全米アルバム・チャート、カナダ人ラ
ッパーNAVのセカンドが1位

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、カナダ出身のラッパー、NAVの2枚目のスタジオ・アルバム『Bad Habits』が初登場で1位を獲得した。昨年リリースした1st『Reckless』の最高位は8位で、これが彼にとって初の全米NO.1アルバムとなった。
2位は、アリアナ・グランデの『thank u, next』がキープ。2月に1位に初登場して以来7週間トップ2に留まり続けている。先週まで2週連続でトップだったジュース・ワールドのセカンド『Death Race For Love』は3位に後退した。

4位には、ラッパーRich The Kidの2枚目のスタジオ・アルバム『The World Is Yours 2』が初登場。ちょうど1年前リリースした1枚目『The World Is Yours』(最高2位)に次ぐヒットとなった。

今週はこのほか、モトリー・クルーの映画『The Dirt』のサウンドトラックが10位にチャート・インしている。彼らにとって9枚目の全米トップ10アルバムとなった。これまでにサード・アルバム『Theatre Of Pain』(1985年)が6位、続く『Girls, Girls, Girls』(1987年)が2位、『Dr. Feelgood』(1989年)が1位、『Motley Crue』(1994年)が7位、『Generation Swine』(1997年)が4位、『Saints Of Los Angeles』(2008年)が4位、コンピレーション・アルバム『Decade Of Decadence』(1991年)が2位、『Red, White & Crue』(2005年)が6位をマークしていた。

今週はまた、ボーナス・トラックが加わり再リリースされたXXXtentacionの『?』(2018年)が27位から5位に再浮上している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。