猫好き必見!ほっこり番組「小栗有以
のにゃんにゃんランド」AKB48服部有
菜・藤園麗・福留光帆が愛猫紹介

服部「くー、にゃんち、チェル」福留「
コスモ」藤園「タンくん」

2020年7月1日、AKB48チーム8東京都代表の小栗有以が司会を務める「小栗有以のにゃんにゃんランド」がYouTubeでの配信が開始された。

新型コロナウイルスにおける緊急事宣言を受けて、AKB48ではAKB48劇場を秋葉原から「おうち」に移し、メンバーが「おうち」から様々な企画をお届けしている「OUC48プロジェクト」が発動。秋葉原での劇場公演は2020年6月13日から2人で再開されたが、"おうち"から歌やパフォーマンスなど様々な企画を通して、ニッポンを元気にしたい!という想いが込められている。

「小栗有以のにゃんにゃんランド」はAKB48メンバーが自身の家で飼っている愛猫を紹介する番組で、愛犬を紹介していた「小栗有以のわんわんランド」の猫バージョンとして7月1日から配信がスタート。1回目の放送には、AKB48チーム8岐阜県代表の服部有菜、チーム8兵庫県代表の福留光帆、チーム8鹿児島県代表の藤園麗の3人が自宅で飼っている可愛い愛猫たちを紹介。

愛猫の名前の由来では、3匹の猫を飼っている服部有菜は黒猫の「くー」は「色の通り、黒いからです。私が小学校2年生の時から飼っています。子供だったので単純な名前になってしまいました」と、もう1匹の「にゃんち」は「にゃーと鳴くから"にゃんち"です」、もう1匹の「チェル」は「"りゅうちぇる"さんが流行っていたからです」と説明。福留光帆の愛猫「コスモ」は「妹がつけましたが、コスモ石油からとったようです。後付けで宇宙で一番可愛いということになりました」と、藤園麗の愛猫「タンくん」は「足が短いので短足の"たん"からつけました!」と名前の由来とエピソードを説明。

メンバー全員「いつも猫に癒されます」

「飼って良かったこと、大変なことはありますか?」という質問に、服部有菜は「いつも癒しをくれます。私が悩んでいたり、しんどい時には猫も察してくれてスリスリしてくれます。困っていることは、家の壁を爪磨ぎにしてしまうことです」と、福留光帆は「猫の動きが面白くて、とても癒されます!大変なことは私にだけ懐かないことですね」と、藤園麗は「犬の"はち"とタンくんが家の中で追いかけっこしていますが、とにかく癒されます。大変なことはレッスン着で着る服に猫の毛が入り込んでしまって取れなくなってしまうことです」と猫を飼っている人たちには共感できる"あるある"を語っていた。

「これってうちの猫だけ?」では、服部有菜は「"くー"はあんことバニラやヨーグルトなど乳製品が大好きです」と紹介。福留光帆は「人のズボンを下ろしてきます」、藤園麗は「足が短くて毛繕いができないので、ソファーの横などに擦り付けています。またタンくんは庭にしか出たことがないんですが、家の前で"猫の集会"をしています」と"うちの猫だけ"のエピソードを語っていた。

他にも愛猫のベストショット、特技の披露、猫と戯れる"にゃんにゃんフリータイム"、"にゃんにゃんスクショタイム"、猫との一番の思い出ではメンバーのほっこりエピソードも紹介。

メンバーよりも画面の後ろで自由気ままに動き回っている猫ばかりに目が行ってしまうが、最初から最後までメンバーたちの可愛い愛猫の仕草や表情に癒されるほっこりした番組。ネコのカチューシャをつけた小栗有以のコメントと進行も見どころ。

▼AKB48 / OUC48プロジェクト「小栗有以のにゃんにゃんランド」(2020年7月1日)
上段左から福留光帆、服部有菜、小栗有以、下段:藤園麗 (C) AKB48

上段左から福留光帆、服部有菜、小栗有以、下段:藤園麗 (C) AKB48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着