2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI

2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI

【フジファブリック
ライヴレポート】
『フジファブリック LIVE TOUR 2018
"帰ってきた!!三日月ADVENTURE"』
2018年3月24日
at EX THEATER ROPPONGI

2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
2018年3月24日 at EX THEATER ROPPONGI
 2016年に開催して、大好評を博したこともさることながら、メンバーたちにとって得るものが大きかった『フジファブリックLIVE TOUR 2016 "三日月ADVENTURE"』。その第二弾とも言うべき『フジファブリック LIVE TOUR 2018 "帰ってきた!!三日月ADVENTURE"』が3月24日、EX THEATER ROPPONGIでツアーファイナルを迎えた。各地、リリースに縛られない自由な選曲のセットリストをファンとバンドが楽しんだ今回もまた、メンバーたちにとって得るものは大きかったようだ。そんなツアーのファイナル公演の模様をレポートする。

 新旧のレパートリーから自由に曲を選ぶことができ、全カ所、セットリストが変わる『三日月ADVENTURE』には予想外の驚きという、このツアーならではの楽しさがある。ツアーファイナルとなったこの日も「SUPER!!」から「カンヌの休日」「Sugar!!」とお馴染みの曲をつなげていきながら、久しぶりに演奏した「キノウ」や“良い曲だなぁ”と山内総一郎(Vo&Gu)がしみじみと言った「Anthem」はこの体制になってから初めて披露し、ファンを喜ばせた。加えて、『J SPORTS STADIUM 2018 プロ野球中継』のテーマソングとして書き下ろした「電光石火」と「Water Lily Flower」という新曲も飛び出したが、癖になるような展開がなんともフジファブリックらしいサイケかつフォーキーな後者は、個人的に音源化を熱烈に希望。当の本人たちも「キノウ」で拍手を求めながら加藤慎一(Ba)が軽やかなステップを踏んだかと思えば、グッズ紹介で長らく封印していた雄叫びを金澤ダイスケ(Key)が蘇らせ、メンバーを驚かせるという予定外の展開に爆笑しながらライヴそのものを楽しんでいた。その楽しさが『STAND!!』というアルバムに結実した前回同様、今回もまたメンバーたちにとって得るものは大きかったようだ。“ツアーでもらったイメージ、パワーを糧にして、ゼロから曲を作っていこうと思います!”という山内の言葉に期待したい。ラストは「虹」をジャズ風のインプロを交えながら熱演。サビを一緒に歌う観客の歓喜の声が会場を包みこむ中、全国14カ所を回ってきたツアーは幕を閉じたのだった。

 ――が、4月14日、Zepp DiverCity Tokyoで追加公演が決定。“違うライヴになる!”とメンバー自ら語ったように、デビュー記念日となるこの追加公演では特別な曲等が飛び出すかもしれない。まだ間に合うので、予想外の驚きという楽しさを味わいたい人は、是非!

 尚、今回のツアーでは、全36曲のレパートリーから楽曲が披露された。
「ダンス2000」「TAIFU」「陽炎」「打上げ花火」「モノノケハカランダ」「銀河」「虹」「熊の惑星」「若者のすべて」「Surfer King」「ロマネ」「星降る夜になったら」「バウムクーヘン」「Sugar!!」「Anthem」「夜明けのBEAT」「STAR」「スワン」「Splash!!」「徒然モノクローム」「春の雪」「Gum」「LIFE」「シャリー」「robologue」「バタアシParty Night」「夢みるルーザー」「マボロシの街」「キノウ」「SUPER!!」「炎の舞」「カンヌの休日」「1/365」「かくれんぼ」「電光石火」「Water Lily Flower(新曲)」

撮影:木村泰之/取材:山口智男

フジファブリック プロフィール

フジファブリック:2000年、志村正彦を中心に結成。09年に志村が急逝し、11年夏より山内総一郎、金澤ダイスケ、加藤慎一のメンバー3人体制にて新たに始動。普遍性と抒情性、キャッチーなメロディーとエネルギーあふれるサウンドで独自の世界観を放つシーン屈指の個性派ロックバンド。「銀河」「茜色の夕日」「若者のすべて」などの代表曲を送り出し、『つり球』『宇宙兄弟』『銀の匙 Silver Spoon』と数多くのアニメ主題歌も担当。17年に俳優の山田孝之をフィーチャリングゲストに迎えた、19thシングル「カンヌの休日 feat. 山田孝之」を発表すると、疾走感にあふれ力強い印象的なサウンドとインパクトのある歌詞が話題になった。19年に結成15周年を迎え、同年10月には大阪城ホール単独公演を開催する。フジファブリック オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着