King & Prince、1stアルバムのジャケ
ット&収録内容発表

King & Princeが、1st Album『King & Prince』(6月19日発売)のCDジャケット3種類をオフィシャルサイトおよびレーベルサイトで公開した。
本作には大ヒットシングル「シンデレラガール」をはじめとした全シングル作品、5月17日公開予定の映画『うちの執事が言うことには』主題歌に起用されている新曲「君にありがとう」、ビタミン炭酸MATCH CMソング「Sha-la-laハジけるLove」ほか新曲を多数収録。

初回限定盤Aはスペシャルパッケージ仕様となり、トールケースサイズでスリーブケース、32Pのフォトブックレットが付属。初回限定盤Bにはリアル3Dジャケットと32Pのフォトブックレットが付属し、Jr.時代の楽曲も11曲収録される。

詳細は以下のとおり。

1st Album『King & Prince』


▲通常盤

2019年6月19日(水)発売
■初回限定盤A
スペシャルパッケージ仕様(トールケースサイズ、32Pフォトブックレット、三方背ケース)
Blu-ray ¥4,100+税 UPCJ-9007
DVD ¥3,600+税 UPCJ-9008

■初回限定盤B(2CD)
リアル3Dジャケット付き、32Pブックレット
¥3,600+税UPCJ-9009/10

■通常盤
¥3,000+税 UPCJ-1001

[CD]
01. シンデレラガール
02. Sha-la-laハジけるLove
03. 君を待ってる
04. Naughty Girl
05. Can't Stop Now
06. マホロバ
07. 別々の空
08. Moon Lover
09. FEEL LIKE GOLD
10. Big Bang(平野紫耀、髙橋海人)
11. Dance with me
12. Super Duper Crazy
13. Memorial
14. Letter(岸優太、永瀬廉、神宮寺勇太)
15. Song for you 〜君を信じて〜
16. 君に ありがとう
17. King & Prince, Queen & Princess(※通常盤のみ収録)

[初回限定盤A(Blu-ray / DVD)]
・「Naughty Girl」Music Video
・「Naughty Girl」Music Video & ジャケット撮影 メイキング
・「Naughty Girl」Music Video メンバーソロver.
・「Naughty Girl」Music Video ダンスver.
・「King & Princeプレミアムトーク」 〜メンバーがデビューから未来の展望まで本音で語る!!〜

[初回限定盤B(CD / DISC2)]
01.サマー・ステーション
02.Hello!!!ハルイロ
03.勝つんだWIN!
04.MIXTURE
05.Bounce To Night
06.OH! サマー KING
07.Alright
08.THE DREAM BOYS
09.Prince Princess
10.You are my Princess
11.描いた未来〜たどり着くまで〜

[初回封入特典]
1stアルバム「King & Prince」発売記念キャンペーン 応募用シリアルナンバー
※全形態初回プレス分にのみ封入
※詳細は後日発表

[先着外付け特典]
初回限定盤A(Blu-ray付 / DVD付)/フォトカード(A5サイズ) 初回限定盤B / ステッカーシート 通常盤 / クリアポスター(A3サイズ)
※特典は先着です。数に限りがございます。
※ご予約ご購入の際は必ず各店舗、各オンラインサイトでご確認ください

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」