クリームのドラマー、鬼才、ジンジャー・ベイカーが、10月6日、80歳で亡くなった。
ベイカーの家族は10日ほど前、彼が危篤状態にあることを伝えていた。その後、持ちこたえているとの報告もあったが、残念なことに帰らぬ人となってしまった。

ベイカーのSNSには日曜日、「非常に悲しいことですが、ジンジャーが今朝、安らかに息を引き取ったとお知らせしなくてはなりません。この数週間、優しい言葉を送ってくださった皆様に感謝します」との訃報が掲載された。
死因は明かされていないが、ベイカーはこの数年、健康面で様々な問題を抱えていた。慢性閉塞性肺疾患、変形性関節症などを患い、2016年には心臓疾患により開胸手術を受けていた。

独自の演奏スタイルは多くのドラマーに影響を与え、1993年、エリック・クラプトン、ジャック・ブルースと共にクリームの一員としてロックの殿堂入りした。

そのクラプトン、ブルースをはじめ、ニック・メイスン、カルロス・サンタナ、チャーリー・ワッツ、ジョン・ライドン、マーキー・ラモーン、スティーヴ・ウィンウッド、ビル・ワード、ラーズ・ウルリッヒ(メタリカ)、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)らそうそうたる面々がベイカーについて語るインタビューも収録されたドキュメンタリー映画『Beware of Mr. Baker』が、2013年に公開され、話題となった。

合掌。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着