【amazarashi】『amazarashi 5th an
niversary Live Tour 2016「世界分岐
二〇一六」』2016年2月28日 at Zepp
Tokyo

撮影:橋本 純/取材:宮本英夫

 アルバムのリリース前に初日を迎える、新たな試みに挑戦した今回のツアー。短い口上代わりの「コンビニ傘」を皮切りに、「タクシードライバー」「季節は次々死んでいく」と、新作『世界収束二一一六』からのハードな曲で緊張感は一気に臨界点へ。前回のツアーよりも明らかにビートが強い。それを突き抜けて歌詞をはっきりと届けてくる、秋田ひろむ(Vo&Gu)の歌も強い。バラードのように始まった「百年経ったら」が後半はエレクトロなダンスミュージックへ変貌し、前作収録の「雨男」もループするビートは予想以上にクール。新境地を強く感じる楽曲とアレンジ。しかし、中盤では「夏を待っていました」「ラブソング」と、スクリーンのアニメーションも当時のままに、変わらぬamazarashiらしさを届けることも忘れない。一転して、「スピードと摩擦」は再び強烈にラウドなロックチューン。新作の中でも重要な位置を占める「エンディングテーマ」や「美しき思い出」など、ドラマチックな大曲が続く。過去曲と新曲とが違和感なく並ぶ。そして、秋田がこの日初めてのMCをする。“みなさんが来てくれるからできること。すごい感謝してます。ありがとう”“一生、これをやっていけたらと思います”。朴訥だが、言葉のトーンがいつになく柔らかい。ラストは「スターライト」、そして新作の中でもっとも悲しく、もっとも平和でもある「ライフイズビューティフル」を魂込めて。メンバーは相変わらず紗幕の向こうにいるが、バンドの存在はどんどんフィジカルなものになってきた。3D映像など、演出も意欲的。次の景色が早く観たい。

セットリスト

  1. コンビニ傘
  2. タクシードライバー
  3. 季節は次々死んでいく
  4. ワンルーム叙情詩 
  5. 性善説
  6. 百年経ったら
  7. 雨男
  8. 夏を待ってました
  9. ラブソング
  10. スピードと摩擦 
  11. エンディングテーマ
  12. しらふ
  13. 美しき思い出
  14. 収束
  15. 多数決
  16. スターライト
  17. ライフイズビューティフル
amazarashi プロフィール

アマザラシ:秋田ひろむを中心としたバンド。2010年のデビュー以来、一切本人のメディア露出がないながらも、絶望の中から希望を見出すズバ抜けて強烈な詩世界が口コミで広まり、瞬く間にリリースされたアルバム全てがロングセールスを続けている。ライヴではステージの前にスクリーンが貼られタイポグラフィーなどを使用した映像が投影されて行なわれるスタイルで、独自の世界観を演出している。amazarashi オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント