ゴースト、サイン会のため渋谷に現る

3月21日(木・祝)に開催された<DOWNLOAD JAPAN 2019>にて日本で約4年ぶりのライヴを披露したスウェーデン出身のバンド、ゴーストが、日本初のサイン会のため夜の渋谷に現れた。

◆ゴースト画像

最新作『プレクウェル』(2018)は全米3位、第61回グラミー賞2部門ノミネートと、この4年半で世界での評価と人気は急上昇しており、久々の日本での“儀式”(=ライヴ)開始直前には大きな熱が押し寄せていた。仮面をつけたバンドが位置につき、フロントマンの“コピア枢機卿”(Cardinal Copia)が登場すると、オーディエンスは大歓声で歓迎、コピア枢機卿も「トーキョー」と何度もオーディエンスに呼びかけながら、「来日できて本当に嬉しい」と述べた。

バンドと共にヘヴィでポップな曲を繰り出し、フェスのためフルセットではないとはいえ、ゴーストの荘厳な世界観が反映されたステージセット、パイロや紙吹雪(コピア枢機卿の顔が印刷された666ドル紙幣プリントだった)も駆使された。「前回の来日から5年もかかったけど次はそんなに待たせない」というコピア枢機卿の言葉を信じ、フルセットを観られる機会を待ちたいところ。
※photo by Yuki Kuroyanagi

<DOWNLOAD JAPAN 2019>翌日の3月22日(金)には、タワーレコード渋谷店で自身初となる日本でのサイン会&撮影会を行った。サイン会参加券は発表すぐに上限枚数に達し、集まったファンはゴーストのTシャツ着用はもちろんのこと、顔にペイントをしたり、バンドメンバーのネームレス・グールズの仮面を被った5歳の男の子も参加し、コピア枢機卿は全員に対して紳士的にサインと握手や撮影などを行った。その後、コピア枢機卿は渋谷交差点に現れると写真撮影し、今回の来日最終日の夜を締めくくった。
なおゴーストは、メタリカの<WORLDWIRED TOUR 2019>ヨーロッパ・スタジアム・ツアーのサポート・アクトに決定している。メタリカは2018年にスウェーデンの権威ある音楽賞「ポーラー音楽賞」(音楽のノーベル賞と言われる)を受賞したが、その授賞式でゴーストは他のスウェーデンのアーティストと共に「エンター・サンドマン」のカヴァー演奏を披露している。

■プロフィール

2010年デビュー・アルバム『オーパス・エポニモウス』リリース、2013年セカンド・アルバム『インフェスティスマム』とデイヴ・グロールのプロデュースによるカヴァーEP『If You Have Ghost』をリリース、2014年<サマーソニック>で初来日、2015年サード・アルバム『Meliora』が全米TOP 10入り、収録曲の「Cirice」が2016年にグラミー賞「最優秀メタル・パフォーマンス」を受賞。2018年6月リリースの最新アルバム『プレクウェル』は第61回グラミー賞「最優秀ロック・アルバム」に、シングル「ラッツ」は同「最優秀ロック・ソング」にノミネート。

ゴーストは、写真やライヴではその素顔がわからず、デビュー時から長いこと正体不明のバンドだったが、2017年8月、トビアス・フォージという人物がゴーストを仕切っているのは自分であるとついに明かした。トビアスは、ゴーストの全作品のディレクターであり、各アルバムのフロントマンのキャラクター(『プレクウェル』ではコピア枢機卿。過去作ではパパ・エメリタス1世~3世)の生みの親であり、全作品のシナリオ/歌詞/ミュージック・ビデオ/ワードローブ/アートワーク/映像まで、すべてを手掛けている。トビアスは海外ロック・メディアLOUDWIREの「2018 メタル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出。また、『プレクウェル』は全米チャート3位、全英チャート5位を記録し、新世代のメタル・バンドの先頭を切っている存在となっている。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。