AKB48全国ツアー2019~楽しいばかり
がAKB!~チーム4佐藤七海「最後に岡
田奈々さんと『Iʻm sure』を披露で
きました! 」

妖艶な2人のパフォーマンスで会場魅了

2019年8月20日、約4年ぶりとなるAKB48単独での全国ツアー「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~」の神奈川公演を、カルッツかわさきで開催。

夜の部は村山チーム4が出演。

見どころの1つがユニットでの「Iʻm sure」。岡田奈々と佐藤七海が妖艶に「Iʻm sure」を披露。セクシーなパフォーマンスに会場のファンからも大きな声援。2人が抱擁しあうシーンでは「ひゅーーー」とさらに大きな声援。会場のファンを魅了。チーム4コンサートでも最大級の盛り上がりを見せていた。

チーム8岩手県代表と兼任している佐藤七海は8月9日に卒業発表をしており、自己紹介では「チーム4にいられる時間も短いですが、頑張ります」と語ると会場からも盛大な拍手が起きていた。

またコンサート最後の感想で佐藤七海は「チーム4の全国ツアーは私にとっては今日がたぶん最後です。最後に岡田奈々さんと『Iʻm sure』を披露することができました!」と語ると会場からも「ひゅーー!」と。

岡田は「このチーム4で唯一の変態同盟なのに、ななみん(佐藤七海)がいなくなると、私はただの変態じゃん(笑)本当に寂しい」と語ると会場からも大きな声援と拍手。佐藤七海は「はい!応援しています(笑)」と笑顔で返事。

佐藤七海は続けて「最後にこうしてみんなでツアーができて嬉しかったです!ありがとうございます!」と笑顔で語ると会場からも大きな拍手。

その流れで、最後のアンコール楽曲「君と虹と太陽と」の紹介の時に佐藤七海は曲名を読み間違えて、会場からも笑いと声援。

再び佐藤七海と岡田奈々を中心に村山チーム4全員でチーム4コンサートの最後の楽曲も締めていた。

「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかり
がAKB!~」 神奈川公演チーム4夜公演
セットリスト

No. タイトル メンバー
OA 完璧ぐ~のね 本間、石綿、蔵本、吉橋
0 overture -
1 チューしようぜ! ALL
2 初恋ダッシュ ALL
3 走れ!ペンギン ALL
4 ハートの脱出ゲーム ALL
5 チャイムは LOVE SONG ALL
6 チーム坂 ALL
7 LOVE 修行 ALL
8 初恋の鍵 山内、坂口
9 カフカとでんでんむ Chu ! 川本、稲垣、宮里、馬、多田、平野
10 I'm sure. 岡田、佐藤七
11 クロス 黒須、歌田、濵
12 Which one 大西、浅井、行天、達家
13 野蛮な求愛 村山、永野、大森、佐藤妃、高岡
14 ロックだよ、人生は… ALL
15 4 Stars ALL
16 Teacher Teacher
浅井、稲垣、大森、岡田、黒須、川本、佐藤妃、村山、山内、歌田、大西、行天、坂口、佐藤七、永野、濵
17 NO WAY MAN 同上
18 僕たちは戦わない 同上
19 言い訳 Maybe ALL
20 希望的リフレイン ALL
21 大声ダイヤモンド ALL
22 靴紐の結び方 ALL
~アンコール~
EN1 猫アレルギー ALL
EN2 夢力 ALL
EN3 ジャーバージャ ALL
EN4 君と虹と太陽と ALL

AKB48 Team 4
浅井七海/稲垣香織/歌田初夏/大西桃香/大森美優/岡田奈々/川本紗矢/行天優莉奈/黒須遥香/坂口渚沙/佐藤妃星/佐藤七海/高岡薫/多田京加/達家真姫宝/永野芹佳/濵咲友菜/平野ひかる/馬嘉伶/宮里莉羅/村山彩希/山内瑞葵
Opening Act:本間麻衣/石綿星南/蔵本美結/吉橋柚花

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着