Dos Monos×台湾IT担当大臣オードリ
ー・タンのコラボ曲、YouTubeで配信

Dos Monosとオードリー・タンのコラボ曲“CIVIL RAP SONG ft. Audrey Tang”が本日5月26日19:00にDos Monosと黒鳥社のYouTubeチャンネルで公開される。
デジタルテクノロジーを用いたCOVID-19政策でパンデミックを早期に抑え込んだ台湾で、IT利用を主導した「IT担当大臣」のオードリー・タン。“CIVIL RAP SONG ft. Audrey Tang”は、オードリー・タンのインタビュー音源をトラックに使用して制作された。
発案は、3月にオードリー・タンのインタビューを行なったコンテンツレーベル黒鳥社の若林恵。インタビューから、民間の間に入って活動する「ソーシャルセクター/シビックセクター」の価値を謳ったものを中心としたフレーズを選び抜き、TAITAN(Dos Monos)に打診し、オードリー・タン本人による許諾を得て公開するに至ったという。
「敵対型生成ネットワーク(GAN)」と呼ばれるAI技術によって人間が知覚できない高次元空間をシミュレートした映像は、Yuma Kishiが手掛けた。

荘子it(Dos Monos)のコメント

サンプリングによって生まれる音楽の魅力に、現代のぼくらの耳は充分に慣れてきたが、このような形で、台湾のIT担当大臣と日本のヒップホップクルーの間に予期せぬマリアージュが、相互の信頼の元に達成されることは空前絶後だろう。今回のコラボレーションにあたって、オードリー・タンは、自らのインタビュー音声という素材のポテンシャルを自由にAmplify(=増幅)する権利を与えてくれた。政治家とアーティストの協力といえば、単に声の大きさを増幅する拡声器としての意味しか持てない、ぼくらの国の文化的状況にあって、これ程自分のトラックメイカーとしての能力を無制限に解放させてくれる機会に恵まれたことに、最大級の感謝と敬意を表したい。COVID-19対策における大きな成果を生んだオードリー・タンの発話を、その音楽的ポテンシャルにおいて増幅し届けられることは、メッセージの内容それ自体を超えて、ぼくらにとっての文化的エンパワーメントとなるだろう。隣国の芝生は青いと再確認するためでなく、ぼくら、いや、この世界の我々全員にとっての他山の石として、この「市民の歌」を作った。
提供:音楽
:CINRA.NET
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着