【インタビュー】加藤和樹、ニューS
G「Answer」発売「今年は、さらなる
高みに挑む年」

加藤和樹が、ニューシングル「Answer」を3月27日に発売する。表題曲「Answer」は、昨年2018年夏から秋に実施された全国ツアー<Kazuki Kato Live "GIG" TOUR 2018-Ultra Worker->ですでに披露されており、ファンからもリリースの問い合わせが多かったというロックナンバー。2仕様リリースのうち、TYPE Aのカップリングにはオリジナルの新曲「ordinary days」、TYPE Bには自身が初めて聴いたときに鮮烈な印象を受けたという、さだまさしの「奇跡~大きな愛のように~」のカバーが収録されている。

今回BARKSでは、この充実のシングルに関してインタビューを実施。また、昨年のツアーで得たもの、そして今年もミュージシャン・俳優・声優として精力的に活動する加藤和樹という表現者の信念について尋ねた。

  ◆  ◆  ◆

■ 表現者として今の時代と向き合った「Answer」

── ご自身名義としては実に9年ぶりのリリースとなったフルアルバム『Ultra Worker』を携えたツアー<Kazuki Kato Live "GIG" TOUR 2018-Ultra Worker->を2018年8月から11月まで行った加藤さん。BARKSがレポートさせていただいた最終日の豊洲PIT公演では、オリジナル楽曲はもちろん、ミュージカルナンバーやキャラクターソングも織り交ぜた多彩な表現欲にすっかり魅せられてしまいましたが、改めて振り返ってみると、ご自身としてはツアーを通してどんな手応えがあり、どんなことを感じられたのでしょうか。

加藤和樹:数年前まで、自分が出演するミュージカルのナンバーや声優として歌うキャラクターソングはライブとは別物だと考えていて、ライブではいっさい歌っていなかったんですね。でも、なにがきっかけで僕のことを応援してくれるようになったのかは人それぞれ違うわけで、ミュージカルファンの方、アニメファンの方がライブに来てくださったとしても楽しんでもらいたい、という想いからミュージカルナンバーやキャラクターソングを歌うようになって。芝居の中ではなく、自分のオリジナル曲を歌っている中で役になって歌う、という状況に最初は戸惑いがあったりもしたんですけど(苦笑)、お客さんが聴く体制でいてくださる環境のおかげで、次第に素直な気持ちで歌うことができるようになったんです。昨年のツアーでは、アルバム『Ultra Worker』の曲はもちろん、そうしたミュージカルナンバーやキャラクターソングもみなさんが熱量高く受け止めてくれたおかげで、とても充実したものになったし、次につながる大きな手応えを得ることができました。

── いちオーディエンスとして、頑張るすべての人が大きな力をもらえる『Ultra Worker』の楽曲群の生のパフォーマンスに、音源にも増して勇気づけられたりもしました。

加藤:曲が、ツアーで本当にたくましく育ちましたから。というか、みなさんに育ててもらいました。本当に、いいツアーがまわれましたよ。
── そのツアーでは、今回シングルリリースされる「Answer」も披露されていました。ものすごくライブ映えするエモーショナルなロックナンバーですね。

加藤:この曲はまさにそこを意識して作ったので、ミュージックビデオにもライブシーンを織り交ぜています。ライブ感をダイレクトに届けられる楽曲になったんじゃないかなと思います。

── 冒頭のかけ声からして、胸が熱くなります。

加藤:そこはもう、ライブでみんなに声を合わせてもらいたいところですね。
── また、加藤さんが書かれた歌詞は現代社会を生きる人に刺さる言葉ばかりです。

加藤:SNSで顔を知らない人ともつながる今は、肯定的なものから否定的なものまでいろいろな声が入ってくるわけですけど……そういうものに左右されたり惑わされたりせず、自分自身で “Answer=答え”を導き出して、自分の意志を貫くことが大事なんじゃないかな、と思って。それを、この曲で言いたかったんですよ。

── そういう発信をしようと思った、きっかけはあるのでしょうか。

加藤:具体的ななにかがあったわけではないけど、特に若い世代なんかは、インスタグラムやツイッターに依存して……。

── そこでの評価がすべて、となってしまいがちだったりとかしますよね。

加藤:そうそう。でも、その人の価値ってそこだけで測れるものではないし、それぞれの個性や魅力を見失ってほしくないな、という気持ちがあって。ほかにも、たとえば災害に乗じて事実と違う話が拡散されてしまったり、誰かがなにかを主張すれば時に炎上してしまったり、今の時代だからこそ起こってしまう事件や問題ってすごく多いと思うんですよ。それを僕と同じように哀しい気持ちで受け取っている人も多いはずだし、だったらそこに向き合って、表現者としてちゃんと真っ直ぐな言葉で届けるべきだなと。

── “たとえこの先 迷い 悩んだって構わない”と肯定した上での“辿り着いてみせろ  誰もが皆 羨むその先へ”という言葉にしても、背中を押してもらえます。

加藤:自分を持っていると敵も作りやすいかもしれないけど、周りがどうあれ自分の信じる道を迷わず進む生き方って、やっぱりかっこいいし、憧れる。譲れないものはちゃんと持っていたいな、って自分自身思います。

── という加藤さんの言葉や、「Answer」の歌詞は、きっと誰かにとっての“きっかけ”になるはずです。

加藤:そうなったらいいですよね。今すぐどうこうじゃなくても、この曲を聴いて少しでも心が動いて、一歩踏み出してみようかな、って思ってもらえれば嬉しいです。

── 音楽や言葉には本当にそういう力があるな、とあらためて思いました。

加藤:自分自身も音楽に変えてもらったし、その力は信じたいです。だからこそ嘘はつきたくないし、真っ直ぐ届けるためにも難しい言葉は極力歌詞に使わないようにしていて。いくら難しい言葉を書き並べても、結局言いたいことってシンプルだったりしますから。自分の経験をもとに、なるべく飾らない言葉で伝えるようにはしています。

◆インタビュー(2)へ
■ もしかしたら、明日は言えないかもしれないから

── “TYPE A”に収録の「ordinary days」の歌詞は、日常感が際立っています。

加藤:まさにそうですね。20代後半くらいから、当たり前のことが当たり前じゃないな、ということをすごく感じていて。大げさかもしれないけど、何気ない日常への感謝が常に胸にあるんですよ。

── だから、“特別な ordinary days=特別な普通の日々”と歌うんですね。

加藤:変わりばえしない毎日に思えても、同じ日なんて決してないわけだし、本当は毎日が特別なはずですよね。

── でも、ついつい普段はそれを忘れてしまう……あらためて気づかせてもらえる曲です。


▲SG「Answer」TYPE A

加藤:それこそ災害が起これば、当たり前の日常が奪われてしまうじゃないですか。僕自身、ついつい忘れてしまう瞬間もあるけど、明日が来ること、ご飯が食べられるっていうのは当たり前じゃないんですよね。

── “言葉じゃ足りない 伝えたい この想いを”、という歌詞にあるように、大切な人にちゃんと伝えなきゃいけないですよね。

加藤:「おはよう」「おかえり」「ありがとう」「愛してる」「好きだよ」とか、近しい存在であるほど日々の中でおざなりになってしまったりもしがちだけど、そういう言葉を交わすってすごく大事なことで。もしかしたら、明日は言えなくなってしまうかもしれないですからね。僕なんかは家族とずっと離れて暮らしているわけで、じゃああと何回会えるかって考えたりもするし。周りにいる人や当たり前に感謝して、1日1日を大切にして生きていきたいなと。だから、会いたいなと思ったら突発的に連絡しちゃったりとか、行動に移すようにはしています。

── 見習いたいと思います! 歌詞に“目覚めたらモーニングコーヒーを”というフレーズがありますが、加藤さんが朝起きて必ずすることはありますか?

加藤:僕は、夜だけじゃなくて朝も必ずシャワーを浴びます。

── それがスイッチになるんでしょうか。

加藤:そうですね。寝起きはいいほうなんですけど、だいたいいつも出かける1時間前に起きてシャワーを浴びることで、スイッチが入るっていう。逆に、ギリギリに起きてそのまますぐ出かける、みたいなことができないんですよね。

── そういえば以前、本番のだいぶ前に楽屋入りをされるとお聞きしました。

加藤:余裕をもって動きたいので、基本は15分前行動を心がけていて。舞台公演の場合は、本番の3時間前くらいには楽屋入りします。

── お仕事を始めた当初からなのでしょうか。

加藤:もともとの性格的に、早め行動派ではあるんですけど……実はですね、この業界に入って初めての仕事で、大遅刻をしたことがあるんですよ。2時間ドラマの現場で朝5時半集合だったのに、緊張しすぎて眠れなかったあまり、起きたのが集合時刻で。

── それはもう、頭が真っ白になりますよね。

加藤:本当に、一番の新人が遅れるなんてあってはならないことで。終わった……って思いましたから(苦笑)。そのとき、絶対に遅刻はしないと心に決めて。

── ちなみに、そうした遅刻だったり、なにか失敗してしまったときは、どう乗り越えたらいいのでしょうね。

加藤:冷静になって、その時点からの最善策を探すべきかなと。慌てても時間は戻らないし、いいことはないですからね。あと、変な嘘はつかずに、寝坊したなら「寝坊しました、すみません!」と正直に謝ること。なにか失敗したとしても、そこからどうするかっていうことを必死に考えて、真摯に向き合うことが大事だと思います。

── という言葉にも、加藤さんの誠実な人柄が滲みます。さて、作品に戻りまして、“TYPE B”にはさだまさしさんの名曲「奇跡~大きな愛のように~」のカバーが収録されますが、この曲との出会いというのは?
加藤:去年のファンクラブ・ライブで、ファンの方からリクエストをいただいてこの曲をカバーさせていただいたときに、聴く人に寄り添う歌詞が素晴らしいな、と思いまして。僕が目指すバラードのイメージにぴったりな曲でもあったので、今回収録させていただきました。

── “どんなにせつなくても 必ず明日は来る”という出だしの言葉はじめ、ハっとさせられたり、気持ちが重なったりする言葉がたくさんあります。

加藤:そうなんですよね。飾らない言葉であり、そこには“あなた”への愛があふれていて。

── ストリングスやアコースティックギターの優しく温かな音色に映える加藤さんの丁寧な歌声も、愛に満ちています。

加藤:そう感じてもらえたなら嬉しいです。技術的なことを言えば、レンジが広いですし、“さださん節”が難しい楽曲だったりもするんですけど、感じるままに歌って。僕も、歌いながら愛に満たされていく感覚がありました。


▲SG「Answer」TYPE B

── 加藤さん自身は、“愛”を感じるのはどんなときなのでしょう。

加藤:それはやっぱり、ライブをしているときですね。みんなが足を運んでくれて、観てくれて……そこには愛しかないな、って。

── いつでもそこにあると、愛に慣れて、それこそ当たり前のもののように思ってしまっていそうな気がしますが……。

加藤:いやいや、慣れるどころか、応援してくださる方たちへの愛や感謝はより大きくなっていますよ。ライブはみんながいないと成り立たないし、各地で待ってくれている人がいるから、3月からはまたツアーでいろいろなところに行かせてもらえるわけだし。ライブは、自分にとって特別な場所。できればずっと守っていきたい、という想いがあります。

◆インタビュー(3)へ
■ 役者と音楽、どちらもやっていくと決めたからには

── 3月29日からは<Kazuki Kato Road TOUR2019~Thank you for coming!~>がスタートしますが、しばらく行けていない場所を初めてひとりで巡る「原点回帰」ツアーですよね?

加藤:そうです。これまではずっとバンド形式でツアーをまわっていましたけど、数年ぶりとなる熊本や宮崎、札幌、新潟や、初めてライブをしに行く山口も含め、感謝の想いや自分の音楽を丸っきりひとりで全国のみんなに届けに行くという、初挑戦をしたいなと。ひとりっきりだから正直言って不安もあるものの、ひとりだからこそできること、話せることもあると思うので。

── 多くの経験を重ねた今だからこそ、挑めることでもありますよね。

加藤:本当に。以前、ファンクラブでトークショーをやらせてもらったときにはMCさんを入れずにひとりで進行したりもしましたけど、昔だったら考えられないですから。もともとしゃべるのが嫌いで、インタビューも大の苦手だったんですよ。前日は緊張で眠れないし、その場になると言葉に詰まっちゃうし、何回も同じことを言っちゃうし(苦笑)。

── 今の加藤さんからすると、信じ難いです。

加藤:昔はライブのMCを全部紙に書いて、それを全部暗記して。それが今では、その場その場で感じたままにしゃべって、「MCが長い!」ってスタッフに叱られることもしばしば。自分でも、今の自分は昔の加藤和樹とは別人なんじゃないかな、って思います(笑)。

── それほどの変化が起きたのは……。

加藤:人が好きになったから、でしょうね。人に育てられて、人に生かされて今があります。

── そして、<Kazuki Kato Road TOUR2019~Thank you for coming!~>ののち、4月には東名阪をまわるスタンディング・ライブツアー<Kazuki Kato LIVE"GIG"TOUR2019~Thank you for coming!~>と、<Thanksgiving of VOICE vol.2>と題したファンクラブ・ライブが開催されます。

加藤:スタンディング・ライブツアーは、バンドメンバー・THE DRASTICSとまわって、<Thanksgiving of VOICE vol.2>では前回のファンクラブ・ライブに続き、カバー曲を歌いたいなと。これだけ続けてライブができるっていうのは、本当に幸せなことで。

── ただ、ライブが続く期間、加藤さんの場合は舞台や声優のお仕事も入ってくるのではないかなと思うわけで……体調管理含め、同時進行であれこれこなすのは大変ではないですか?

加藤:体調管理に関しては、まずは喉のケアが大事なので、持ち運べる吸入器は欠かせないですね。あと、各地で美味しいものをいただいてしまうツアーでは体重管理もしつつ……。

── ご当地グルメという誘惑が(笑)。

加藤:そうなんですよ(笑)。でも、その土地ならではの美味しい食べ物との出会いや、その土地の空気を吸って街並みを眺められるっていうのは、ツアーの醍醐味でもあって。時間があるときは、ライブ会場の周りを散歩したりもするんですよ。そういう体験は、ライブのMCに生かせたりもしますからね。

── 地元の人にとっては、それもまた嬉しいはずです。

加藤:僕自身、中学生のころに地元・名古屋でL'Arc-en-Cielさんのライブに行って、hydeさんが「味噌カツ食べたで」ってMCで言ってくれたとき、すごく嬉しかったですからね。自分が発信する側になった今、自分が嬉しかったことをしたい、と自然と思うんです。って、話がそれちゃいましたが……同時進行でいろいろな仕事をこなすということに関しては、それが大変という感覚はあまりなくて。今度のツアーの合間には次の舞台の稽古も始まっていると思うんですけど、ツアー中のちょっとした移動時間に舞台の復習をしたりとか。役者と音楽どちらもやっていくと決めたからには、両方を100%でやりたいし、やるべきだと思うんです。

── 揺るがない覚悟があるから、両立できるのですね。

加藤:それに、その覚悟がないと、役者だけをやっている人、音楽だけをやっている人に対して、失礼だとも思うんですよ。昔はよく、「中途半端」だとか「どっちつかずになっちゃうんじゃないの?」って言われましたけど、表現者としてやりたいことは素直にやっていきたいし、音楽で得たものが芝居で、芝居で得たものが音楽で生きてきたりもするし、ひいてはそういう自分にしかできない表現ができる、と信じてもいます。

── その上で、2019年はどんな年にしたいと思っているのでしょうか。

加藤:今年は、さらなる高みに挑む年ですね。音楽面では3月・4月にたくさんライブをして、役者としてはザ・ビートルズの創成期を描く舞台『BACKBEAT』はじめ、作品の中で歌い続ける年になるので。そういう中でなにを感じて、どんな成長ができるか、自分自身楽しみにしていますよ。

取材・文◎杉江優花

  ◆  ◆  ◆

■ニューシングル「Answer」

2019年3月27日(水)発売
・TYPE A(シングルCD+DVD)
TECI-665 / ¥1,852+税
[CD]
1.Answer
2.ordinary days
[DVD]
「Answer」ミュージックビデオ + 「密着ドキュメンタリー KAZUKI KATO 前編 +未公開映像」

・TYPE B(シングルCD+DVD)
TECI-666 / ¥1,852+税
[CD]
1.Answer
2.奇跡~大きな愛のように~
[DVD]
「Answer」ミュージックビデオ + 「密着ドキュメンタリー KAZUKI KATO 後編 +未公開映像」

■Live Blu-ray & DVD『Kazuki Kato Live "GIG" TOUR 2018 ~Ultra Worker~』

2019年2月27日(水)発売
2018年7月18日にリリースとなったフルオリジナルアルバム『Ultra Worker』を引っ提げて行われた全国ツアー<Kazuki Katol Live "GIG" TOUR 2018 ~Ultra Worker~>の2018年11月11日、豊洲PIT でのツアーファイナル公演の模様をBlu-rayとDVDでリリース。
※dTVチャンネル(ひかりTVチャンネル+)にて生配信されたものとは別編集となります。

・Blu-ray盤
TEXI-64044 / ¥6,000+税
・DVD盤
TEBI-48554 / ¥4,500+税

収録内容
1.Ordinary Lives(普通の人生)
2.Ultra Worker
3.Venom
4.WARNING
5.LADY GO!!
6.Hang Glider
7.サ・イラ・モナムール
8.魂
9.Calling Me
10.con・fu・sion ~心の叫び~
11.L∞P
12.Razor-Will ~ver. Lone Roar~
13.LOVE GAME
14.Butterfly
15.BLUE MONDAY
16.欲情 -libido-
17.DIAMOND
18.Answer
19.BEACH
20.君はFragile
21.HERO
22.Heart Beat
23.to you

■<Kazuki Kato Road Tour 2019 ~Thank you for coming!~>

2019年3月29日(金) 福岡 DRUM Be-1
2019年3月30日(土) 熊本 B.9 V2
2019年3月31日(日) 宮崎 SR BOX
2019年4月2日(火) 山口 LIVE rise SHUNAN
2019年4月4日(木) 広島 セカンド・クラッチ
2019年4月6日(土) 高松 DIME
2019年4月7日(日) 岡山 IMAGE
2019年4月9日(火) 札幌 SPiCE
2019年4月13日(土) 柏 PALOOZA
2019年4月14日(日) 新横浜 NEW SIDE BEACH
2019年4月17日(水) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
2019年4月18日(木) 仙台 MACANA
2019年4月20日(土) 新潟 GOLDENPIGS RED
2019年4月21日(日) 金沢 AZ

■<Kazuki Kato Live "GIG" Tour 2019 ~Thank you for coming!~>

2019年4月25日(木) 心斎橋 BIG CAT
2019年4月26日(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
2019年4月28日(日) 新宿 BLAZE

■<Thanksgiving of VOICE vol.2>

2019年4月29日(月・祝) 新宿 BLAZE
※ファンクラブ・イベント

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着