The Avalanches、WeezerのRivers Cu
omoらフィーチャーした新曲「Runnin
g Red Lights」リリース & MV公開

The Avalanchesが新曲「Running Red Lights Featuring Rivers Cuomo & Pink Siifu」を3月18日(水)にリリース。合わせてMVも公開された。
今作はWeezerのフロントマン、Rivers Cuomoをボーカルに迎えたドリーミーな1曲。半年前に逝去したアメリカのミュージシャン/詩人・David Bermanの歌詞をLAのラッパー・Pink Siifuが読み上げるパートも。

The AvalanchesのRobbie Chaterは、Rivers Cuomoについて、そしてDavid Bermanについて、次のようにコメントしている。「この曲は当初はシングル曲ではなかった。でも、RiversがSpacemen 3にインスパイアされた我々の作りたてで不鮮明な楽曲を、彼の寛容な心で理解してくれて、聴かれるべきものに姿を変えたんだ。Riversは、僕らがいつも狙っている幸福と悲しみの間のほろ苦さを理解している。その感覚はBrian Wilsonから来ているものなんだ」。「David(Berman)とは、何年か前からこのレコードのテーマや歌詞について話していた。僕たちは音楽のスピリット、幽霊、音楽は不思議なことに部屋に住んでいていつまでも聴こえる、といったことを書いた。彼の死から6ヶ月後の今、この曲をリリースするのはとても不思議な感覚だ。でも彼がこの音楽を聴いて、そして何よりそれを気に入ってくれたことが、我々にとってはこの上なく嬉しく、価値があることだ」

本楽曲のMVは、前作『Wildflower』収録の「Because I’m Me」のMVも手がけたGregBrunkallaがディレクターを務めた。彼はエミー賞に3度ノミネートされている。

【The Avalanches コメント】

「Running Red Lights」は、当初は「シングル曲」ではなかった。
Rivers Cuomoは、Spacemen 3にインスパイアされた、我々の作りたてで不鮮明な楽曲を、彼の寛容な心で理解してくれた。
このことが、この曲を向上させ、我々が伝えたかった真のメッセージである「失うこと」に焦点を当てる事を可能にしたのだ。

彼の視野の広い、高揚的で、神々しさが感じられるほど鋭い、音楽を見つめる心は、The Avalanchesの音楽を作る上で必要不可欠だ。
大切なものを全て失い、もうこれ以上失うものはないと感じた時の、深い溝の向こう側にある人間の虚無の感情を、彼は繊細に捉えることができるのだ。

人生の美しさと壮大さ、そしてその儚さ、全てを同時に表現した曲。
RiversはThe Avalanchesと同じように、常に一つ一つの音の間に存在する空間、メランコリーを追い求めている。

Davidは数年前に、ミドル・エイト部分に歌詞を提供することに同意してくれた。
彼の死から6ヶ月後の今、この曲をリリースするのはとても不思議な感覚だ。
でも彼がこの音楽を聴いて、そして何よりそれを気に入ってくれたことが、我々にとってはこの上なく嬉しく、価値があることだ。

Davidは、僕が絶望に打ちひしがれていた時期に、よく私に便りをくれた。

「Running Red Lights」は、そんな暗い日々についての曲なのだ。

人生の1秒1秒が祝福である。だからこそ、恐れなく生きることが大切だ。誰かを愛しているのであれば、それを相手に伝えよう。
繋がりをなくしてしまったら、我々に何が残るだろう?
Riversが歌うように、「私たちに残されているのはお互いだけ」なのだ。
我々には信じる心がある。それだけで十分だと思う。


【リリース情報】

The Avalanches 『Running Red Lights Featuring Rivers Cuomo & Pink Siifu』

Release Date:2020.03.18 (Wed.)
Label:Modular Recordings
Tracklist:
1. Running Red Lights Featuring Rivers Cuomo & Pink Siifu

■ The Avalanches 日本オフィシャル・サイト(https://www.universal-music.co.jp/theavalanches/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着