アニメ映画『LUPIN THE IIIRD 峰不二
子の嘘』大人のルパン第3弾は峰不二
子にフィーチャー

アニメーション映画『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』が、2019年5月31日(金)より新宿バルト9などで公開される。
『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』『LUPIN THE III RD 血煙の石川五ェ門』に続く“大人のルパン”シリーズ第3弾となる本作では、抜群の美貌とプロポーションを武器にし、男を惑わし、己の欲望にのみ従って生きる峰不二子にフィーチャー。最強ミューズ・峰不二子に迫る絶体絶命の危機が描かれるという。峰不二子役を演じるのは、2011年より同役を担当している沢城みゆき。ルパン三世役はもちろん、栗田貫一が務める。
『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』は、“消えた5億ドル"を巡る、不二子の奮闘を描いたストーリー。ある日不二子のもとにやって来たのは、“小さな依頼人”少年・ジーン。父親が横領した5億ドルのカギを握るその少年は、父・ランディを襲った殺し屋ビンカムに命を狙われており、少年に関与した不二子もその標的となってしまう。
呪いの力によって人の心を操るビンカムから一度は逃げ延びる2人だったが、再び魔の手に捕まってしまう。ビンカムの持つ鋭利で不気味な爪が、不二子に襲い掛かるーー!
峰不二子の魅力は、類まれな外面だけでなく、何事にも揺るがないハートの強さ。男を利用するために嘘はついても、自分には決して嘘はつかず、「出来もしない嘘だけはつきたくない。それだけよ」というセリフを作中で残している。作品では、そんな彼女の魅力が溢れる名言が数多く登場するので、ぜひその目で確かめてほしい。
監督はスタイリッシュかつハードな演出に定評のある小池健が務めるほか、脚本に「ルパン三世 PART4」でシリーズ構成・脚本を務めた高橋悠也、音楽にCM・映画音楽で活躍するジェイムス下地、アニメーション制作にテレコム・アニメーションフィルムと、前2作のクリエイターたちが再集結する。
3月29日(金)からは、公開劇場にて劇場購入特典付きのムビチケ(1,300円)が発売。小池健監督が書き下ろした峰不二子の原画をデザインしたA5クリアファイルがプレゼントされる。
『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』公開日:2019年5月31日(金) 新宿バルト9ほか限定劇場公開原作:モンキー・パンチ監督・演出・キャラクターデザイン:小池健脚本:高橋悠也音楽:ジェイムス下地クリエイティブ・アドバイザー:石井克人声の出演:栗田貫一、小林清志、沢城みゆき、宮野真守ほか製作・著作:トムス・エンタテインメントアニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム共同配給:ティ・ジョイ、トムス・エンタテインメント

新着