L→R SAITARO(Ba)、秀一(Gu)、sasaji(Vo)、ken iikawa(Tr)、kj(Sax)、PxOxN(ポン)(Dr)

L→R SAITARO(Ba)、秀一(Gu)、sasaji(Vo)、ken iikawa(Tr)、kj(Sax)、PxOxN(ポン)(Dr)

LONG SHOT PARTYが実に4年振り、メジャーでは初となるアルバムを完成させた。タイトルは堂々と“LONG SHOT PARTY”! 全てのシングル曲が収録されたベスト的な内容だ。sasaji(Vo)とKj(sax)に訊く。
取材:高橋美穂

やっとフルアルバムが作れたって思いはありますか?

sasaji
そうですね。でも、その間にメジャー行って、シングルを作って、いい曲ができたらリリースしてっていう連続の4年間で、アルバムのことを考えてる余裕はなかったっていうか。“次はどんなシングルを?”ってやってたら、アルバムに入れられる曲がめちゃめちゃ溜まってたっていう。
Kj
いろんなこともあったんで。タイアップがないと予算が採れないとか、リアルな話(笑)。だから、タイアップを採ってからリリースが決まるんで、曲もめっちゃ書いて。その中で、みんながうんって言う曲を出すっていうのも、メジャーに来て初めてで。だから、みんながLONG SHOT PARTYに対していいと思うところはどこだろうって考えながら、それを抽出して拡大していく4年間でしたね。
sasaji
まぁ、インディーズだったら、僕らこの4年間でアルバム4枚出してますよ(笑)。

じゃあ、この8曲は厳選されて残ったというか。

sasaji
まぁ、エリートですよね!(笑)

(笑)。バラエティーにも富んでますよね。

sasaji
そうですね。だから、今までの感覚で言うと、シングルで「あの日タイムマシン」を切ることは考えられないんだけど、意外とできるんだっていうふうに思ったしね。

その中でも印象に残ったのが1曲目の「各自、太陽に明日ほえろ!」。サラリーマンの現実が映し出されたような歌詞だったのですが。

Kj
この曲はコンセプトから入ってて。僕ら、みんな30代になったんですけど、よくテレビで歌詞をテロップだけ見てて、10代くらいの歌手の子に、30代のおっさんが“自分を信じろ”とか歌われても、“いや、信じられないよ”って(笑)。10代の子には刺さると思うんですけど。だから、30代に向けて何とかできないかなって。その時に、楽曲はスカで、でも歌詞は本音で…頑張りたいんだけど、そうじゃないことは“サボっちゃダメ?”ってことを書きたいと思ったんです。

とはいえ、ホーンアレンジはカッコ良いですよ。

Kj
僕ら世代のホーンバンドって、みんなスカパラのフォロワーだと思うんですよ。だから、こういうアレンジって王様に触れるみたいな危険性をはらみながら、でもやりたいのはそこなんだよねって。で、今回、ゲストが多いんですよ。現場で頑張ってる俺ら世代を探してやろうと思ったら、みんな辞めちゃってていなかったんですけど(苦笑)。でも、まだやってる連中、DALLAXのGENさん、alaのTAKAHIRO、DISPORTのYATH、あと就職で辞めたうちの元メンバーも、まさにって思って。それで合計9名、スカパラ越えです(笑)。

1曲へのこだわりがすごかったんですね。

sasaji
4年の中で一番こだわったかもしれないですね。
Kj
歌詞が聴き取れないと、何回も歌を録り直したしね。
sasaji
完成して、正直、うるうるきてる瞬間が何度かありましたね(笑)。自分じゃない誰かのために歌ってたはずだったんですけど、回り回って自分のために歌ってるところもあるから。だから、作り終えて、ミュージシャンとしてというより、人として成長できた感じがあります(笑)。でも、肩の力が入っているように聴いてほしくはないけど。
Kj
酔っ払って歌ってほしいなって。会社帰りに、カラオケで。それ見たら、俺、後ろから抱き締めますね(笑)。
LONG SHOT PARTY プロフィール

98年に仙台でバンド活動を開始。sasaji(vo)、ken iikawa(tru)、kj (sax)、秀一(g)、SAITARO(b)、P×O×N(dr)による6人編成のロック・バンド、LONG SHOT PARTY。

前向きな歌詞とサウンドが特徴の“パーティー・ロック”を掲げ、メロディックなヴォーカル・ラインに、様々なアレンジ・卓越したテクニックで数々の楽曲を世に送り出している。08年1月には<DefSTAR RECORDS>より、東京系アニメ『NARUTO疾風伝』オープニング・テーマに抜擢されたシングル「distance」でメジャー・デビュー。

また、毎年全国各地を廻るライヴ・バンドとしても定評があり、その圧倒的なライヴ・パフォーマンスは他の追随を許さない。インディーズを中心に活動を続け、その経験が裏づけする卓越したパフォーマンス力を持つ彼らは、老若男女問わず、観るもの全てを元気づけてくれる。LONG SHOT PARTY Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着