2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ

2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ

【Helsinki Lambda Club
ライヴレポート】
『Helsinki Lambda Club
『Tourist』発売記念
スペシャルパーティー"物見遊山"』
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ

2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(Helsinki Lambda Club)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
2018年12月9日 at 青山 月見ル君想フ(DSPS)
 Helsinki Lambda Clubが12月5日にリリースした2ndアルバム『Tourist』は、結成5周年という節目でバンドの足元を固めるどころか、さらにジャンルを取っ払った自由奔放な作品だった。そんな同作のリリースツアーは2019年1月からとまだ先だが、12月9日に青山 月見ル君想フで行なわれたリリースパーティーには、その新譜でバンドの好調さを感じ取ったファンも多く駆け付け、満員御礼となった。

 多様な楽曲を生み出した『Tourist』のリリースを記念し、橋本 薫(Vo&Gu)が打ち出した本公演のテーマは“ひとつにならないことを共有する”。満月を掲げた幻想的なステージには、まず台湾を中心に活動するギターポップバンドのDSPSが登場。メロウなサウンドを響かせながら、透き通るヴォーカルと時折不規則になるドラミングでフロアーを惹き付け、ライヴハウスとか国境とかそういった概念を感じさせない不思議な空間を作っていく。

 緊張感もほどけたところでバトンタッチされたHelsinki Lambda Clubは、えぐみのあるリリックが特徴のミドルナンバー「しゃれこうべ しゃれこうべ」をじっくりと聴かせる。最新作の1曲目に収録された「マリーのドレス」のリズミカルなコーラスワークで魅了すると、次はライヴで定番のグルービーな「ユアンと踊れ」でフロアーを躍らせた。曲ごとに毎回ノリ方が変わるセットリストもこの日のテーマを具現化していて、“物見遊山”というイベントタイトルの如くバンドをいろいろな角度で見物しているような感覚。稲葉航大(Ba)がヴォーカルに挑戦した「ロックンロール・プランクスター」は、メンバーが笑みを浮かべながらプレイしている部分でもその完成度への自信がうかがえ、熊谷太起のギターリフが高揚感を煽るファンキーな「PIZZASHAKE」では程良い脱力感が癖になる。ミディアムテンポの楽曲だけでも充実したステージを作り上げられる実力を改めて思い知った。

 アンコールはアップテンポな3曲で盛大な締め括り。彼らが確立した“やりたいことをやる”というシンプルで最強のバンドスタイルに拍手を送りながら、MCの“来年は海外進出したい”というひと言にも期待が高まる。

撮影:マスダレンゾ/取材:千々和香苗


セットリスト

  1. 【DSPS】
  2. 1. 住在你的腦袋
  3. 2. D.S.P.S.
  4. 3. 我想進入感情的海洋
  5. 4. 我會不會又睡到下午了
  6. 5. 時間的產物
  7. 6. 少女輓歌
  8. 7. Unconscious
  9. 【Helsinki Lambda Club】
  10. 1.しゃれこうべ しゃれこうべ
  11. 2.lipstick
  12. 3.マリーのドレス
  13. 4.ユアンと踊れ
  14. 5. King Of The White Chip
  15. 6.引っ越し
  16. 7. Time,Time,Time
  17. 8. ロックンロール・プランクスター
  18. 9. PIZZASHAKE
  19. 10. Lost in the Supermarket
  20. 11. Boys Will Be Boys
  21. 12.シンセミア
  22. 13.目と目
  23. 14. Jokebox
  24. 15. NEON SISTER
  25. <ENCORE>
  26. 1. Skin
  27. 2. 何とかしなくちゃ
  28. 3. 宵山ミラーボール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着