ユニコーン、
過去ライブ映像作品を30日間限定公開

ユニコーンが4月に発売予定だった最新ライブ映像作品『MOVIE38 ユニコーン100周年ツアー“百が如く”』の発売延期を受け、これまでリリースしたライブ映像作品の中から4公演を、5月2日から5月31日までの間、YouTubeにて期間限定で公開! 

バンドが再始動してから初となった全国ツアー『蘇える勤労』の横浜アリーナ公演から、2014年の全国ツアー『イーガジャケジョロ』の幕張メッセ公演に至る計4本を30日間限定でいつでも観ることが出来る。

それぞれの年に発表されたオリジナルアルバムの楽曲はもちろん、1987年に発表されたデビューアルバムの収録曲など、幅広い楽曲が披露されている4本のライブ映像。メンバー全員が作詞・作曲を手掛け、楽曲ごとにボーカルを含めたパートが入れ替わるという特異なスタイルで繰り広げられるユニコーンのステージを体感してほしい。

■ユニコーン100周年特設サイト
http://www.unicorn.jp/special/100th/

【ユニコーン ライブ映像作品
YouTube期間限定公開(5月31日まで)】

『ユニコーン ツアー2009
蘇える勤労』(横浜アリーナ)

『ユニコーン ツアー2009
蘇える勤労の日々』
(さいたまスーパーアリーナ)

『ユニコーン ツアー2011
ユニコーンがやって来る zzz ...』
(さいたまスーパーアリーナ)

『ユニコーン ツアー2014 
イーガジャケジョロ』
(幕張メッセ国際展示場)

Blu-ray&DVD『MOVIE38 ユニコーン100周年ツアー“百が如く”』発売日未定
    • https://www.unicorn.jp/special/100th/movie38/
    •  
    • 【100周年記念 SPACE VOYAGER BOX / 完全生産限定盤】
    • ■Blu-ray
    • KSXL-291~4/¥18,000(+税)
    • ■DVD
    • KSBL-6341~4/¥16,000(+税)
    • ※100周年記念 SPACE VOYAGER BOX 封入物
    • ・“銀河模様が如く”ローリングルーラー
    • ・“レインボーが如く”ペンシル&シャープナーセット
    • ・“隊員証が如く”VWバッジ
    • ・紙ジャケット&ピクチャーレーベル
    • 【通常盤】
    • ■Blu-ray
    • KSXL-295~7/¥15,000(+税)
    • ■DVD
    • KSBL-6345~7/¥13,000(+税)
    •  
    • <収録内容>
    • ■DISC-1. 「100周年ツアー“百が如く”」2019.7.4 at 日本武道館
    • M-1. 10Nuts/M-2. OH! MY RADIO/M-3. 働く男/M-4. 風と太陽/M-5. 大航海2020/M-6. 365歩のマッチョ/M-7. 気まぐれトラスティーNo.1/M-8. 1172/M-9. 自転車泥棒/M-10. でんでん/M-11. 「服部」メドレー/M-12. 青十紅/M-13. 55/M-14. 頼みたいぜ/M-15. SAMURAI 5/M-16. ヒゲとボイン/M-17. ZERO/M-18. ひまわり
    • ■DISC-2. 「100周年ツアー“百が如く”」2019.12.17 at フェスティバルホール
    • M-1. M&W/M-2. すばらしい日々/M-3. おかしな2人/M-4. That’s Life/M-5. GoodTimeバレンタイン/M-6. Lake Placid Blue/M-7. 7th Ave./M-8. でんでん/M-9. 「服部」メドレー/M-10. BLUES/M-11. 4EAE/M-12. 55/M-13. 半世紀少年/14. チラーRhythm/M-15. Boys & Girls/M-16. Feel So Moon/M-17. ZERO/M-18. HELLO
    • ■DISC-3. ユニコーン100周年ドキュメント
    • 山形県県民会館公演をはじめとするツアー会場やレコーディングスタジオでのメンバーを追い続けた映像を、約100分に渡って収録(総監督:ABEDON)
    •  
    • ◎先着特典
    • 100周年ツアー“スタッフパスが如く”ネームタグ(一部店舗はA4トートバッグ)
『ユニコーン ツアー2009 蘇える勤労』
『ユニコーン ツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz ...』
Blu-ray&DVD『MOVIE38 ユニコーン100周年ツアー“百が如く”』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着