「スタクラフェス」に、→Pia-no-ja
C←、藤原道山、宮本笑里が出演

イープラス/朝日新聞社が主催する国内最大の全野外型クラシック音楽祭、『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019(通称:スタクラフェス)』(2019年9月28日(土)・29日(日)、横浜赤レンガ倉庫特設会場にて開催)に新たな出演者として、→Pia-no-jaC←、藤原道山宮本笑里が新たに発表された。
まず、インストゥルメンタルユニットの→Pia-no-jaC←は9月28日(土)、同フェス会場内のGRASS STAGE(下記画像参照)で行われるDEPAPEPE(既発表済)の「ブランチ on クラシック」に、スペシャルゲストとして登場する。彼らの魅力は、ピアノとカホンだけというシンプルな構成ながらも、 力強く激しいピアノの旋律と、 独特な存在感をもつカホンの音色がせめぎ合うスリリングかつ重厚な演奏。フェスの盛り上がりには欠かせないアコースティックギターのDEPAPEPEと共に、 大迫力のパフォーマンスを繰り広げること必至だ。
一方、尺八演奏家の藤原道山とヴァイオリニストの宮本笑里は9月29日(日)、こちらもGRASS STAGEでに行われるNAOTO(既発表済)の「ブランチ on クラシック」のスペシャルゲストとして登場する。唯一無二の凄腕POPSヴァイオリニストであるNAOTOとのコラボレーションで、一体どのような化学変化が生じるのか興味深い。
さらに宮本は同日にHARBOR STAGE(下記画像参照)にて行われる「世界まるごとクラシック」に、前年に続き再び出演することも追加決定した。
「スタクラフェス」会場内イメージ図
クラシック音楽の祭典でありながらも決して堅苦しいものではなく、屋外で潮風にあたりつつ、飲んだり食べたり、時には寝そべりながら、ピクニック感覚で音楽を気軽に楽しめる「スタクラフェス」。クラシックの名曲はもとより、ミュージカルや、アニメ音楽とオーケストラのコラボレーションまで、1日あたり100曲以上を楽しむことができるのも音楽好きには嬉しい。前年の圧倒的な好評を受けて、2019年は開催日程を二日間に拡大。会場内は着席可能なHARBOR STAGEと芝生に囲まれたGRASS STAGEの2ステージで構成される。
チケットは、 6月26日(水)23:59まで早割最終先行を受付中。 一般価格よりも最大2,000円お得に購入できる。そして、6月29日(土)10:00からは一般発売がスタートする。 詳しくは公式WEBサイト( https://standupclassicfes.jp )にて。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着