エドガー・サリヴァン 佐々木 萌『東京文化びと探訪』

エドガー・サリヴァン 佐々木 萌『東京文化びと探訪』

エドガー・サリヴァン 佐々木 萌
『東京文化びと探訪』
- 第十二回『食べることが文化』
土井善晴 -

お上りさんの私が、これから素敵な文化びとになるべく
毎月、これまで出会った尊敬すべき文化人たちに触れていきます。

日々創作にあたってアイデアの欲しい生活のなか、
時間の節約のため出前をとったり外食したりせずに、敢えてほんの少しだけの手間をかけて料理をすると、心が落ち着く。

最近、SNSなどでよく見かけるような30秒レシピやインスタグラムで目立つ見栄えの鮮やかな料理をよそ行きのおしゃれだとすると
土井さんの料理は肌身離さず着る下着だったり、それを着る健康な身体そのもののように思う。

心と身体と生活の基盤をつくるのだ。
美味しいものを作るためのコツとして
「まずく作らなければええんや」という。

彼のSNSやテレビの料理番組で見る
歯に衣着せぬ物言いや、ときに大雑把ともとれる分量(ホントの意味での適量だろう)
これは軽快なトークが単純にとてもとても面白くて好きなのだけど、
これがいつも本質をついているなと感じるのだ。

自分の味覚の発見を探さず、決められた0.数グラムの分量を神経質に測っていくのが落ち着いた料理への向き合い方ではない。

大衆が観る番組で発信するにあたって、料理は勿論もとの知識はある程度必要だし、センスというものがあるから番組をみた全員が全員同じように感じることはないと思うが。
私は、いつも文化として学んだり、新しい発見を探したりして
そして気楽に、丁寧に、食と向き合うこと大切に暮らしていきたい。


追記:土井さんのような男性…タイプだ。。




マジの追記:
今まで音楽家をはじめ発明家、建築家、役者、小説家、作詞家、など色々な文化人に触れてきたこの連載も今回最終回を迎えます。

まだまだこれから出会う文化人たちの数知れないこと。。
東京で暮らすあいだは、できるだけ多くのカルチャーに絡まりながら生きていきたいと思うのです。
エドガー・サリヴァン プロフィール

エドガー・サリヴァン:佐々木萌(Vo)のパーソナルなリリックと歌声、坂本遥(Gu)のオルタナティブなギタープレイが融合したハイファイでキャッチーなサウンドは、唯一無二の都会的センスと圧倒的完成度を持って他に類を見ない次世代の音楽を生み出す。また、クラブミュージックからロックカルチャーまで自在に横断しながら生み出す柔軟なトラックメイクは、同世代の共感を求めながらも簡単にポップスという枠に収まることなく、正に最新のミクスチャースタイルを提示している。エドガー・サリヴァン オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着