LINE MUSIC プレイリスト『ダラダラ
しよう。』

ミーティア×LINE MUSICプレイリストが
スタート!

今週から新たにミーティアとLINE MUSICのコラボ企画がスタート!毎週いろんなテーマでプレイリストを作ってお届けします!
本記事は、LINE MUSICにて展開中のプレイリストと連動。プレイリスト作成者の“特にオススメな楽曲”を詳しく紹介します。

今週のテーマは『ダラダラしよう。』
最初からやる気なさそうなテーマですが、「実は5月病っぽくって」とか「春はどこにいったの? もうすでに夏バテなんですけど」って人もいるんじゃないの? がテーマ選びのきっかけ。
もしそうじゃなくっても、日々せわしなく動いてばかりだとエネルギーが切れちゃうし、リラックスするときは思いっきり身を任せていいじゃないか、というメッセージでもあります。
そんなこんなでミーティアの編集長やってます、石野亜童がお届けします。ダラダラしながら読んでみてください。


僕は一寸・夏編 / 細野晴臣

気を抜いていても耳の穴にするりと入ってくる細野晴臣さんの言葉。ゆっくりダラダラしながらあったかい愛情のような音像に包まれながら、やっぱりダラダラするんです。「HOCHONO HOUSE」収録


Greedy / 落日飛車 Sunset Rollercoas
ter

夜の音楽って感じでしょうか。遠くにぼんやり輝くネオンの光を他人事のように眺めながら、やっぱりダラダラしています。「CASSA NOVA」収録


August 10 / Khruangbin

やっぱり真夜中に聴きたい音楽。ソファで寝落ちして目を覚ました時に一瞬「ここどこ?」ってなる時があるんだけど、自分が今どこにいるのかを考えなくてもいいよ、そのまま身を任せてどこにいるのかわからないまま微睡んでみましょうね。そのままゆっくり静かに目を閉じましょうね。「Con Todo El Mundo」収録


Sweet and Sour / Nulbarich

これは本当に名曲。Nulbarichすごくいい!と思ったきっかけでした。ダラダラし尽くしてカラダも気持ちも充電できたかも、な時に聴いてほしい。さあ明日に向かおうぜって感じ。あくまでもダラダラしながら聴くのがポイントなんですけども。「Blank Envelope」収録


Point Blank / Augustus Pablo

ダラダラしようの真骨頂。うたた寝して汗だくで目が覚めて「なにこの部屋あっつい」ってクーラーのボタンをピッと押してまたしばらく瞼を閉じて。部屋がだんだん涼しくなってきて。快適な空調でまたデイドリームな感覚でダラダラダラダラ。「This Is Augustus Pablo」収録


すぼんとぼう / 坂本慎太郎

この今にも止まりそうで止まらないグルーヴとループの渦。そして変化していく「ずぼん」と「ぼう」の関係性。わたしはすっかり音楽の中にどっぷり取り込まれてしまってソファにずっしりと体をあずけるのです。「幻とのつきあい方」収録


『ダラダラしよう。』な15曲。続きはL
INE MUSICで

今週からスタートしたミーティア×LINE MUSICプレイリスト。いかがでしたでしょうか? ダラダラは大事だな、ってことが少しでも伝わっていたら嬉しいです。
本編のLINE MUSICでは全部で15曲選んでいますので、ダラダラのおともにぜひプレイしてみてください。

MEETIA × LINE MUSIC プレイリスト 「ダラダラしよう。」

LINE MUSIC プレイリスト『ダラダラしよう。』はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」