L→R HIDE(Gu)、MASAMU(Ba)、G-YUNcoSANDY(Vo)、MISSY (Gu)、WANI(Dr)

L→R HIDE(Gu)、MASAMU(Ba)、G-YUNcoSANDY(Vo)、MISSY (Gu)、WANI(Dr)

【トライアンパサンディ】変化球を鋭
く見せるための真っ直ぐ

独自のミクスチャーサウンドで異彩を放つトライアンパサンディ。2ndミニアルバム『パラノイアン"X"』での変化をG-YUNcoSANDY(Vo)、HIDE(Gu)、WANI(Dr)に訊く。
取材:帆苅智之

トライアンパサンディ(以下、トラパ)のサウンドは所謂ミクスチャーロックに分類されると思うのですが、楽曲の構成が破天荒というか、奇天烈なものも少なくないですよね(笑)。

G-YUNcoSANDY
メンバー自身にも“これはどういうジャンルなんだろう?”みたいな感じがありますよ(笑)。

今作で言えば、「ノウナイサイセイ」。メロディーからしてジャンル分けしづらいタイプです。

HIDE
あれは最初に俺がリズムとリフを作ったんですけど、その時は無国籍風のメロディーは乗ってなくて、Bメロが決まってから、アレンジャーのRyo-Heyと一緒に楽曲を組み立てていくうちに全体像が見えてきたんです。
G-YUNcoSANDY
トラパはA→B→サビという作り方をあんまりしないんですよ。そのBメロもBPMが違うまったく別のネタとしてあったものなんです。引っかかるものを作りたいという気持ちが毎回あるんですけど、この曲も“あれをここにはめてみない?”ってやってみたら、いい感じになったという。

とすると、リズム隊は単純にリズムをキープするわけじゃなさそうですから、ドラム&ベースには結構負担がかかっているのでは…と想像できますが。

WANI
はい(笑)。Ryo-Heyが打ち込みでリズムパターンを作るんですけど、その時点で“これ、人間が叩けるのかな?”というものが結構あります(苦笑)。逆に言うと、自分にはないフレーズを持ってくるので、俺にないものを引き出してもらっていて、それを完コピするという感じですね。“人間じゃ追いつかねぇな”というところは自分流にアレンジしましたけど(笑)。

なるほど(笑)。ただ、今作は前作に比べてアレンジがすっきりしている印象があるんです。この辺、メンバー自身はどう感じていますか?

G-YUNcoSANDY
確かに。いつも楽曲の方向性がないまま作っているから、迷いも生まれるんですよ。そこで“今回はストレートなものがあっていいんじゃない?”って話もして。
HIDE
変化球をより鋭く見せるための真っ直ぐみたいな感じですね(笑)。

具体的には「ミドリ」「Self」「たまには誰かと帰ろう」の後半3曲。どれもストレートなロックチューンだと思います。

G-YUNcoSANDY
私たちはいろんなバンドを経験してきて今トラパをやっているので、その言われた曲は少し古いタイプと思っていたんです。少なくとも私は。でも、あるバンドマンから“真っ直ぐなものを求めている人だっているんじゃない?”って言われて、“過去の私を含めたメロディーでもいいのかな”って思ったんです。奇抜なところばかりやるんじゃなくて、そういう曲もやることで、どちらも映えるじゃないですか。

昔の自分も躊躇なく出してみたということですか?

G-YUNcoSANDY
そうですね。メロディーもそうですし、歌詞もそうです。今までひねった内容で、聴き手に解読してもらうような歌詞を書きがちだったんですけど、今回は“ネガティブなままで完結する歌詞でもいいんじゃないか”と思って「Self」を書いたし、今まで書けなかったところも書いていいのかなって今になって思ったんですよ。お客さんにもトラパをもっと知ってほしいし、“自分がいいと思う音楽をどういうふうにしたらもっと広げられるんだろう?”と考えたら、自分自身の至らないところとかがメッチャ見えたんです。自分自身の汚いところも見たり、そういうところで変化、成長したのかもしれないですね。
『パラノイアン”X”』
    • 『パラノイアン”X”』
    • NBDL-0030
    • 2015.09.09
    • 1800円
トライアンパサンディ プロフィール

トライアンパサンディ:2012年、G-YUN(ex/GOLLBETTY)のソロ活動をきっかけに結成した5ピースロックバンド。疾走感あふれる4ビートダンスロックチューンを中心に、超絶キャッチーな楽曲でフロアーを熱狂へと誘う。圧倒的存在感を誇るヴォーカルG-YUNcoSANDYの独創的な世界観とパフォーマンスは必見!トライアンパサンディ オフィシャルHP

GOLLBETTY プロフィール

ゴルベティー:2004年結成の名古屋在住7人組スカロックバンド。06年1月ミニアルバム『SOUL FRESH!』にて全国デビュー。07年5月には2ndアルバム『GOLL&RESPONSE』をリリースし、同ツアーはSOLD OUTが続出し、各地で旋風を巻き起こす。大注目を集める中、08年1月、シングル「COOL MUSIC」でメジャーデビューを果たした。10年7月4日の名古屋ダイアモンドホールでのワンマンライヴをもって活動を終了。GOLLBETTYオフィシャルサイト
GOLLBETTYオフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着