYO DREAM」がスタートした。激しくギターを掻き鳴らし、言葉や想いをあふれ返らせながら歌う姿が雄々しい。続いて「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」や「太陽と花」も連発され、会場は瞬く間に熱い一体感に包まれた。

 最新アルバム『来し方行く末』の曲の他、お馴染みのナンバーも盛り込まれたセットリストは、高橋の現時点での集大成とでも言うべき濃い内容だった。事前にリクエストを募った特別企画『みなさんのターニングポイントとなった高橋優の来し方ソング』の結果を踏まえて披露された「少年であれ」と「現実という名の怪物と戦う者たち」、その流れで美しいヴァイオリンの調べに彩られた「光の破片」、穏やかな大合唱が起こった「明日はきっといい日になる」などを経て、本編を締め括ったのは「BEAUTIFUL」。“みなさんとまた会える時まで、この想いがみなさんの側に居続けられますように!”という言葉を添えて披露されたこの曲は、温かい感動を呼んでいた。

 アンコールで届けられたのは新曲「ロードムービー」、明るい手拍子が起こった「福笑い」。そして、「リーマンズロック」がラストを飾った。“また会いに来るからまた笑おうぜ! 明日からまた頑張ろうぜ!”という言葉とともにエンディングを迎えた時、観客のさわやかな歓声と拍手が高橋を包んだ。

セットリスト

  1. TOKYO DREAM
  2. (Where’s) THE SILENT MAJORITY?
  3. 太陽と花
  4. アイアンハート
  5. 拒む君の手を握る
  6. Cockroach
  7. 君の背景
  8. 花のように
  9. 運命の人
  10. さくらのうた
  11. 少年であれ
  12. 現実という名の怪物と戦う者たち
  13. 光の破片
  14. 産まれた理由
  15. BE RIGHT
  16. パイオニア
  17. Mr.Complex Man
  18. 明日はきっといい日になる
  19. 泣ぐ子はいねが
  20. BEAUTIFUL
  21. <ENCORE>
  22. ロードムービー
  23. 福笑い
  24. リーマンズロック
高橋優 プロフィール

タカハシユウ:1983年12月26日生まれ。札幌の大学への進学と同時に路上で弾き語りを始め、08年に活動の拠点を東京に移し、10年7月21日、シングル「素晴らしき日常」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。13年11月には日本武道館での単独公演を成功させた。デビュー5周年迎える15年7月にはベストアルバムをリリースし、同月25日には秋田県の秋田市エリアなかいちにてフリーイベントを開催。高橋 優 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着