ブラック・クロウズ、ロビンソン兄弟
が和解し、再結成ツアーを正式発表

ブラック・クロウズは、クリス(Vo)&リッチ(G)・ロビンソン兄弟の不仲がバンド解散の要因だったが、兄が弟に謝罪することで関係は修復し、再結成が実現することとなったそうだ。
クリスは『Howard Stern Show』のインタビューでこう語った。「俺はひどいことを言ってた。俺はネガティブな状況にあったんだ。でも、リッチにそれを謝ったんだよ。俺にとってこの2年間でたくさんの事が変化した。妻と破局し、ネガティブな状況だった。鬱にも向き合ってた。それで、“なんで、弟についてあんな酷いことを言ったんだろう?”って思った」

リッチは、「俺は争いにはウンザリしていた」のと同時に、ブラック・クロウズの元メンバーと新バンドを結成しブラック・クロウズの曲をプレイする計画を立てていたとき、「俺の半分が足りないって気がしてた。明らかな欠落だ。それが、俺のブラザーだった」と実感。「クリスと話したい。でも、できない。それで、共通の友人に電話し、“クリスがここにいたらいいのに”って言ったんだ。そうしたら、“クリスもさっき電話してきて、同じこと言ってたよ”って言われたんだ」という。

先週、再結成2公演の開催をほのめかしていたブラック・クロウズは月曜日(11月11日)、正式に再結成ツアーの日程を発表。2020年6月17日から9月19日まで北米ツアーを開催し、1990年にリリースしたデビュー・アルバム『Shake Your Money Maker』全曲+ヒット曲をプレイする。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着