沖縄出身、大友美友。自宅近くのガジュマルがアルバムタイトルのヒントに!?

沖縄出身、大友美友。自宅近くのガジュマルがアルバムタイトルのヒントに!?

沖縄出身、大友美友。自宅近くのガジ
ュマルがアルバムタイトルのヒントに
!?

「ジャングル」というだけあって(?)本人も非常にプリミティヴ。質問に対するリターンも早い。会話動体視力が抜群の感覚的速攻型である。
この記事の後半では、鮮やかな彼女のラリーも感じていただきたく、会話をそのまま生かした。ここらへんも、大城美友の人となりとして楽しんでいただけたら、これ幸いです。
グッズでロールケーキ!?

──沖縄産まれ。夏の暑さには慣れているのでは?
大城美友:炎天下の沖縄で育ったので、大丈夫だろうなと思ったんですけど、東京は暑さのジャンルが違って。身体がまだ慣れていないですね。
沖縄の方がカラっとしてるし、風もあるし。地面からくる怖いジメジメが恐ろしい。普段、用事がなかったら家から出ませんね。

──そんな中でも、真夏を楽しくすごすコツと言われたら?
大城美友:基本、外に出るタイプじゃないんです(笑)。でも、真夏、1日を快適に過ごすなら、家から出ない。

──ははははは(笑)。
大城美友:すみません!

──家の中の過ごし方を教えてください。
大城美友:友達呼んで、自分で作ったケーキとか出して、ずっと話したりして。家カフェですね。小さいころからお菓子作りが大好きで。得意なのはロールケーキなんですけど、たくさんの人に食べて欲しいんですね。
いずれライブのグッズとかで、ロールケーキ作りたいなと。なんなら「大城美友のロールケーキ」を(ライブに来た)お客さん全員にあげたいくらい。

──例えば、ビルボードでライブをする際、よくオリジナルカクテルを出したりしますけど、それのロールケーキ版、みたいな。
大城美友:まさに、まさに!いいですね。是非、やりたいです。

──新しい(笑)。ケーキ作りと、曲作り。「自分の得意技」とか「特徴」というと?

大城美友:基本、シンプルなんです、なんでも。ロールケーキも、シンプルなんですね。私、デコレーションとか苦手なんで、味で勝負というか。そういう部分は、曲作りや歌詞にも通じてると思う。
出来上がる曲も本当にシンプルで。出来上がった後、アレンジャーさんに色付けしてもらうって形なんですよね。

自分の歌声について
──じゃあシンプルというキーワードから。シンプルなものってごまかしがきかないとも思うんですよ。それを他人に出す、聴かせる、見せるってことに対して怖さはない?
大城美友:ないです(きっぱり)。元々、自分の持っている声とか、閃きとかを信じてるから。私、勝負派なんですよ。わからないけど、勝負していこう、っていう。

──そうやって、生きて来た?
大城美友:そうです。ずっとそう。歌声については、常に自分の声がどういう形でいけば引き立つかっていうのを考えていて。周りの方が「美友ちゃんの歌声は、ギター1本でいい」と言ってくださるのも、自信につながってますね。

──自分の歌声を意識したのはいつくらいですか?
大城美友:小学校の頃「歌がうまいね」って言われてたんですけど、その時は、まだ自分の歌声がどういうものなのか、どういう曲に合うのかなんて考えたこともなかったんですよね。
その後、受けたオーディションに課題曲があって、それがたまたまロックだった。初めてロックを歌ったんですけど、その時、めちゃくちゃ歌声を褒められたんです。

──歌が上手い、じゃなくて、歌声がいい、と?
大城美友:そう!

──素敵なエピソードですね。
大城美友:でも、その時は「歌が上手いって言われたいんだけどな。歌声がいいっていうのは、歌が下手くそなのかな」って思ってたんですね。今となっては、すごくありがたい褒め言葉だと思うんですけど。それから「歌声がいい」って言われることが多くなって、今はもう「私の売り物は完全に声だな」と。そういう自信に変わっていきましたね。
でも、まだまだだとも思うので、また今、自分にしか出せない声を研究中というか。これまで以上に、自分の歌声を意識してますね。
曲作りについて

──なるほど。曲作りはどうやって?
大城美友:曲を作る時は、いつも悲しかったり、悔しかったり、腹が立ったりってことが出来てるから、人に何かを伝えたいってよりも、自分の気持ちを書いて歌にしちゃう。
私、すぐ人を信じちゃって、裏切られたりして、傷ついたり、悲し思いをすることが結構あるんです。でも、ここがあるから大城美友でいられるんだと思うし。人の気持ちをすごく気にしちゃって、例えば相手の悲しいエネルギーとかも吸い取っちゃうから、それが混ざって、自分と重なって、何かが産まれてくる。それが曲になるんです。
だから、生まれた時点で私だけの音楽じゃないのかなと思うんですよね。

──アルバム『MI-JUNGLE』のタイトルはどこから?
大城美友:『MI-JUNGLE』のジャングルは私の頭の中を現してて、ごちゃごちゃしててまとまらない、自分のこともわからないっていう。沖縄の家の近くに、すごく大きなガジュマルの樹があるんです。もう、100年以上生きてる。
そのガジュマルにパワーをもらいに人が集まってきたりするんですね。そういう意味で、大城美友美友っていう太い根っこをはって、たくさんの人の気持ちと絡んで、大城美友の大きなジャングルを作ろう、と。

──楽しいことや嬉しいことっていうのは、歌になりにくい?
大城美友:そうなんです。楽しいときは、曲に向かってないんです。気が付いたら、いつも悔しいとか、悲しいとかって時に曲作りをしてる。

私、中間が無いんですよね
──例えば、すごく仲の良い友達とかが結婚するとかなったら、その気持ちを持って曲はかけそう? それともそういう感じもまったくない? どう?そういう機会、これからありそう?
大城美友:あははははは(爆笑)。ありそうって、いいですね(笑)。

──(笑)結婚する親友に向けて書いた曲……みたいな曲、結構あるからさ。そういう気持ちはどう処理するのかな、と、。
大城美友:1度、挑戦したんですよ~。

──もうやってるんだ?
大城美友:はい! でも、ぜんっぜんダメでした!(爆笑)。

──あははははは(笑)。どこらへんでダメって思ったの?
大城美友:歌えないっていうか。自信を持って「聴いてください」って言えない。なんか違う。

──違和感があったの?
大城美友:はい、すごくありましたね。

──こう……自分じゃない違和感、みたいな?
大城美友:そうです、そうです。

──そうか。なるほど。シンプルでありたい、正直でありたいって思うラインが厳しいという感じなのかな。ちょっとでも違和感があったらダメなんだ。
大城美友:そうなんです。こう……中間が無いんですよね。

──はははははは(笑)。激しい人生だね。これまで、そうだったでしょ。
大城美友:そうなんですよ(笑)。

──でも、今の話を聞いて、さっき言った「私シンプルなんです」って言葉が、すごく説得力を持ってきますよね。
大城美友:あぁ、嬉しいです。

ドロドロの歌詞
──アルバム収録曲の「不器用なエンジェル」は、岸谷香さんのプロデュースですね。
大城美友:今回、私のラブコールが香さんに届いて、やっていただくことになったんです。すごくカッコいい方でしたね。
本当にロックな人だなと思ったし。大きな結果を出した人って、どこにいっても芯がぶれないんですよね。それを目の当たりにして「あぁ、すごいな」って思いました。
不器用なエンジェル 歌詞 「大城美友」
https://utaten.com/lyric/mi19080301
──「不器用なエンジェル」を作るにあたり、何かテーマはあったんですか?
大城美友:恋愛をテーマにして作ろうっていうのが、まずありましたね。それで私、歌詞を書いて香さんに送ったんですね。でも、幸せな恋愛をまだしたことが無いので、ドロドロなものに……。

──ははははは(笑)。正直ですね。幸せな瞬間っていうのもあっただろうとは思うけど、そういう感情で、曲を作ってないってことでしたもんね。
大城美友:はい。そしたら香さんがいい感じでポジティヴにしてくれたんです。私では絶対に出てこない曲調だったり、歌詞だったりして、新しい発見もたくさんあった。例えば「ノミのハートなんです」ってフレーズとか。私は自分自身がわかってないから、出てこないと思うんですね。これで「そうか、私はノミのハートなんだな」って思ったり(笑)。

──歌ってみてどうでした?
大城美友:すごく音域が広くて難しい。でもあと100回歌ったら完璧。

──100回か。道のり、結構長いね。
大城美友:うん(笑)。でもさ、身体に染みこませるには時間が必要なんだよね。何回も、何回も。歌が入るまで。

──自分が作った歌でも?
大城美友:それは無い。

──あぁ、そうか。自分で作ったものは、他の人感情も含めて、インプットされたものをアウトプットしているのか。でも「不器用なエンジェル」は、曲そのものをインプットするところから始まるってことか。
大城美友:そうそう。だからすごく難しい。でも楽しいんですよね。新しいものがどんどん入ってくるから、気が付いて、それで成長する自分がいるから。

枯れることを突き抜けた!?
──アルバム『MI-JUNGLE』の中では「ロックん女」が印象的でした。他の曲と比べると、この曲だけ、言葉使いがダウトだなぁと。
大城美友:そう、ちょっと言葉使いが汚いというか。

──そうですね。
大城美友:この「ロックん女」が1番、私そのものです。
ロックん女 歌詞 「大城美友」
https://utaten.com/lyric/mi19080308

──この曲の「枯れるほど輝いてしまえ」ってワンフレーズがすごいなと思った。
大城美友:この歌詞は、もう……自分を下にみちゃってますね。だけど、「枯れることってカッコ悪いことじゃないな」って思えたんです。「私に合ってるじゃん」って思った。

──そう思った時、自分はどういう状態だったの?もう少し詳しく教えてください。
大城美友:えーと……枯れることを突き抜けてしまったんですね。中途半端に枯れなくて、枯れ尽きたら、輝きがみえて来たんですよ。自分がやってることに対して。枯れ切ったって感覚があったんですね。

──出し切ったではなく、枯れ切った、と。
大城美友:枯れるって状態には、ちょっと悲しさもあるんだけど。

──なんか……もう、本当に忙しいよね。激しい日々だよね、きっと。
大城美友:本当に。もう毎日、気持ちが忙しくて。もう大変。

──そうか。気持ちが忙しいと溢れちゃうよね。ダダ漏れとも言うけど(笑)。
大城美友:そう。曲作って、歌詞を書くときと、全然まとまりがつかないんですよ。でもこの「ロックん女」は一瞬にしてまとまりましたよ。

──この曲のブルージーな感じとか、シンプルなギターの弾き語りアレンジとか、大城さんの歌声の良さがすごく生きてると思った。
大城美友:すごく嬉しいです。他の曲ももちろん好きですし、「不器用なエンジェル」とかはもう、これまでにない大城に気づかせてくれる素晴らしい曲なんですけど、この「ロックん女」は、また別の角度から魂を込めた曲なんですね。

──大城さんの曲の作り方は、とても自分を消費する手法だと思うんです。どうやってエネルギーをチャージしてるの?
大城美友:エネルギーは……そうですね……もう……本当、意地ですね。曲は作るしかないし。歌い続けるしかないですから。
Text 伊藤亜希
Photo 岸豊
プレゼント応募についてTwitterで応募するとサイン色紙をUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
9/8 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着