L→R ゆうき(Key)、カノン(Ba)、みく(Vo)、takuya(Gu)、輝喜(Dr)

L→R ゆうき(Key)、カノン(Ba)、みく(Vo)、takuya(Gu)、輝喜(Dr)

【アンティック-珈琲店-】待望のメジ
ャーデビュー曲は大黒摩季作詞のアッ
パーチューン!

ワールドツアーに日本武道館ワンマンと、これまで華々しい活躍を繰り広げてきたアンティック-珈琲店-が遂にメジャーデビュー! みく(Vo)の直談判により、大黒摩季が作詞を手掛けたデビュー曲「千年DIVE!!!!!」に込められた熱い想いが、アナタの胸を焦がす。
取材:清水素子

結成から12年。これまでの活躍ぶりを考えると、今回がメジャーデビューだなんて信じられないですね。

輝喜
今まで実はインディーズでしたから。もともと二人三脚でやってきたスタッフと会社の都合で離れることになったところ、また新たにアンカフェを愛してくれる人たちと出会えて。“この人たちと一緒にやりたい”と事務所を移籍した延長線上に、メジャーデビューがあったかたちなんです。
みく
だから、今まで以上に頑張らなくちゃいけないし、メジャーデビュー曲って本当に大切なものじゃないですか。自分に足りないものが多いのも分かっていたから、あえて他人の歌詞で勉強しようと、事務所の社長にお願いしに行ったんです。“大黒摩季さんに歌詞を書いていただきたいです”とダメ元で頭を下げたら、なんと夢が叶って!

頭を下げたって、みくさん自ら?

みく
はい。大黒さんの曲は「ら・ら・ら」とか「熱くなれ」とか子供の頃によく聴いていて、歌が上手い上に心に刺さるワードを書く方だなぁと思っていたんです。そこで、聴いているみんなが元気になれる曲という大まかなテーマと、“ダイブ”や“スプラッシュ”というワードを提示させていただいたら、期待以上の歌詞が返ってきて! サビ頭の《千年DIVE!!!!!》といい、やっぱりキャッチーな言葉を選ぶ能力がすごい方なんですよね。もう、曲を愛しすぎちゃって、何度も歌ううちに、まるで自分が書いた気分になってきちゃいました(笑)。キーも自分の限界まで出してるんで、そのへんでも今までにない突き抜け感を感じてほしいですね。
カノン
今回は楽曲のほうも“ライヴで映える”というテーマのもと、作家の方々が書いてくださった中からdoaの徳永(暁人)さんの曲を選ばせていただいて。結果、今までのアンカフェにありそうで、やっぱりないな!っていう曲になったんじゃないかな。takuya曰く、それは“男らしさ”じゃないかと。
takuya
歌とコーラスの掛け合いも今までになく逞しくて、子供が青年になったような感じがするんです。整ったレコーディング環境のおかげで録り音もすごくいいし、さすがメジャーだなと。単にジャーンと鳴らすだけでも、“もっと魂込めて!”とアレンジャーの平出(悟)さんに言われて何度も録り直したので、ぜひ耳を澄ませて聴いてほしいです。
ゆうき
今までにないシンセの音も入っていて、すごくカッコ良いし、ポワーンとした音から一気にバンドが入ってバーン!と盛り上がるイントロも僕は好きですね。

アッパーで力強く、でも、確かに歌がしっかり届くというアンカフェらしさも失われていない曲ですよね。

輝喜
音数はそんなに多くないのにひとつひとつが太くて、その全部が重なる感じも男らしさにつながってる気がするんです。ビートも荒くれてるし、ライヴでは絶対暴れられるだろうけど、曲自体は聴きやすい。僕ら、絶対に歌は捨てないから。
みく
おまけにコーラスは、実は大黒さんにも参加していただいているんですよ。一緒のブースに入って、ほんとに貴重な体験でしたね。ライヴでもファンのみんなとぜひ掛け合いがしたいですし、《All Right》の部分は僕が歌ってる通り“オラオラ!”と叫んで暴れてほしいです。

カップリングも限定盤にカノンさん作のアッパーな「We Can Do It!」、輝喜さん作のバラード「世界にたった一つの温もり」、そして通常盤には代表曲「スマイル一番イイ♀」の新録バージョンと盛りだくさんですね。

カノン
「We Can Do It!」は大人になろう!と頑張った曲で、シリアスなムードで起伏を付けることを意識しました。展開も多くて…そういう曲が俺、好きなのかな?
輝喜
対する「世界にたった一つの温もり」は、12年の間にメンバーチェンジや活動休止と結構ファンを泣かせてきた僕らだけど、このメジャーデビューを契機に、またイチからの決意を伝えたいと思って、ここまで支えてくれたみんなをちゃんと大切にしていくよ、という気持ちを歌いたくて作った曲なんです。そしたら、みくくんがぴったりの歌詞を書いてくれて!
みく
僕的にはウェディングソングでもあるんですけどね。アンカフェのバラードってネガティブなものが多いから、こんなにポジティブなのは初めてかもしれない。「We Can Do It!」のほうは前々から男臭い口調の歌詞を書いてみたくて、カノンのデモを聴いた時に、この曲ならイケる!と思ったんです。メジャーデビューを控えた自分たちの士気を高めるために書いた詞でもあるので、この曲の主人公のような男を目指して頑張りたいですね。「スマイル一番イイ♀」は本当に大事な曲なので、新しいファンの子にも聴かせてあげたかったのと、昔のメンバーで録った音源しかなかったので、改めて今の5人で録ってみたかったんです。
takuya
ライヴでは毎回弾いてきた想い入れのある曲なんですけど、さらに愛着が沸きましたね。ちょっとニュアンスを付けようと、ラストのギターを変えてみたりもしました。

そして、9月6日には日比谷野外大音楽堂で『ANCAFESTA'15 SUMMER DIVE』なるワンマンも控えていますが、このタイトルでのライブは2008年、2012年に続く3度目ですよね。

ゆうき
『SUMMER DIVE』はアンカフェの一種のお祭りなんで。この1日がお祭りであったかのようなテンションで盛り上がれるようなライヴにしたいです。
カノン
そうそう。“野音ってこんなこともできるんだ!”ってファンの子が驚くようなものを。
輝喜
激しい曲も、ジッと聴いてもらうような曲も、今までで一番熱い演奏を届けたいですね。
みく
何より大事なのは、やっぱり“気持ち”だと思うんですよ。いくらパフォーマンスがカッコ良くても、気持ちが届かなかったら意味がない。“楽しもう”っていう気持ちと感謝を持って、すべり込みで一番の夏の思い出にしてみせます。
「千年DIVE!!!!!」2015年08月26日発売White Café/Being
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • JBCW-6001 1800円
    • 【Musing盤(DVD付)】
    • JBCF-9005 5400円
    • ※メジャーデビュー豪華盤 A4サイズ写真集付
    • 【通常盤A】
    • JBCW-6002 1000円
    • 【通常盤B】みくver.
    • JBCW-6003 500円
    • ※メンバー個別ジャケット(全5バージョン)
    • takuya ver.
    • JBCW-6004 500円
    • カノン ver.
    • JBCW-6005 500円
    • ゆうき ver.
    • JBCW-6006 500円
    • 輝喜 ver.
    • JBCW-6007 500円
アンティック-珈琲店- プロフィール

アンティックカフェ:2003年に結成。これまで二度の日本武道館公演を行ないインディーズシーンで勢力的に活動。大規模なワールドツアーも開催し海外でも高い人気を誇る彼らは15年8月、さらなる野望を胸に「千年DIVE!!!!!」で華々しくメジャーデビュー。そして、17年2月にメジャー1stアルバム『ラフ・ソング』をリリース! アンティック-珈琲店- オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。