運命の風を受け大舞台へ出航!「ARGONAVIS」が心を撃ち抜く

運命の風を受け大舞台へ出航!「ARGONAVIS」が心を撃ち抜く

運命の風を受け大舞台へ出航!「ARG
ONAVIS」が心を撃ち抜く

バンドリ発ボーイズバンドアニメ「ARGONAVIS」とは?

▲【CM】ボーイズバンドプロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!」
そこには爆発寸前のエネルギーが渦巻いていた。
あのとき僕の胸を掴んだ何か、その正体を今も探している。
主人公の心の動きを感じられるモノローグが印象的なアニメ『ARGONAVIS from BanG Dream!』。
この作品は、手書きタッチのCGで描かれた美麗なキャラクター達、成長が期待できる若手声優達の歌唱力、心を揺さぶる歌詞とエネルギッシュな音楽が絶妙に織り混ざった音楽アニメです。
ブシロードが贈る人気コンテンツ『BanG Dream!』(通称バンドリ)のボーイズバンドプロジェクトとして誕生したメディアミックス作品で、ブシロード初のイケメン作品となっています。
2018年5月のプロジェクト開始からアニメに至るまで、出演声優による生演奏ライブとCDリリース、YouTubeでのボイスドラマや生放送配信、漫画の連載、Webラジオ配信など多岐にわたる活動を実施。
2020年4月10日から待望のテレビアニメが放送開始し、年内にリズムゲーム『アルゴナビスfrom BanG Dream! AAside』の配信が予定されています。
ゲームは、アニメ放送開始前の時点で事前登録者数5万人を記録。
アニメ『ハイキュー!!TO THE TOP』放送後にプロモーション番組が放送され、TV放送前から期待度が上昇しています。
アニメ『ARGONAVIS』は、今話題の作品なのです。 
全速前進!アルゴナビスの船出が始まる
▲ARGONAVIS from BanG Dream! ANIMATION PV
物語の舞台は、北海道・函館。
主人公の七星蓮は、コミュニケーションを取るのが苦手な大学一年生です。
幼き日、蓮は父に連れられたライブ会場の熱量と迫力のパフォーマンスに心を奪われます。
大学生になった今もライブの熱さの正体を探す日々を過ごしていました。
ある日、一人カラオケで歌う蓮の歌声を聴いた結人と航海は、彼の歌声に胸を打たれます。
「これは運命だ! 一緒にバンドをやろう!」
探していたボーカルを見つけた二人ですが、突然のことに驚いた蓮は逃げ出してしまいます。
果たして蓮はバンドに参加し、探していた答えを見つけられるのでしょうか?
輝く大ステージへ向かう「アルゴナビス」の航海が始まります。
▲テレビアニメ「アルゴナビス from BanG Dream!」2020年春 放送!
音楽を通して初めての仲間を見つけ、自分の殻から一歩踏み出した蓮をはじめ、ライバル達と競い合いながら成長する「アルゴナビス」の5人。
たまたま同じ大学に通っていた5人が偶然の出会いを果たし、この幸運をチャンスに困難に負けず運命を切り開く姿がとにかくかっこいいです。
ライブシーンは、出演声優のライブパフォーマンスをモーションキャプチャーで丁寧にトレース。
彼らのリアルなパフォーマンスは、彼らが目の前にいるように感じることができ熱く胸が高鳴ります。
5人の出会いから始まるので、初めて作品に触れる方も安心して楽しむことができますよ。
アルゴナビスの5人が家族のような温かい関係になるまでのドラマ、手強いライバル「GYROAXIA(ジャイロアクシア)」との出会いが彼らにどんな刺激をもたらすのかワクワク満載のストーリーをお見逃しなく。
かっこよくてため息が出る対照的な2バンドに注目!
画像引用元 (Amazon)
ここからは、アニメに登場する魅力的なバンド2組を紹介します。
『Argonavis』は、函館の大学に通う男子大学生バンド。
メンバーは、天性の才能を持つボーカリスト・七星 蓮(CV.伊藤昌弘)
熱血行動派のリーダーでGt.の五稜 結人(CV.日向大輔)
思慮深い性格の持ち主で結人のブレーキ役のBa.的場 航海(CV.前田誠二)
何でも器用にこなせて、再び熱くなれるものを探していたKey.桐生 凛生(CV.森崎秀太)
実家の酪農場を守るため大金を稼ぐ野望を抱くDr.白石 万浬(CV.橋本祥平)
グループ名「Argonavis」の由来は、巨大星座「アルゴ船座」です。
ギリシャ神話に登場するヘラクレスら英雄が果てしない航海をした巨大船で、アルゴ船座は今は4つの星座に分断されています。
大きな船に全員が乗り込み、5人の力で進むことをコンセプトに名付けられました。
彼らひとりひとりには抱えている悩みや葛藤があり、仲間と協力しながらどう克服するのか、どんな成長を遂げていくのか期待せずにはいられません。
▲ARGONAVIS from BanG Dream! ボイスドラマ#1
そんな彼らのライバルである『GYROAXIA』は、大学生ながらメジャーデビュー目前の実力派バンド。
ボーカルは、圧倒的な存在感を放つ旭 那由多(CV.小笠原仁)。
彼を中心にGt.で沈着冷静なリーダー・里塚 賢汰(CV.橋本真一)、同じくGt.の頑固で努力家の美園 礼音(CV.真野拓実)、Ba.で自称宇宙からやってきた男・曙 涼(CV.秋谷啓斗)、Dr.でストイックな色男の界川 深雪(CV.宮内告典)が支える絶対的強者バンドです。
音楽性もグループとしても全員が力を合わせるArgonavisとは正反対。
2大バンドが出会い、ぶつかることでどんなドラマが生まれるのでしょうか。
熱い音楽と白熱のライブシーン、仲間とのアツい絆、毎回どんな歌が登場するのかワクワクが止まりませんね。
見たらハマる!?スタッフもキャストも実力派揃い!
▲「ゴールライン」アニメーションMV short ver.
アニメ『ARGONAVIS from BanG Dream!』は、実力派スタッフが集結した、情熱あふれる作品です。
アニメーション制作は『BanG Dream!』2期・3期を手掛けたCGアニメ会社サンジゲン。
ストーリー原案は『BanG Dream!』のストーリーや作詞を担当してきた中村航が引き続き担当しています。
監督は『とある魔術の禁書目録』シリーズの錦織博が務め、脚本・シリーズ構成に『宇宙戦隊キュウレンジャー』の毛利亘宏を起用。
キャラクター原案は漫画『憂国のモリアーティ』の三好輝が担当しています。
リアルに再現された函館の町並み、吸い込まれるような満天の星空、キャラクター達の繊細な感情の動き、どれをとっても最高レベル。
画面に釘付けになるほど魅力満載で、見れば見るほどどんどんハマれるでしょう。
▲【ダイジェスト映像】BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE「VOICE-星空の下の約束-」
そして、出演声優達は既に『Argonavis』、『GYROAXIA』としてライブ活動中。
声優陣もアニメキャラと同じくイケメン揃いで歌唱力も演奏もレベルが高くて最高です。
Argonavisは『バンドリ』のPoppin’ Partyがデビューを飾った下北沢GARDENでデビュー。
舞浜アンフィニシアターでの1stライブ、幕張メッセでの1.5the LIVE、東京ドームシティーホールでの2ndライブを成功させました。
特に、七星蓮役・伊藤昌弘の透明感のあるボーカルが最高にきらめいていて、彼らの作り出す音楽の世界に引き込まれます。
Argonavisの2ndライブでは、サプライズでGYROAXIAの生演奏ライブが初披露。
旭 那由多役・小笠原仁のラウドボイスとダイナミックなロックサウンドに痺れますよ。
ふたりの対照的なボーカルと二組の対照的な演奏を、アニメとライブでじっくり堪能してくださいね。
物語のスタートを彩る「星がはじまる」
▲【CM】ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」万浬ver.
オープニングテーマは2バンドそれぞれにあります。
Argonavisが歌う『星がはじまる』は、軽やかなピアノの音色が輝きを与えるポップチューン。
作詞はストーリー原案の中村航とUNISON SQUARE GARDENの田淵智也、作曲も田淵智也が手掛け、1stシングル『ゴールライン』を生み出した渡辺拓也が編曲をしています。
田淵智也が生み出したきらびやかでドラマティックな音楽が、伊藤昌弘のハリと透明感のある高音の歌声に見事にマッチ。
爽やかでキラキラした世界に魅了され、聴き入ってしまいます。
メロディーもボーカルもクオリティが高く、心地よくて何度も聴きたくなりますね。
歌い出しと1番の終わり、歌の最後に「諦める運命じゃないよね」がキャッチーなメロディーに乗って歌われ、最初から最後まで彼らのポジティブなエネルギーを感じられるでしょう。
Argonavisの結成を描くアニメにふさわしい未来や希望を感じさせる、そしてライブの定番になるであろう爽快感溢れる楽曲です。
星がはじまる 歌詞 「Argonavis」
https://utaten.com/lyric/qk20041099
ロックバンド界の最強タッグが贈るクールナンバー「SCATTER」
▲【CM】ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」深雪ver.
もうひとつのオープニングテーマ『SCATTER』を歌うのは、GYROAXIA。
作詞は、ロックバンド「ROOKiEZ is PUNK'D」のボーカル・SHiNNOSUKE。
作曲・編曲を「SPYAIR」のUZが担当しています。 
このタッグの名前を見ただけで圧倒されるほど最強の存在感を放つ楽曲です。
歌詞も「運命なんて握りつぶしてく」「世界中が敵になって立ちはだかっても 自分の道進むだけ」と、圧倒的な自分の力を信じて突き進む那由多らしさが詰まっていて、かっこいいですよ。
GYROAXIAの奏でるヘビーなロックサウンドとUZが生み出したキャッチーなメロディー、圧倒的な力で夢を掴もうとする歌詞が最高に合っていて、聴く度にメロメロになりそうです。
GYROAXIAらしいクールでパンチの効いたオープニングテーマですね。
今がゴールじゃない!エネルギー溢れる名曲「ゴールライン」
画像引用元 (Amazon)
まだまだArgonavisには魅力的な楽曲がありますよ。
Argonavisのデビュー曲『ゴールライン』は、清涼感溢れる音楽と突き抜けるボーカルがクセになる楽曲です。
アニメ『ハイキュー!!TO THE TOP』の次回予告後、この楽曲のアニメーションPVが流れたことで知った方もいるのではないでしょうか。
どこまでも伸びていく歌声のパワフルさと爽快感、元気を貰える歌詞と演奏にハマる人が続出中。
この楽曲で伊藤昌弘の歌唱力の高さ、表現力の高さに魅了された男性ファンも多いでしょう。
▲Argonavis「ゴールライン」Music Video
ゴールライン 歌詞 「Argonavis」
https://utaten.com/lyric/qk19025090
歌い出しやサビ前の「いつか見た未来にたどり着いたかい?」のアカペラがまるで自分に問いかけているように感じられ、歌詞の言葉ひとつひとつが胸の奥まで届いてくるでしょう。
サビに必ず盛り込まれている「今がゴールじゃないんだよ」も、演奏とボーカルに温かさと希望があふれていて、元気や一歩踏み出す勇気が湧いてきますね。
終わりが見えないことを決してネガティブに捉えず日々成長を重ねていく歌詞と最高にアガる爽やかなメロディーが心にぐっときます。
Aメロ前や2番の前にメンバー達のコーラスが入り、気分がノリノリに。
5人の気持ちと会場の熱気が一体となる感覚が最高ですね。
これからの活躍と成長を期待せずにはいられない名曲です。
ライブにゲームに大盛り上がり!今年は「ARGONAVIS」がアツい
▲アプリゲーム「アルゴナビス from BanG Dreams AAside」2020年後半配信開始!
アニメ『ARGONAVIS from BanG Dream!』は、2020年4月10日からTBS・MBS系のスーパーアニメイズム枠で好評放送中です。
2020年後半にはスマートフォンアプリゲーム『ARGONAVIS from BanG Dream AA side』のリリースが予定されています。
ゲームでArgonavisは日本最大級の野外ライブフェスに出場するべく北海道を飛び出し、舞台は東京へ移ります。
ライバルのGYROAXIAはもちろん競合相手は実力派揃い。
名古屋発ビジュアル系社会人バンドFantôme Iris(ファントムイリス)や長崎発の元気印のスカバンド・風神RIZING!、京都から世界を弄ぶ中高生テクノサウンドバンドεpsilonΦ(イプシロンファイ)と全国から個性と才能溢れるバンドが集まります。
キャストのなかにはランズベリー・アーサー、福山潤、代永翼、吉野裕行、酒井広大、立花慎之介など人気声優も出演しており、美麗なキャラクターと美声にうっとりしてしまうこと間違いないでしょう。
どんなリズムゲームになるのかワクワクしますね。
きっとお気に入りのキャラクターや推したいバンドが見つかるはず。
事前登録でゲームで使える豪華アイテムやプレゼントに応募できるので、事前登録してゲームで『ARGONAVIS』の世界を堪能してみてくださいね。

2020年4月28日・29日には舞浜アンフィニシアターで3rdライブも開催予定。
ArgonavisとGYROAXIAが同じステージの上で会場を熱狂させることでしょう。
まだまだアツく盛り上がる『ARGONAVIS from BanG Dream!』にあなたも触れて楽しんでみてくださいね。
▼最新情報はこちらから
▷アニメ公式サイト
▷ARGONAVIS公式Twitterアカウント
▷スマートフォンゲーム公式サイト
▷スマートフォンゲーム公式Twitterアカウント

TEXT Asakura Mika

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着