【インタビュー】SEAMO、オールドス
クールな音作りと自伝リリックを多く
含む優れたヒップホップアルバム『W
ave My Flag』

山あり谷ありという言葉では語りつくせない、これは一人のラッパーの15年間の人生の物語。SEAMOデビュー15周年記念アルバム『Wave My Flag』は、オールドスクールな音作りと自伝リリックを多く含む優れたヒップホップ・アルバムであり、SEAMOが未だに夢を追い続けるヒーローであることを強く印象付ける快作だ。同じ時代を生きた人間ならば涙なしには聴けない「大人になりました」を筆頭に、生きるヒントを散りばめたリリックに、SEAMOらしいユーモアとジョークも添えて、聴き終えるとなぜか力が湧いてくる全12曲。2019年の今、SEAMOはビンビンに生きている。もう一度SEAMOを聴こう。

■40代にならないと書けないこともある
■ちゃんと自分らしいもので勝負していきたいと思います

──15周年の新作『Wave My Flag』は今年2枚目のアルバム。すごいハイペースですね。

SEAMO:そうなんですよ。そういえば今年1枚出してたよなって。

──急遽こうなったんですか。

SEAMO:2月に『Glory』を出した時には、15周年といっても厳密には来年の3月なので、あんまりそういうことは考えていなかったんですけど、そのあとアリオラジャパンで出しましょうという話をいただいた時に、「15周年のメモリアルな1枚にしましょう」と。最初はミニアルバムでいいという話だったんですけど、数えてみたらアルバムは10枚目だったんですよ。恐ろしいことに、誰も気づいてなかったんですけど(笑)。僕が自分でホームページを見て数えて、フルアルバムが10枚目になることに気づいて、これはめでたいと。「15周年で10枚目のアルバム!」と言いたいなと思って、フルアルバムのボリュームまで頑張って行きましたね。

──なるほど。そんな経緯が。

SEAMO:アルバム10枚って、ヒップホップに限らず、ソロでやってるアーティストにはすごく誇らしいことなんです。ラップ業界を見渡しても、メジャーフィールドで10枚にたどり着いた人はほとんどいない。それはすごく誇っていいことだし、コツコツやってきた賜物だなとは思いますね。ただお手本が限りなく少なくなってくるので、ラップを生業にするミュージシャンとしては未知の領域に入ってきてるとは思います。

──確かに。

SEAMO:たとえば、歌ってる時に次の歌詞が思い出せなくて、でも体が覚えてるから口が先に出るんですよ。リリックが出たあとに「そうだ、これだった」という不思議な状況があって、確実に老いを感じているというか(笑)。詰め込むよりは小節をゆったり取ってラップしたり、若い時みたいにまくしたてる高速ラップがどうだとか、そういうものではなくなってくるかもしれないです。そこで、より老獪な技術や味というか、リリックの内容もそうで、たとえば「大人になりました」という曲では、10代、20代、30代、40代と歌っている。それはもちろん40代にならないと書けないことでもあるので、そういうふうにちゃんと自分らしいもので勝負していきたいなと思いますね。
▲『Wave My Flag』【初回生産限定盤】
▲『Wave My Flag』【通常盤】

──こうしてお話するのは7年振りなんですけどね。7年前のインタビューを読み返したら、イチローの話をしていて。

SEAMO:ああー。

──イチローは常にバッティング・フォームを微妙に変えて、年をとって少しずつ体力が衰えた自分に適応するために細かい調整をしている。僕も年を重ねていく中で、毎日バットを振り続けて、あがいて、今の状況を維持している。「振り続けるしかない」と言っていた言葉が今さらに印象的で。

SEAMO:ありがとうございます、その話を言ってくれて。僕はその時からまったくブレていないです。スランプのような時期もありましたけど、やり続けることで微調整していったんですね。人さまから見ると「不調だったでしょ」「トンネルだったでしょ」と言われるんですけど、その時も陰にこもっていたわけではなくて、振ることでしか調整できなかったんですよ。だから何かきっかけになった大きなこととか、ないんですよね。3作前の『Moshi Moseamo?』とか、「あそこから変わったよね」と言われるんですけど、単純に良い感じでまた時代とぶつかったのか、たまたまいいビートメイカーと巡り合えたのか、僕は振り続けてきただけなんですよ。その中でちょっとしたコツがあったのかもしれないけど、やることは変わっていないです。微調整しながら、毎日振って、こんな感じかな?という、そこで決して「今回は内野安打でいい」とか、ないですからね。アベレージ・ヒッターでありながらも、常にホームランを狙ってもいましたし、今作にももちろんその気持ちはあります。

──それはどんな仕事をしてる人にも絶対に参考になりますよ。「振り続けるんだ」と。

SEAMO:そうですね。ただほんと、今作は楽しくやりました。難産の上に生み出したとかじゃなくて楽しみながら作れたので、今のトレンド感とか世の流れとか、そういうことじゃなくて、自分のやりたいことにまっすぐ向き合った結果。そうじゃなきゃこの期間で作れないだろうなと思います。実際ヒップホップ系の人たちも、オールドスクールに回帰するトレンドに偶然なっていたりもしますし、自然な感じでやれたと思いましたね。

──それはすごい感じました。久々にまっとうなヒップホップ・アルバムを聴いたなという満足感がありましたよ。それと、リリックではかなり自分のことを掘り下げていて、「これは自伝だな」と。今回、自伝曲多いですよね。

SEAMO:そうですね。毎回違うんですけど、今回は15年目で10枚だし、「そうだ、振り返りでいいんだ」と。今回はそれをやろうというテーマはありました。僕の人間的な人生というよりも、ミュージック・ライフですね。音楽家としての振り返りを今回はやろうと思って、やりましたね。

──「日々労働」「アンビリーバブル」「大人になりました」「未完の大器」もそのタイプ。

SEAMO:ずっと続いてることでもありますよね。こじつけみたいになるんですけど、湯豆腐が好きなのも馬が好きなのもブレていないんですよ。

──そうか(笑)。「You don’t Fuu」も「一口馬主Lovers」も自伝だった。

SEAMO:馬が好きなのは、メジャーデビューのキャリアよりも古いですから。全体的に、コンセプチュアルなものがありますね。

──何と言っても「大人になりました」がいいですね。これは最高ですよ。いい詞です。おっさんに褒められてもまったく嬉しくないと思いますけど(笑)。これはおっさんが泣く曲ですよ。

SEAMO:同業者が反応してくれますよね。僕の後輩で、ラッパーをやめてトリマーになった奴がいるんです。自分の引退ライブを曖昧にしたまま辞めちゃって、今はいっぱしのトリマーとして頑張っているんですけど、いきなり深夜2時くらいに電話が鳴って、この曲を聴いたと。「涙が止まらないんです」みたいなことを言うから、とりあえず「悪いけど明日電話してもらっていい?」って。

──深夜2時じゃね。でも気持ちわかりますよ。

SEAMO:そういう人がけっこう多いんですよ。Crystal Boy(nobodyknows+)も、アルバム全部聴いたけど「なんだかんだ言って一番響いたのはこの曲です」って。みんないろいろ感じるものがあるんだなと思いましたね。これは僕のパーソナルな歌だったんですけど、自伝をほかの人に聴いてもらったって…普通は、聴いてもらう人の共感を得たいじゃないですか。恋愛の歌とか応援歌とか、「Continue」みたいな歌だったら共感を得られるかな?とか。だから「これを出していいのかな?」と思ったんですよ、あまりに自分すぎるから。だけど15周年だし、僕を応援してくれた人だったら理解してくれるかなと思ったのと、レーベルや事務所のみんなも「これをリード曲にしよう」ということだったので、「いいんですかこれで?」と思いましたけど、出してみたら、確かにそうだなと。子供の頃にエジソンやファーブルの伝記を読んで「すげえな」と思ったように、何かに戦っている人は、一人の人間として感じてくれることがあるのかな?と、出してみて思いましたね。
■このアルバムは誰に向けて歌っているかといったら
■自分と15年応援してくれているファンのためのスペシャルなもの

──そしてもう一つのアンセムが「Wave Your Flag/SEAMO×Crystal Boy×KURO×SOCKS」。どうですか、みんな変わらないですか。

SEAMO:いやもう、変わんないですね。こういう歌を書く時に、誰が第一声を放つか?とか、いろんなパターンがあるんですけど、この歌に関しては僕のパートがほぼ上がっている状態で、みんなにパスしていった時に、まだアルバム全曲も聴かせてないのに、みんなのリリックが「大人になりました」のリリックなんですよ。よくぞこういうリリックを落としてくれたなと、僕はしびれましたね。KUROもCrystal BoyもSOCKSも、おのおの戦っていることがいっぱいあって、そういう意味ですごく…「スタジアムで鳴らせるような応援歌を作ろう」というテーマだったんですけど、おのおのが自分をさらけ出して、自分への応援歌になってるじゃんって、そういう歌でしたね。

──まさに。

SEAMO:“負けたら終わりじゃなくて、やめたら終わりなんだよね”って、SOCKSが「Continue」の一文を引用してくれてる部分を、僕のラジオを担当してくれてるADが「あそこはマジ鳥肌が立つんです」と言ってくれたり。若い子たちが先輩をリスペクトする、ヒップホップ的な引用の仕方がすごく嬉しいって。KUROのリリックも、“HOMEMADE家族って懐かしい”って、なかなか言えないですよ。自分の歌が懐メロになってるとか、ヒップホップでは言いたくないですからね。それをさらけ出して言えるのは、みんなタフになったなと思います。

──それはね、塾長(SEAMO)の曲だからですよ。たぶん自分の曲だったら絶対に言わないと思う。

SEAMO:そうですかね。まあ、僕のリリックに引っ張られてるところはあると思います。だから嬉しかったですね。
▲『Wave My Flag』【初回生産限定盤】
▲『Wave My Flag』【通常盤】

──個人的には「どうせなら笑顔で」が沁みるんですよね。これ何の曲なんだろう。ラブソングっぽいけれど、もっと深いような。

SEAMO:これは最初に思い描いたのはファンのことで、それを恋人のような形に重ねています。僕がライブをやると、入る前に待っていてちょっとしたプレゼントをくれたり、終わったらSNSで「今日も良かった」と反応してくれたり、この土地にはこの人という人もいるし、全部の場所に来る人もいて、そういう人たちって本当にずーっといるんですよ。よく考えると、この人たち何の仕事してるんだろう?と(笑)。まあなんとなくは知っていますけど、この人たちの人生のかなりの部分を支配してしまったという責任感があるんですね。そういう意味で、僕もその人たちも含めて「こんなに遠くまで来ちゃったね」という感覚があって、その人も「やべぇ、SEAMOを応援しているうちにこんなに歳食っちゃった」と思ってるかもしれない。そういうことを思い浮かべながら書いた曲です。その人たちの共通認識として、僕が笑顔でいると嬉しいということがあるんです。ファンの人から、僕の発言に対して「それは良くない」とか、いろいろバッシングされたこともありましたけど、思い返してみると、俺は間違ってないと思うこともあれば、あれは不用意な発言だったなということもあって、全部含めて「笑顔だったらいいよね」と。終わり良ければすべて良しという、「どうせなら笑顔で」という思いを、恋人とだぶらせて書いてみました。長年連れ添ってくれているファンの人のことを思い描きながら書いた歌ですね。

──これは裏名曲ですよ。「大人になりました」にも“皆の声が僕を突き動かす”というリリックがあるけれど、聴き手の存在を強く意識してますよね、このアルバムって。

SEAMO:このアルバムは誰に向けて歌っているか?といったら、自分と、15年応援してくれているファンのためのスペシャルなものなんです。初めて僕を聴く人や、「マタアイマショウ」「ルパン・ザ・ファイヤー」は知ってるけど…ぐらいの人たちが「なかなかいいじゃん」と言ってくれればそれで嬉しいですし、だけどずっと応援してくれた人には、「あんなことも思い出すな、こんなことも思い出すな」という感じで、スペシャルな感覚になってほしいじゃないですか。そういうことです。このあとに控えているドキュメント映画はまさに、その人たちに見てほしくて作ったようなものですし、一番スペシャルに感じてほしいのは15年応援してくれてる人たちなので。

──今話の出たドキュメント映画が、来年早々に公開される『もしもあの時“if”』。どんな映画ですか。

SEAMO:ドキュメント作品ってテレビでもよくあるじゃないですか。でもキャリアが薄いと内容も薄くなるというか、僕の場合は何回も挫折を経験していますし、それを裏方の人を含めて描けばわりと重厚なものにできるかなと思って、今まさに撮ってる最中なんですけど、裏方の人や出演してくれたアーティストが何をしゃべってるのか、僕も知らないんですよ。だからすごく怖いです(笑)。どんだけディスられるんだとか(笑)。

──それはそれで面白い(笑)。

SEAMO:僕もかなり赤裸々に語っているし、監督に質問されて、ここまで言わなきゃいけないの?ということも言っています。もちろん最終的にはネガティブなものにはならないし、20周年に向かうための作品だと思っているんですけど、それはもういろいろ言ってますよね。業界的にも、すごく面白い映画になると思っています。そしてツアーも…。

──そうそう。2月2日から「Wave Your SEAMO TOUR」が始まります。全国8公演。

SEAMO:今回は、僕が脂の乗ってる時に集めたお客さんがまた戻ってくるような、そんなツアーだと思っています。あの時集めた何万人ものお客さんがどこへ行ったのか?と思った時期もあったんです。ただの時の人だったのかな?と。でもインストア・ライブとか、家族が来れるような場所でやるとわかるんですけど、私はずっとSEAMOさんを応援してるんだけど、結婚して子供ができてライブに行けなくなってしまったと。「だけどこういう場所には子供を連れて来れるんで」とか、「やっと子供の手が離れてライブに行けるようになりました」とか、「俺はそういう域に入って来てるんだな」と思ったんですね。そういう人たちが戻ってきてくれるツアーになるだろうなという、そういう手ごたえを今感じてます。そういう人たちに向けて、ちゃんと椅子も用意しましたし。

──椅子は大事です(笑)。ある程度の年齢の方には。

SEAMO:ホールじゃないライブハウスに椅子を並べるのは、すごい抵抗があったんですよ。だけど椅子を並べた瞬間に、めちゃめちゃ集客が伸びた。お客さんからむしろ「ありがとう」と言われたりして(笑)。15年経って、お客さんのことを考えれば、それはそうなんですよね。言うなればこれからは、僕に限らずアーティストはみんな、自分のことを命賭けて「最高だ」と言ってくれる人を何人持ってるか?ということですよね。それが僕の財産だと思ってますし、そういう人たちに向けてしっかりアプローチして、ちゃんと良い音楽を届けてあげたいなと思いますね。
▲『PERFECT SEAMO』【初回限定盤】
▲『PERFECT SEAMO』【通常盤】

──ベスト・アルバムにもひとこと触れておきましょう。「マタアイマショウ」のアザー・バージョンも入る究極のベスト『PERFECT SEAMO』が1月22日リリース。

SEAMO:ベスト・アルバムに関しては、ファンの人は間違いなく買ってくれますけど、僕のことを知らない人もたくさんいますし、大入門編ですね。レーベルとしても「マタアイマショウ」という曲をもう一度今の人たちにアプローチしたいんだと言ってくれた、その気持ちもわかりますし、大入門編をもう一度作るという感じです。

──あと、そうそう、これを聞き忘れていました。『Wave My Flag』初回限定盤の封入特典、「SEAMO×カラオケDAMプレミアムパーティー応募券」って、これ何ですか。

SEAMO:これはですね、お客さんと一緒に僕がカラオケを歌います(笑)。僕はいつもは気さくなSEAMOちゃんでいたいんですけど、ワンマンライブの時にはちょっとだけかっこつけたいと言いますか、スーパーマンみたいな圧倒的なかっこよさを出したいんですけど、このカラオケイベントに関しては策はゼロです。一緒にカラオケ歌っちゃいましょうというファン・ミーティングですよね。たまにファンクラブのライブでそういうことをやると、腰を抜かすぐらいうまい人がいたりするんですよ。昔だったら「素人と一緒に歌うなんて」とか思ったかもしれないけど、そういう垣根もなくなって、ファンの人と一緒に楽しみたいと思います。めりはりつけていきますよ。こういうこともやれば、ちゃんと見せる時にはバシッと見せる。そういうふうにやっていきたいと思います。

取材・文●宮本英夫

リリース情報

15周年記念10th オリジナル ALBUM『Wave My Flag』
2019年10月9日発売
・初回生産限定盤(CD+DVD)
BVCL-1003~1004 /¥3,200+税
特典DVD:(1)「大人になりました」Music Video (2)Gloryツアー「ルパン・ザ・ファイヤー」「Cry Baby」ライブ映像
封入特典:SEAMO×カラオケDAMプレミアムパーティー応募券
・通常盤(CD)
BVCL-1005 /¥2,700+税
封入特典:SEAMO×カラオケDAMプレミアムパーティー応募券
<収録曲>
1.Clap Your Hands
2.Wave Your Flag/SEAMO×Crystal Boy×KURO×SOCKS
3.日々労働
4.アンビリーバブル
5.大人になりました
6.Hey Taxi
7.一口馬主Lovers
8.You don’t Fuu
9.未完の大器
10.どうせなら笑顔で
11.終わり良ければ全て良し
12.スーパー・ストロング・エキセントリック・ボーナストラック「BAD天狗/シーモネーター」

ベストアルバム『PERFECT SEAMO』
2020年1月22日発売
・初回生産限定盤(CD+DVD)
BVCL-1040~1043/¥6,000+税
仕様:CD2枚組、DVD、撮りおろしブックレット、SEAMOロゴスマホリング付、豪華パッケージ仕様
封入特典:「Wave Your SEAMO TOUR」バックステージ応募券
・通常盤(初回仕様)(CD)
BVCL-1044~1045/¥3,000+税
仕様:CD2枚組
封入特典:「Wave Your SEAMO TOUR」バックステージ応募券(初回仕様のみ)
<収録曲/曲順未定>
関白
DRIVE
a love story
マタアイマショウ
ルパン・ザ・ファイヤー
Cry Baby
Fly Away
軌跡
MOTHER
Continue
不景気なんてぶっとばせ!!
My ANSWER
Lost Boy
終わりと始まり
海へいこう
約束
Honey Honey
From Now
ONE LIFE
君に1日1回「好き」と言う
汚れた翼で
ROCK THIS WAY  SEAMO×SPYAIR
心の声 feat.AZU
天狗 ~祭りのテーマ~
Hey Boy,Hey Girl feat.BoA
クリスマス大作戦 feat.紗羅マリー
ON&恩/SEAMO×Crystal Boy×KURO×SOCKS
テノヒラ
SUNRISE
with you
リアルありがとう
Glory/ SEAMO×Crystal Boy×KURO×SOCKS×Ms.OOJA
マタアイマショウ アザーバージョン

ライブ・イベント情報

「Wave Your SEAMO TOUR」
2/2(日)仙台dawin
2/8(土)金沢GOLD CREEK
2/11(火・祝)高松MONSTER
2/15(土)広島クラブクアトロ
2/24(月・祝)イムズホール
3/1(日)BIGCAT
3/7(土)山野ホール
3/14(土)Zepp Nagoya

【LIVE情報】
■10/26(土)NAGOWeeEEN SUMMIT’19@名古屋ダイアモンドホール/SPADE BOX
w/nobodyknows+、マジカル♡パレードBEACH、BRIDGET、KURO 他

■11/9(土)四国大学「第59回芳藍祭」@四国大学音楽ホール
w/福富弥生

■12/24(火)出張ネバーランド@名古屋クラブクアトロ
w/nobodyknows+、MASH、g-ton、machaco、Yuma Osako(Orland)、Royal Saloon、HAKOGUMI、HITOMICHANG、LAST CHANCE

キャンペーン情報

【SEAMO×カラオケDAMプレミアムパーティー キャンペーン】
参加方法(1):全国のカラオケ「DAM」設置店でSEAMOの課題曲を歌って応募
参加方法(2):10/9発売SEAMOのオリジナルアルバム封入のイベント応募ハガキから応募
参加方法(3):SEAMOファンクラブ「天狗道場」から応募
応募期間:2019年10月8日(火)~10月31日(木)
イベント内容:ミニライブ&トーク 予定
※プレミアムパーティーは、東京、名古屋、大阪での開催を予定しています
※プレミアムパーティーの開催日程と会場は当選者の方へご連絡させていただきます
詳しくは、「SEAMOオフィシャルHP」をご覧下さい。
https://seamo.jp/

映画情報

・タイトル:SEAMO 15th Anniversary Movie「もしもあの時 ” if "」
・出演者:SEAMO, ET-KING, 古坂大魔王, SOCKS, nobodyknows+(DJ MITSU, Crystal Boy)
DJ TAKI-SHIT, ファンキー加藤, HOME MADE 家族(MICRO, KURO, DJ U-ICHI), 堀江美穂, You-Gee, etc.
・監修:堤幸彦
・上映時期:2020.1.11(土)~1.19(日)
・上映スクリーン:イオンシネマ板橋、イオンシネマ大高、イオンシネマ茨木
・チケット販売時期:2019.11.11(月)予定
・チケット料金:近日発表予定

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着