あなたもドラ泣きしてしまうかも?映画「STAND BY ME ドラえもん」

あなたもドラ泣きしてしまうかも?映画「STAND BY ME ドラえもん」

あなたもドラ泣きしてしまうかも?映
画「STAND BY ME ドラえもん」

TOP画像引用元 (Amazon)

「STAND BY ME ドラえもん 」とは?
▲[STAND BY ME ドラえもん]プロモーション映像
劇場版アニメ『STAND BY ME ドラえもん』は、シリーズ初の3DCG作品。
泣ける映画として、大きな話題となりましたね。
第38回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞作品で、第32回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞作品です。
22世紀に帰れなくなったドラえもん!
▲「STAND BY ME ドラえもん」本編冒頭6分映像
ある日、10歳のドジな少年・のび太のもとに、のび太の孫の孫・セワシとドラえもんが、22世紀の未来からタイムマシンでやってきました。
セワシがやってきた理由は、のび太の「悲惨な未来」を変えるため。
未来ののび太は自分で起こした会社が倒産し、抱えきれないほどの借金を抱えて家族に迷惑をかけ、セワシの世代まで苦労をかけているというのです。
セワシは、悲惨な未来を変えるために、ドラえもんをのび太のお世話係として連れてきたのです。
セワシは「のび太を幸せにできないと未来に帰れない」というプログラムをドラえもんに埋め込み、未来に帰ってしまいました。
のび太を幸せにしない限り、ドラえもんは22世紀に帰れません。
22世紀に帰れなくなったドラえもんとのび太の共同生活が、始まりました。
心あたたまる名作!
▲[STAND BY ME ドラえもん]予告篇1
『STAND BY ME ドラえもん』は、ドラえもんとのび太の出会いから別れまでが描かれた作品。
「帰ってきたドラえもん」と「のび太の結婚前夜」をメインにいくつかの原作を再構築したストーリーが、一本の映画にまとめられています。
詳しくあらすじを書いてしまうと、それを読んだだけでウルっとしてしまうほど、心にグッとくる内容です。
大人にとっては見たことがあるエピソードが多くて、展開もだいたい想像できているのに、感動してしまいますよ。
中身をあまり知らない人が観たら、号泣必至でしょう。
最強タッグによる制作陣
▲[STAND BY ME ドラえもん]予告篇2
劇場版アニメ『STAND BY ME ドラえもん』は、映画「ピアノの森」を手掛けた白組と、映画「friends もののけ島のナキ」を手掛けたROBOTと、TVアニメ「ドラえもん」を手掛けるシンエイ動画の共同制作。
監督は「friends もののけ島のナキ」を手がけた八木竜一と「三丁目の夕日」シリーズや「永遠の0」などを手がけた山崎貴の共同監督、脚本は山崎貴が担当しています。
最強のタッグですね!
≪キャスト一覧≫
ドラえもん:水田わさび
のび太:大原めぐみ
のび太(青年):妻夫木聡
しずか:かかずゆみ
ジャイアン:木村昴
スネ夫:関智一
出木杉英才:萩野志保子
セワシ:松本さち
ジャイ子:山崎バニラ
某CMで大人になったのび太を演じていた俳優の妻夫木聡が、声優として青年のび太を演じています。
笑いあり感動ありの、ドラえもんの魅力が詰まった映画。
3D映像もきれいで、物語の涙腺へのダメージは特大級です。
まだ観たことのない人は、ぜひ、ご覧ください。
主題歌は、名曲「ひまわりの約束」
秦 基博 - 「ひまわりの約束」 Music Video
ひまわりの約束 歌詞 「秦基博」
https://utaten.com/lyric/jb71408014
劇場版アニメ『STAND BY ME ドラえもん』主題歌の『ひまわりの約束』は、秦基博が担当。
秦基博は、これまでにもアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のOPや「宇宙兄弟」のEDなど、様々なアニメソングを担当してきました。
『ひまわりの約束』は64週オリコンにチャートインする、ロングランヒット。
アニメ関連としては史上4作目の、フル配信(シングルトラック)100万DL認定された楽曲です。
『ひまわりの約束』は、いつ聴いても心があたたかくなりますね。
「そこにある幸せ」を守るために頑張ろう、と思わせられます。
タイトルの「ひまわり」はドラえもんをイメージしたものなのだとか。
色褪せることのない名曲です。
『STAND BY ME ドラえもん』ではEDに起用し、ここでさらに泣かせると思いきやNG集映像となっています。
ほっこりとした気持ちになり、笑わせてもらえますよ。
「STAND BY ME ドラえもん2」が来る!
画像引用元 (Amazon)
大ヒットを記録した『STAND BY ME ドラえもん』のパート2が、映画化されることになりました!
原作の中でも名作として名高い「おばあちゃんのおもいで」をベースに、オリジナルストーリーを加えてストーリーが再構築されているそうですよ。
3歳ののび太と今は亡きおばあちゃんを描き『STAND BY ME ドラえもん』では描けなかった場所やひみつ道具なども登場するそうです。
山崎監督が前作で描きたくても表現できなかったストーリーを、原作の連載開始50周年を迎える2020年に公開予定とのことですが、昨今のコロナ事情のため、公開期日はまだ決まっていません。
こんな時代だからこそ、心温まる名作を再び観たいですね!

TEXT 有紀

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着