ちょっと変わった人間の少女と、いまどき吸血鬼の同居コメディ「となりの吸血鬼さん」

ちょっと変わった人間の少女と、いまどき吸血鬼の同居コメディ「となりの吸血鬼さん」

ちょっと変わった人間の少女と、いま
どき吸血鬼の同居コメディ「となりの
吸血鬼さん」

TOP画像引用元 (Amazon)

庶民的で現代的な吸血鬼少女との同居コメディー
「となりの吸血鬼さん」は、甘党によるコミックキューン連載の4コマ漫画で、2018年10月よりAT-X・TOKYO MXなどで放送されました。
「となりの吸血鬼さん」あらすじ
ある日、生きた人形がいるという人形の館の噂を聞いた天野灯は、その人形を家に連れ帰ろうと館を探しに行き、その途中に森で迷子になってしまった灯を助けたのが、人形の館と噂されていた屋敷の主であり、吸血鬼のソフィー・トワイライトでした。
まるで人形みたいにかわいいソフィーを一目で気に入った灯は、毎日のように屋敷に通い始め、やがてそのまま住み始めてしまいます。
2人の出会いをきっかけに、元々1人でひっそりと暮らしていたソフィーの回りにはやがて灯の友達の夏木ひなたや、100年ぶりに目を覚ましてソフィーを追いかけてきた同じ吸血鬼のエリーがやってきて、どんどんにぎやかになっていきます。
この作品の吸血鬼・ソフィーは軒並み一般的な吸血鬼の特徴(不老不死、教会が苦手で、十字架をかざされると不快感を催す、日光を浴びると灰になるなど)を持っていますが、
人間を襲うようなことはなく、通販で血液や趣味のアニメグッズを購入している現代的で庶民的な生活をしていました。
「となりの吸血鬼さん」は、イマドキ吸血鬼さんとの同居コメディです!
魅力的なキャラとキャスト紹介
ソフィー・トワイライト→CV:富田美憂
天野灯(あまの あかり)→CV:篠原侑
夏木ひなた(なつき ひなた)→CV:Lynn
エリー→CV:和氣あず未
倉井朔夜(くらい さくや)→CV:日高里菜
青木夕(あおき ゆう)→CV:内田彩
近年のカルチャーやトレンドを知っていたりと庶民的な生活をしている吸血鬼の主人公・ソフィーに「アイカツスターズ!」で虹野ゆめ役を演じた富田美憂が、
人形が大好きな女子高生で人間側の主人公・天野灯役にこの作品で初のメインキャラクターを務める篠原侑が演じます。
また、灯の友達役に、声優のLynn、日高里菜、声優アーティストの内田彩、ソフィーの親友の吸血鬼のエリーを和氣あず未が演じ、主人公2人を支え、物語の盛り上げ役となっています。
OPテーマ曲、EDテーマ曲を声優陣が歌う!
「となりの吸血鬼さん」のOP&ED主題歌を担当するのは、ソフィー・トワイライト(CV:富田美憂)、天野灯(CV:篠原侑)、夏木ひなた(CV:Lynn)、エリー(CV:和氣あず未)の4人です。
ジャケットはOP&ED主題歌を歌うキャラクター4人が描かれており、このCD内にOPとED曲が両方収録されています。
また、先着順購入特典として、それぞれの店舗で異なる「となりの吸血鬼さん」のブロマイドやバッジなどがプレゼントされました。
OP主題歌の作詞・作曲・編曲にAKB48関ジャニ∞、声優アーティストに楽曲提供をしている園田健太郎が担当するなど、可愛らしい吸血鬼と人間のハーモニーを作り上げ、「となりの吸血鬼さん」を彩ります。
「となりの吸血鬼さん」ワールドはBD/DVD続きを観れる!
2018年10月から12月にかけて放送されたアニメは終了しましたが、4コマのコミックスも発売されていて、更にはアニメのブルーレイ/DVDがこれから発売していきます。
ジャケットは原作者の甘党がイラストを手掛けていて、可愛らしい吸血鬼と人間の世界に触れることができますので、「となりの吸血鬼さん」のアニメを見逃した方は、ぜひブルーレイ/DVDをご覧ください!
TEXT UTAKATA
最新情報はコチラ!
▷アニメ「となりの吸血鬼さん」公式サイト
▷アニメ「となりの吸血鬼さん」公式

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」