【吉田山田】『吉田山田7周年記念7ヶ
月7会場マンスリー企画「Over The R
ainbowツアー FINAL」~有明 コズミ
ックダンスホール~』2017年3月25日
at ディファ有明

撮影:岩﨑真子/取材:石田博嗣

 タイトル通り7会場を回った企画ツアーのファイナル。各会場で趣向を凝らしたステージを展開してきたが、最後はディファ有明をダンスホールに変えたーー。入場時からDJ U-ICHI(HOME MADE 家族)がダンス&ディスコナンバーで来場者を出迎え、そのまま1DJ2MCスタイルでライヴがスタート。吉田山田のふたりのスーツ姿でハット&サングラスというブルース・ブラザーズのような出で立ちに驚かされたが、披露された「夏のペダル」「水色の手袋」が“REMIX”バージョンということで、BPMがアップし、ビートもヨコノリとなり、しかも途中にブブゼラやスクラッチの音も入ったりと、その生まれ変わりようにも驚かされた。その後、バンドメンバーが加わるが、DJが入っていることにより、いつもとは違うテンションの高いグルーブでフロアーを沸かせていく。

 中盤はバンドで5月24日にリリースするロック調で痛快な「街」を披露したり、ふたりの弾き語りで「日々」をしっとりと届けるが、後半戦は再びバンド+DJで観客を歌い躍らせ、アンコールではレゲエ風に進化した「ハローグッバイ」のREMIXなどでさらに盛り上げる。そんなスペシャル感満載のライヴは吉田結威(Gu&Vo)も“こんなにアッパーな曲だけで作るライヴは史上初めてかも”と漏らすほどで、言うまでもなく客席は終始笑顔。MCでも感謝の想いと一緒に語っていたが、観客ひとりひとりの日常に吉田山田の楽曲が寄り添っているように、その笑顔がふたりの背を押しているのだ。7周年記念ツアーは幕を閉じたが、恒例の『吉田山田祭り』を今年は8月26日に上野水上野外音楽堂で開催するとの発表もあり、デビュー8年目に突入した吉田山田のモチベーションはますます高まっている。

セットリスト

  1. 夏のペダル <REMIX>
  2. 水色の手袋 <REMIX>
  3. -DJソロ-
  4. カシオペア
  5. 涙流星群
  6. 未来
  7. 地図にない路
  8. 新しい世界へ
  9. 押し出せ
  10. 日々
  11. 僕らのためのストーリー 
  12. サンライズ
  13. ORION
  14. イッパツ
  15. –バンドセッション-
  16. YES!!!
  17. てんてんてんて
  18. <ENCORE>
  19. ガムシャランナー <REMIX>
  20. ハローグッバイ <REMIX>
  21. 魔法のような
吉田山田 プロフィール

ヨシダヤマダ:ふわっとしたエアリー感のある山田の歌声とすっきりと甘い吉田の歌声のコンビネーションが心地良く、やさしく包むような歌詞が人気。2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。13年12月に放送を開始した『NHKみんなのうた』での「日々」が“泣ける歌”と話題になり、5度の再放送を経てロングセールスを記録。一躍その名を拡げ、YouTubeの再生回数は1,100万回を突破した。吉田山田 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着