2019年8月18日 at メットライフドーム

2019年8月18日 at メットライフドーム

【GLAY ライヴレポート】
『GLAY 25th Anniversary
“LIVE DEMOCRACY”』
2019年8月18日
at メットライフドーム

2019年8月18日 at メットライフドーム(photo by 橋本 塁)
2019年8月18日 at メットライフドーム(photo by 橋本 塁)
2019年8月18日 at メットライフドーム(photo by 橋本 塁)
2019年8月18日 at メットライフドーム(photo by 岡田裕介)
2019年8月18日 at メットライフドーム(photo by 岡田裕介)
 “悪いGLAY”と名付けられた2デイズ公演の2日目。前日の“良いGLAY”では全体的にさわやかなナンバーをセットリストに組み込み、ファン投票で選ばれた本公演で演奏してほしい楽曲ベスト3を披露したので、“2日目は激しめの曲で攻めてくるんだろうな”と高を括っていたら、GLAYの悪巧みはその想像の斜め上を行った。オープニングでメンバー4人のダミー(≒影武者、偽物)が登場し、その後は何と「FATSOUNDS」を3度繰り返し演奏と、ド頭から壮大な悪ふざけ。“GLAYの闇営業へようこそ!”とTERU(Vo)のMCも荒い。「YOUR SONG」でゲストに招かれたMISIAもこの日の空気に当てられたようで、登場するや否や“今日は事務所を通してません”と軽口を叩く“ヤミーシャ”(TERU命名)へと変貌していた。

 もしかして今後GLAYが目指すところは “世界最大のカルトバンド”ではないかと、公演中からちょっと真面目にそんなことを考えてしまった。「SHUTTER SPEEDSのテーマ」は本来、1番のAメロをJIRO(Ba)が歌い、そこからTERU(Vo)へとつないでいくのだけれど、この日はそのJIROパートをHISASHI(Gu)が歌った。このバージョンは相当に珍しい(私は初めて観た)。後半では前日のベスト3とは真逆に、人気投票ワースト3の楽曲を披露。その最下位「WHY DON’T WE MAKE YOU HAPPY」の獲得票数は1票だったというから、たったひとりのオーダーに応えたことになる。多くの人が真夏のコンサートでクリスマスソングを聴きたいと思わなかった結果であろう。人気投票のブービーとなった「Time for Christmas」では、赤いサンタ帽のJIROの頭上に雪の紙吹雪が舞っていた。過去のライヴでこんなにもコミカルなJIROを観た記憶はない。

 「coyote, colored darkness」の演奏前には、その映像SE的なかたちで20年前の東京ドーム公演でTERUが歌詞を忘れて演奏が中心になった映像がスクリーンに映し出された。ファンならばよく知るTERUの伝説的大失敗である。斯様に、この日はコアなファン向けと言えるような楽曲披露や演出が多々あった。3万人を動員し、テレビで生中継されているコンサートだと考えれば異例とも思える内容だろう。明らかに万人向けではなかったと思う。しかし、観客全員がそれを許容し、楽しんでいるのだから、これをカルトと言わず何と言おう。この規模でこれができるのは、世界を見渡してもGLAYしか考えられない。

撮影:橋本 塁、岡田裕介/取材:帆苅智之


セットリスト

  1. 1. FATSOUNDS
  2. 2. FATSOUNDS
  3. 3. FATSOUNDS
  4. 4. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  5. 5. BURST
  6. 6. はじまりのうた
  7. 7. サバイバル
  8. 8. TWO BELL SILENCE
  9. 9. COLORS
  10. 10. シキナ
  11. 11. YOUR SONG with MISIA
  12. ~Intermission~
  13. 12. SMILE
  14. 13.Time for Christmas
  15. 14. WHY DON’T WE MAKE YOU HAPPY
  16. 15. JUST FINE
  17. 16. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  18. 17. coyote, colored darkness
  19. 18. 彼女の“Modern…”
  20. 19. XYZ
  21. <ENCORE>
  22. 1. HOWEVER(TERU弾き語り)
  23. 2. 誘惑
  24. 3. BEAUTIFUL DREAMER

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着