TOTALFAT、アジア圏のメロコアシーン
を盛り上げる企画を始動

TOTALFATが、アジア圏のメロコアシーンを盛り上げるべく新しい自主企画<ASIAN PUNK FOUNDATION>を始動するという。

◆関連画像

6月27日(木)に新宿ACBにて行われる同企画第1回目のゲストは、韓国のポップパンク・バンド“RIOT KIDZ”。他にも日本のパンクバンドをゲストに招き開催されるようだ。

なお、昨年2018年8月に自国でリリースされたRIOT KIDZのアルバム『ANTIDOTE』の日本盤が7月にUK. PROJECTからリリースされる事も決定し、6月上旬からはApple Music、Spotify、LINE MUSIC等ストリーミングサービスで先行配信される。日本盤CDにはボーナストラックが2曲収録され、そのうち1曲はTOTALFATの「Dear My Empire」のカバーが収録される。


▲RIOT KIDZ


▲アルバム『ANTIDOTE』

本日5月16日から、TOTALFATモバイル会員サイト「FAT CLUB」でイベントのチケット先行がスタート、5月26日(日)10:00より一般発売が行われる。TOTALFATは10月にKuboty(Gt/Cho)の脱退が決定しており、Kubotyのラスト公演のチケットは即日完売した。Kuboty脱退前最後の自主企画のため、今回のチケットは早めにチェックしてほしい。

  ◆  ◆  ◆

■ Shun(Vo/Ba)による開催宣言

TOTALFATはアジア圏の国インドネシア、台湾、韓国でライブをしてきました。各地でルーツが同じパンクバンド(メロディックパンクバンド)たちと親交を深めつつ、まだまだたくさんの国からラブコールをいただいています。
日本から世界へ飛び出して活躍するバンドはTOTALFATを始めた2000年初頭から比べると格段に増え、各々のバンドの規模も少しずつ拡大している現状は素晴らしいことだと純粋に思っています。
日本人が世界へ届けるオリジナリティとクオリティ、強い魂はラウドロックやハードコアだけじゃなく、俺たちが体現するメロコアも負けてないんだって強く思っているからこそ、アジア圏で活動する各国のメロディックパンクバンド同士でリンクし合って新しいシーンを作りたい。
そんな想いをもってここに新イベント『ASIAN PUNK FOUNDATION』を立ち上げます!
アジア各国から日本へ、日本からアジアへ、ルーツを共にするバンドとバンドの架け橋の場所。そして、俺たちアジア人の奏でるパンクロックがこんなにカッコ良くて、ストロングなものなんだということをファンの皆にも心と身体で味わってもらいたい。
記念すべき第一回は韓国からRIOT KIDZを迎えて!みんなぜひ遊びにきてください!

  ◆  ◆  ◆
■TOTALFAT presents<ASIAN PUNK FOUNDATION vol.1>

2019年6月27日(木) 新宿ACB
OPEN 18:30 / START 19:00

w/RIOT KIDZ(韓国) and more…

TICKET 3,500円(入場時ドリンク代必要)

チケット:
・FAT CLUB先行…5/16(木)18:00 〜 5/20(月)23:59
・一般発売…5/26(日)10:00〜

■RIOT KIDZ『ANTIDOTE』(読み:アンチドーテ)

2019年7月17日(水)発売
RX-163 ¥1,800+税
形態:CD
レーベル:RX-RECORDS / UK.PROJECT

収録曲
01. CHANT
02. FAHRENHEIT
03. PART OF ME
04. MY WINDOW
05. FORECAST
06. YES MAN
07. ABOUT THAT SUMMER
08. MISS YOU
09. LONELY BOY
10. FAINTLY
11. HUSH
12. Dear My Empire(TOTALFAT Cover)

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」