L→R 田中雅功(がく)、髙田彪我(ひょうが)

L→R 田中雅功(がく)、髙田彪我(ひょうが)

【さくらしめじ インタビュー】
さくらしめじとしての
決意が込められている

さくらしめじの1st EP『うたはつづくよどこまでも』が完成した。今年は4月の1stフルアルバム『ハルシメジ』を発売し、7月には日比谷野外大音楽堂でのワンマンを成功させ、さらなる成長を遂げた彼ら。大きな変化を見せる新作への想いを訊いていこう。

1st EP『うたはつづくよどこまでも』はどんなテーマで制作されたんですか?

彪我
今年の7月に野音でライヴをやったんですけど、台風にもかかわらずたくさんの方が来てくれて、一緒に手拍子や合唱をしてくれたのが本当に印象的だったんです。これからもみなさんと一緒に歌いたいし、僕たちも歌い続けていきたいって感じて、その想いがそのまま今回のタイトルになってます。

全体的に曲の雰囲気が変わりましたね。

雅功
そうですね。僕らも高校2年生になって、少しずつではあるんですが、やっぱり大人の階段を上がってると言いますか…(笑)。今までのさくらしめじは聴く人に寄り添うような曲が多かったんですけど、いつも支えてくださるファンの方を僕らが支えていきたいし、背中を押したり、引っ張っていくアーティストになっていきたいって想いも強くなってきたんですよ。そういういろんな気持ちをEPに詰め込められたと思います。

リード曲「My Sunshine」はカッコ良さが出た楽曲になっていますね。

雅功
そうなんですよ。歌詞に《小聡明い(あざとい)影》って抽象的な歌詞があったりもするんですけど、いろんな人の心にしっかりと染みるような歌詞にもなっていて、また新しい僕らが見せられるんじゃないかってすごくわくわくしました。
彪我
さっき雅功が言ったように、この曲は歌でみなさんを引っ張っていくような、さくらしめじとしての決意が込められているので、僕たちの新しい一面も感じてもらえるかなと思っています。

決意表明の歌でもあると。基本、全体的に歌もサウンドもアタック強めですね。

雅功
力強さも今回のテーマのひとつでした。歌もギターも力強く、より相手の心の奥の奥に届くようにっていう感じは意識しましたね。
彪我
この曲はキーが高めなんですけど、あえて抑えて歌うっていうのを意識したんです。ギャップみたいなのが見えたらいいなというのがありました。
雅功
僕らなりの力強い歌になったと思います。

「スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜」はフォークソングで、しかもスプーンとフォークがモチーフになっている、ちょっとシュールな感じですね。

雅功
今まで意外と“ザ・フォークソング”をあまり歌ってなかったので、やってみようってことになったんです。普通に歌っても面白くないからスプーンとフォークを擬人化して、“スプーンが初恋をするとしたらフォークかな? ナイフかな?”とかスタッフの方と考えて作っていきましたね。

あと、AAAの「恋音と雨空」のカバーも意外でした。

雅功
僕がもともとAAAさんが好きで、今年の6月14日の結成記念ライヴでカバーしたのがきっかけでレコーディングしたんです。
彪我
オリジナルではひとりで歌っているのをふたりでハモってみたり、歌い分けを変えてみたりしたんです。AAAさんとは違う表情が見えるようになったと思ってます。

コレサワさんが楽曲を手掛けた「届けそこねたラブソング」も収録されていますね。

雅功
これも僕がコレサワさんのファンで。曲を作っていただけると聞いて超嬉しかったです。実際にお会いして、楽曲制作する時にはかなり無茶振りをしたんですけどね。僕は“大切な音楽に対する思いを歌いたい”、彪我は“きのことラブソングを掛けた歌が作りたい”って言って(笑)。

とんち出してるみたいですよ(笑)。

雅功
でも、それを全部入れてくださって。すごくいい曲だし、本当に嬉しかったです。切なくもあり、どこか前を向けるポジティブな歌詞にもなってるので、聴いた人に元気を与えられる曲だなって思います。

では、2018年を振り返ってどんな1年になりましたか?

雅功
やっぱり野音は僕らにとってターニングポイントになったと思いますね。ライヴや音楽に対する考えがすごい変わったんです。それまではライヴ前に“段取り大丈夫かな?”とか“失敗しちゃいけない”とか心配事が多かったんです。でも、野音当日は台風の中すっごくたくさんの人が来てくださって…“僕らが不安がっている場合じゃない! 100パーセント楽しもう!”って気持ちでやったんです。そしたら“ライヴってこういうことなのかな”と思えたんですよね。野音後のライヴは、もう出番前からわくわくしかないですね。自分たちでもはっきり分かる変化だったので、これからはもっと大きな変化を重ねて大きな存在になっていけたらと思いました。
彪我
僕はいろんなイベントに出演させてもらって、いろんな方々に観てもらえる機会が多い年だったなって思ってます。“みなさんと一緒にライヴを作ってるんだ”って意識がより持てました。

12月15日には中野サンプラザ公演が控えてますね。

雅功
夢の舞台のひとつですからね。悔いがないようなライヴをやりたいです。
彪我
今年はいろんな人のライヴもたくさん観に行って勉強になったし、やりたいことが増えたんです。例えばひとつの物語のようなライヴだったり。そういうものを取り込んでいけたらなって思います。
雅功
ライヴでもどんどん新しいことやっていきたいですね。

じゃあ、来年はどんなライヴをやってみたいですか?

雅功
エンターテインメントとしてのライヴをもっともっとやっていけたら幅も広がるし、より多くのみなさんが楽しめるものになるんじゃないのかなって。曲だけじゃなくてセットや照明とかにも参加してライヴを作っていけるようになっていきたいなって思ってます。
彪我
さっきも物語みたいなライヴって言いましたけど、ライヴを通してしっかりとストーリーだったりメッセージであったり、お客さんに感じ取ってもらえるようなライヴをやっていきたいですね。
雅功
ライヴに対するいろんな欲がどんどん出てきてます。

取材:土屋恵介

EP『うたはつづくよどこまでも』2018年11月28日発売 SDR
    • 【CD+DVD盤】
    • ZXRC-1176 ¥2,200(税込)
    • 【通常盤】
    • ZXRC-1177 ¥1,500(税込)
    • 【イベント盤】
    • ZXRC-1178 ¥1,500(税込)
    • ※イベント限定販売

【イベント・ライヴ情報】

『さくらしめじ 1st EP『うたはつづくよどこまでも』
リリース記念イベント』
11/24(土) 広島・イオンモール広島祇園 1F エキチカコート
11/25(日) 福岡・キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
11/28(水) 東京・アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
12/01(土) 東京・練馬区 ※詳細未定
12/02(日) 東京・渋谷区 ※詳細未定

『さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018
in 中野サンプラザ』
12/15(土) 東京・中野サンプラザ

『さくらしめじリリース記念ツアー
「うたはつづくよどこまでも」』
12/23(日) 福岡・DRUM LOGOS
[ 2019年 ]
1/06(日) 大阪・バナナホール
1/20(日) 広島・CLUB QUATTRO

さくらしめじ プロフィール

さくらしめじ:田中雅功と髙田彪我による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースした。さくらしめじ オフィシャルHP

L→R 田中雅功(がく)、髙田彪我(ひょうが)
EP『うたはつづくよどこまでも』【CD+DVD盤】
EP『うたはつづくよどこまでも』【通常盤】
EP『うたはつづくよどこまでも』【イベント盤】

「My Sunshine」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」