LUNA SEA、通算10作目となる最新オリ
ジナルアルバム『CROSS』リリース&
全国ホールツアーの開催が決定

今年結成30周年を迎えたLUNA SEAが、前作『LUV』から2年振り通算10作目となる最新オリジナルアルバム『CROSS』を12月18日にリリースすることを発表した。
『CROSS』は、これまで全ての作品をセルフプロデュースで創り上げてきたLUNA SEAが、初めての共同プロデュース&ミキシング・エンジニアとして、グラミーを5度受賞した世界的音楽プロデューサー“スティーヴ・リリーホワイト”を迎えて制作した意欲作で、スティーヴ・リリーホワイトにとっても初めて手掛ける日本人アーティストとなる。
アルバム収録曲は、NHK総合テレビにて放送された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第1弾オープニングテーマ「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」、第2弾オープニングテーマ「悲壮美」を含めた全11曲。リリース形態は、初回限定盤AB、通常盤の他、オフィシャルファンクラブSLAVE会員限定PREMIUM BOX AB、またリリース直後である12月21、22日開催のさいたまスーパーアリーナ公演にて会場限定盤が用意される。
初回限定盤Aは、今年5月に行われた日本武道館公演のライヴ映像で再構築した「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜 -Live Version-」MVと「悲壮美」MVを収録したDVDが付属された2枚組仕様に。初回限定盤Bは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第3弾オープニングテーマ「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」(カバー)を収録したボーナスCDと「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜」リリックMV2バージョン(日本語Ver.&英語Ver.)を収録したDVDが付属された3枚組仕様に。
オフィシャルファンクラブSLAVE会員限定PREMIUM BOX Bには、豪華100ページ写真集や30周年アニバーサリーライブから今年5月29日に開催されたSLAVE会員限定無料招待ライブを映像作品化したDVDと、5月31日、6月1日に行われた日本武道館公演から厳選されたライブCD音源他を付属。
さらに、オフィシャルファンクラブSLAVE会員限定PREMIUM BOX Aには、PREMIUM BOX Bの内容に加え、未だ作品化されていなかった1998年12月24日に東京ドームで行われたライヴ『END OF PIRIOD』の模様が20年の時を経て再編集され、初の映像化作品として付属される。
また、今年12月21、22日開催のさいたまスーパーアリーナ公演では、昨年末に30周年の序章として開催されたLUNATIC X’ MAS 2018から厳選し収録されたライヴCD音源付きの会場限定盤を販売。IMAGE or REAL、SEARCH FOR MY EDENと過去のツアー名を掲げて行われたこの公演は、20年以上演奏されていなかった初期のレア曲が現在のLUNA SEAサウンドで蘇った貴重なライブとなっている。
そして、約2年振りとなる全国ホールツアーの開催も同時に発表された。2020年2月よりスタートし、全国13都市26公演を巡るこのツアーは、最新アルバム『CROSS』の世界をいち早く生で体感出来るのと同時に、LUNA SEAが歩んだ30年の軌跡を共有できる特別なライブとなるので、世界最高基準のサウンドで構築された最新アルバム『CROSS』と併せて是非チェックしてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着