サザンオールスターズ デビュー41周年記念日!メンバーから感謝のコメント到着!

サザンオールスターズ デビュー41周年記念日!メンバーから感謝のコメント到着!

サザンオールスターズ デビュー41周
年記念日!メンバーから感謝のコメン
ト到着!

41周年記念日に感謝のコメント

去る6月15日、16日の東京ドーム2daysで、自身最大規模の全国ツアーを大成功のうちに終了したサザンオールスターズが、6月25日デビュー41周年の記念日を迎えた。
1年前、プレミアムなNHKホールのライブから始まったサザンの40周年イヤー。アルバム「海のOh, Yeah!!」の大ヒットや、“伝説のパフォーマンス”と名高い紅白歌合戦出演、そして6大ドームを含む全国ツアーと、40年を迎えてなおトップを走り続ける不世出のバンドとして称賛に余りある活躍を見せてくれたが、気づいてみればもう1年が経ち今日はなんと41回目のデビュー記念日となった。
【特集】40年間、大衆を魅了し輝き続ける サザンオールスターズの軌跡
https://utaten.com/specialArticle/index/3132
そんな、記念日にオフィシャルサイトにメンバーから、ファンに対する感謝のコメントが寄せられている。
早くも次なる動きを開始!
コメントでは、サザンの新曲のことにも、「まずはツアーで披露いたしました新曲をみなさまの元にお届けすべく、準備を始めました」という形で触れられ、あの大規模なツアー直後にも関わらず、早くも次なる動きを開始したことが示された。
先般のツアーでは、各公演で1曲未発表の新曲が披露されていた。その曲について桑田佳祐は、「ツアーでお客さんとともに熟成させていく曲。近いうちに何等かの形でみなさんにお届けしたい」などとステージ上で語っており、その宣言通りとなった形だ。
この新曲はもちろんのこと、40周年イヤーを過ぎ、42年目に突入するというこのバンドの計り知れないエネルギーが、今後どのような形で提示されていくのか、大いに期待したい。
サザンオールスターズ オフィシャルサイトURL
公式サイトにてライブ映像企画
さて、一方サザンオールスターズのオフィシャルサイトでは、大いに盛り上がった40周年イヤーを受け、この1年に行われたライブの中から、選りすぐりの映像の特別公開がスタート。
第一弾として、昨年8月に69,000人もの観客を歓喜の渦に巻き込んだROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018から「希望の轍」を公開。今後定期的に、新たな曲が公開されるとのことなので、新曲を待ちきれない方は、こちらをご覧いただき新曲発表をお待ちいただきたい。
 
サザンオールスターズ - 希望の轍 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」

WOWOWでツアーの模様を放送
そして、「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』」のライブツアーの模様がWOWOWにて8月24日(土)夜7:30からオンエアされることが決定!
加えて、8月17日(土)には、2018年夏の活動に迫った「サザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』スペシャル」、ライブ放送と同日の8月24日(土)には、デビュー40周年の活動に焦点を当てた「ツアー直前!サザンオールスターズスペシャル2019」という2つのスペシャル番組をアンコール放送することも決定した。
番組特設サイトURL
今後もサザンオールスターズから目が離せない!

皆で熟成させた新曲を形に
<UtaTen編集部からのコメント>
サザンオールスターズがデビュー41周年の記念日を迎えました!
昨年から始まったサザンの40周年イヤーは新曲、紅白、ドームツアーと本当に目まぐるしく、今尚トップを走る不世出のバンドとして大活躍の1年でしたね。
そして、そんな記念日に大切なファンへのメッセージ!
ツアーで披露した新曲を、形にして届ける準備を始めたとのこと。
ツアーに参加したみんなで熟成させて形にしていく、みんなで作りあげた作品になるというファンにはたまらなく嬉しい新曲になりそうですね!
また、公式サイトではこの1年に行われたライブの中から、選りすぐりの映像特別公開!第一弾が「希望の轍」!大好きな曲です!あの紅白歌合戦、伝説のパフォーマンスでも歌われましたね。
UtaTenではこの曲の歌詞コラムもあるので、参考にして下さい。
【歌詞コラム】軽やかな走行音を立てて未来へ…サザンオールスターズ「希望の轍」
https://utaten.com/specialArticle/index/3182
ライブに行けなかった方はWOWOWの放送でサザンのライブの様子をご覧いただけます。
ぜひチェックして下さいね。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen